TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【11月15日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【11月15日版】

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週より、2号サンに替わって、私6号がこの『砂の惑星から来た勇者たち』を担当しております!

昨日紹介した内田騎手は、推奨した12Rの1着をはじめ、土曜は(2-1-2-5/10)の好成績。
特に圧巻だったのは、砂を被って後退した馬をすぐさま大外に持ち出して、強引に勝ちきった1R。
そして、スタートで後手を踏んで4角では20馬身ほども離されながら、最後は信じられない脚で3着まで押し上げた5R。
まだ、見ていない皆様も、時間のあるときに是非チェックしてみてくださいね。
見ておいて損はない、見事なレース振りですよ!

昨日のコラムはこちらから


さて、それでは明日の話題に入りましょう。
毎回、地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

今週のターゲットは、安藤勝己の後を追うように笠松競馬から中央に移籍した柴山雄一騎手。
よく、福永祐一(39)、柴山雄一(37)、北村友一(29)とあわせて『ゆういち3兄弟の次男』などとも言われていますね。

笠松在籍時は、安藤勝己の実兄・光彰さんを兄弟子に持ち、師匠である飯干秀人調教師の元で活躍しました。
笠松時代は2004年の笠松リーディングで4位に輝くなど好成績を残し、2005年から中央へ移籍。
第2の騎手人生をスタートさせました。

その後の中央での活躍ぶりは、みなさまご存知の通り。
特に、今年はアルビアーノとのコンビで注目され、NHKマイルCで2着、スワンSで優勝するなど期待に違わぬ活躍ぶり。
来週は、そのアルビアーノとのコンビで、念願の初GI獲りを目指します。

さて、そんな好調の柴山騎手ですが、現在は60勝でリーディングは14位。
移籍2年目にマークした80勝に迫る勢いで、勝ち星を量産しています。
それでは、データから今年の柴山騎手の傾向を探って行きたいと思います。
------------
☆2015年~10月末日までの成績☆
・全芝 29-27-30-254/340、
 勝率8.5%、連対率17%、回収値単61、複78

・全ダ 29-33-23-284/369、
 勝率7.9%、連対率17%、回収値単43、複54
------------
芝とダートの違いはそれほどない。

-------------
☆2015年~10月末日までの人気別成績☆
1人気 25-14- 8-14/61 単回 98、複103
2人気 13- 9- 4-22/48 単回115、複87
3人気  6- 5- 9-27/47 単回 65、複75
4人気  7- 8- 6-27/48 単回123、複95
5人気  3- 9- 7-39/58 単回 69、複90
------------
1番人気での勝率は41%と非常に優秀。
回収率も素晴らしく、積極的に狙っていきたい。

-------------
☆2015年~10月末日までの厩舎別成績☆
木村哲 12-6-4-18/40 勝率30%
萩原清  3-1-1- 5/10 勝率30%
相沢郁  2-0-0- 8/10 勝率20%
小島太  2-2-1- 6/11 勝率18%
※10鞍以上の騎乗実績が対象
------------
アルビアーノでお馴染みの木村厩舎をはじめ、上記の4厩舎からは比較的良い馬を任されている印象。

それほど人気馬に乗ることが多くない柴山騎手だが、今年は1番人気での信頼度が非常に高い。
今年はあまり捻らず『人気の柴山騎手は黙って買い』というのが、データからの結論。

以上を踏まえた上で、明日の騎乗馬をジャッジしていきます。

----
☆【オススメのひと鞍!】☆

■福島8R・◎7ブレイクザポケット

『1番人気+萩原清厩舎』という強烈コンボができそうなのが、このレース。
しかも、柴山騎手はこのコース(15-7-8-83/113、勝率13%、回収値単167)という成績で、福島コースの中では最も回収率が高い。
まさに“黙って買いのひと鞍”といえそうだ。

----
☆【これは危険!?】☆

■福島11R・○8ミトラ

人気で飛ぶ、という意味ではなく、アタマ固定は危険という意味でのピックアップ。
ブレイクザポケットと同じ萩原厩舎の依頼馬なのだが、問題となるのは柴山騎手のコース成績。
福島芝2000mは(2-15-7-72/96、勝率2.1%、回収値単14)という成績で、前述の1800m成績とは大きく異なる。
狙うなら無難に馬連、もしくは2、3着固定の馬券がオススメ。

----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■福島1R・▲11ブラウンテヌート

距離延長でスムーズなレースができれば。

----
■福島2R・○4メイスンキャプテン

勝ち味に遅い馬だが、いきなりからやれていい。

----
■福島6R・△8ヴァージナル

1年ぶりはさすがに楽ではない。

----
■福島7R・▲7デュアルメジャー

力む面があり展開に注文がつくタイプ。

----
■福島9R・◎13カシノスティーヴ

鞍上と手が合う。実績あるコースで期待。

----
■福島10R・◎5バシレウスライオン

1400mの前走は暴走したが、この距離なら押し切れる。

----
なかなか良い馬が揃っており、上手くいけば2勝を目指せそうな印象です。
ぜひ好結果を残して、来週のマイルCSに弾みをつけて欲しいですね。

それでは、明日も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。

※柴山騎手のデータは特に断りのないかぎり過去からの累計成績

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line