TOP > 予想/馬券 > 【2015年マイルチャンピオンシップ】難解な1戦で馬券を仕留める!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【2015年マイルチャンピオンシップ】難解な1戦で馬券を仕留める!買える穴馬の条件はこれだ!

昨年は1,2番人気馬がともに敗れ3連単の配当は19万円。08年から11年にかけては4年連続で二ケタ人気馬が馬券に絡んでおり、高配当が期待できるレースだ。果たして今年は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

武豊騎手の手腕に期待!

過去10年、武豊騎手のマイルCSの成績は(2,1,1,4)で複勝率は50%。誰よりも京都コースを知り尽くした男の手綱さばきに注目だ。
一昨年のマイルCS2着馬のダイワマッジョーレ。奇しくもその年は武豊騎手のトーセンラーに交わされ、GⅠ制覇とはならなかったが今回はこの新コンビで6度目のGⅠ挑戦。今年は阪急杯を制した後は精彩を欠いていたが、前走のスワンSではコンマ3秒差の5着と復調気配を見せた。2年前の再現を期待したい。

京都のマイルはディープインパクト産駒の独壇場!

今年も種牡馬リーディングでトップに立つディープインパクト。このディープ産駒が最も得意にしているのが京都の芝1600mで、6世代による1023勝中最多となる64勝をこのコースで挙げている。マイルCSでも3年連続で馬券に絡んでおり、今年も目が離せない。
今秋の2戦は結果の出ていないヴァンセンヌだが、得意のマイル戦に戻れば一変が期待できる。春の安田記念でモーリスとタイム差なしの接戦を演じたことを考えれば、人気が落ちそうなここは絶好の狙い時であろう。

5年連続で勝ち馬はGⅠ未勝利馬!

最近のマイルCSは、10年エーシンフォワードから14年のダノンシャークまで5年連続でGⅠ未勝利馬が初のビッグタイトルを手にしている。イスラボニータやモーリスなどGⅠ馬が9頭揃った豪華な1戦だが、あえてGⅠ未勝利馬を頭から狙ってみるのも面白いかもしれない。
前走のカシオペアステークスでは断然の人気に応えて勝利したトーセンスターダム。明らかに距離の長かった菊花賞を度外視すれば、京都コースは4戦4勝と抜群の相性を誇る。京都巧者で初のマイル戦、島川氏の所有馬といえば13年の勝ち馬トーセンラーと重なる部分も多い。GⅠ馬相手にトーセンスターダムの一発に期待したい。

春のマイル王モーリスや秋の天皇賞から参戦してきたイスラボニータ、3歳牝馬からレッツゴードンキやアルビアーノも加わり非常に楽しみな1戦となった今年のマイルCS。人気が割れそうで、組み合わせ次第では高配当も期待できるだけにしっかり馬券を仕留めたい。




side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line