TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~福島編~【11月14日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~福島編~【11月14日版】

馬キュレ
オレと7号が、密かにゴーンウエストマニアだって事は以前にも書いたが、ゴーンウエストは偉大な種牡馬で、その仔たちが続々種牡馬として成功している。ミスターグリーリー、ザフォニック、グランドスラム、スパイツタウン、ケイムホームって感じだな。
日本では、重賞級の活躍馬がなかなか出てこないから馴染みは薄いが、コンスタントには走ってるぞ。地味だから人気も出ず、馬券的にも狙い目だ。


■福島1レース!2歳未勝利戦!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島ダ1150m】

◎2 タマモシルクハット

前述のケイムホーム産駒。前走ようやく走る気が出た感じで、この馬、叩き良化型なんだろうな。鞍上も前走と同じだし、いい枠が引けたので、内々を番手で回ってくれば、馬券圏内なんじゃないかな。


■福島5レース!2歳新馬戦!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1200m】

◎16ラカリフォルニー

この馬、ダッチアート産駒。ダッチアートって初めて聞く人も多いんじゃないかな?ダッチアートは、イギリスの馬で、デビュー3戦目にG1を無傷で勝ち、4戦目のG1も勝った馬。勝ったG1レースは、いずれも1200mの6ハロン戦で、その後もG1で、2度2着を引いている。その時も、1200mと1300m。つまり、超がつく短距離血統なのだな。大外だが、ちょっと狙ってみても面白い馬だと思う。


■福島12レース!高湯温泉特別!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝2000m】

◎4 ストーミング

ご存じ、ストーミングホーム産駒。ストーミングホーム自体が、ミスタープロスペクターの2×3という、濃い血量の持ち主。その仔たちがどんな走りをするか、が注目されるところだが、このストーミング、馬体も折り合いも良く、きちんと走る馬だな。今回、得意の福島で、ハナを主張できる枠。上手くいけば、逃げ切りまであるかもしれんな。

以上。


11月14日(土)京都と東京の「抱きしめて!ミスターP」はこちら↓↓↓
抱きしめて!ミスターP~京都編~【11月14日版】
抱きしめて!ミスターP~東京編~【11月14日版】

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line