TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月15日(日)東京9R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月15日(日)東京9R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

もうホント、思わず悲鳴が出てしまいましたよ(苦笑)。
土曜は雨のことを考えて、「この馬を推奨しようと思っていたけど重馬場はあまり良くないので」と別の馬を推奨したのですが、推奨していた方が直線失速。続いて発走時刻を迎えた推奨を見合わせた馬の方が、後続を千切って快勝・・・・・。
いやはや、『後に重賞まで行きそうだ』とあれほど注目していたのに、馬場が渋っただけ(あと鞍上がまだ日本で勝っていなかった初来日の騎手だっただけ)で疑ってしまった私が悪かったとしか言いようがありませんね。

さて日曜はエリザベス女王杯が開催されるのですが、今日の結果を受けて個人的に非常に頭を悩ませているのが、「ルージュバックは果たしてどのぐらい強いのか?」です。
桜花賞で注目していたら9着に敗れてしまい、「実は本当はそこまで強くないのでは?」「そういえばきさらぎ賞も牡馬相手とはいえ少頭数だったし・・・・・」などと、オークスの時に疑ったら2着。そういえばこの時も、疑ってすいません!と心底思ったものでした(苦笑)。

当初予定していた札幌記念も熱発で回避したため今回はオークス以来の実戦で、おまけに初の対古馬、牝馬相手とはいえここ目標に仕上げて来た強豪揃い。状況的には相当厳しいですが、先述のように1度はレース後『疑ってすいません!』となった馬ですし、他の方々がどう書くのかも参考にしつつ馬券を買おうと思っています。

というわけで日曜の推奨馬ですが、またまた前走に引き続き「東京9R tvk賞」に出走する⑦ジョーアラタを改めてご紹介いたします!

ちなみに最近は、先週のアンズチャンとか、その前のダッシングブレイズとか、土曜に推奨を見合わせたアルバートとか、「前走に引き続き紹介」というのが増えている気がしますが、別に手抜きというわけではありません(苦笑)。

というのも紹介する際に基準にしているのが、推奨する時点ではまだ条件戦クラスでも、先々重賞に出てくるんじゃないか?と注目している馬や、悪くても最低あと1つは昇級出来るだろう・・・・・と思うような馬なんですよね。

中には連勝でポンポン昇級する馬もいますし(アルバートとかダッシングブレイズとか)、先週日曜に紹介したアンズチャンも、最初に「休み明けでも力が上だろう」と見て紹介したレースで負けてしまい、上積みのある次こそは・・・・・!という感じで、結果的に2走続けての紹介になったわけで。
8分くらいの状態で勝った馬や、これまで弱点とされていた点を克服して軌道に乗った馬も連勝することが多く、今回再び紹介するジョーアラタもこのタイプです。

現在3歳なのですが、去年の8月と比較的早い時期にデビューしたものの『他馬を怖がる弱点』のためなかなか馬込みでの競馬ができず、初勝利を挙げたのは8戦目の今年6月のこと。500万下に昇級してからの2走も、馬込みを怖がるせいでどうしても外外を周っての末脚勝負に頼らざるを得ず、かなり距離をロスしてしまって負けていました。

前走時はその原因でもある「怖がりなところが改善されてきた」と聞いたからこその紹介だったわけですが、まさか馬群のど真ん中を割って伸びてくるとは・・・・・。紹介しておいてこんなことを言うのもアレですが、思っていた以上の改善ぶりに驚きました(笑)。

今回は昇級戦になりますが、約2ヶ月の休養を挟んだ前走があれで、今回は上積みもたっぷり。新潟外回りから東京に舞台が替わりますが、同じ『直線の長い左回り』ですし、そもそも課題の馬込みさえ克服できれば実力的にはかなりのものですからね。

印の方は

◎⑦ジョーアラタ
〇④マルターズアポジー
▲⑩アデイインザライフ
△⑧セセリ
△⑨マイネルイルミナル

で、◎の単複と、◎から流しの3連複を購入しようと思っています。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line