TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】東京スポーツ2歳ステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】東京スポーツ2歳ステークス

馬キュレ
第20回
東京スポーツ杯2歳S(GIII)
芝1800m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝1800m】
2歳OP

※05年~14年の10年間のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年の馬連の平均配当2,570円。最高は11年の5,970円で最低は12年の470円。3連単の平均配当は98,327円。最高は11年の525,650円。最低は06年の5,410円。

過去10年で人気別は、1番人気6勝。1番人気は(6,2,0)と連対率80%、複勝率80%と高いデータです。また過去10年で10番以下の馬券対象馬は2頭のみ。極端な人気薄の好走はあまり期待できないようです。

2.前走条件

過去10年の馬券対象馬30頭で、最多6勝は前走新馬組。馬券対象馬8頭で複勝率も最も高いデータです。次に複勝率が高いのは前走未勝利組。勝ち馬は1頭のみですが、馬券対象馬8頭。これに続くのは前走オープンクラスに出走した馬。出走頭数が多い関係で馬券対象馬11頭。以下、前走500万下組と続きます。

また、オープンクラスは前走OP特別組と重賞組に分かれますが、馬券対象馬の大半は前走OP特別組。オープンクラスを重賞とOP特別に分けた場合、最も複勝率のいい新馬組に次いで、OP特別組、未勝利組、重賞組と続きます。

なお、前走地方競馬に出走していたのは5頭。馬券対象は1頭で、前走芝1600m戦1着。他の4頭は芝2着以下やダート出走馬です。

3.前走距離

前走距離別で、最多勝利数は1800m組の7勝。ただ、出走頭数が10頭以上のグループで複勝率が最も高いのは前走1600m組。次に2000m組と1800m組がほぼ同程度の割合で続きます。ですが、この3距離は極端に大きな差があるわけではありません。

4.前走着順

前走着順別は、前走1着組が(10,7,8)。大半を占めますが、出走頭数が多いことも関係しているでしょう。しかし、前走で勝っていることは必要条件になるかもしれません。また、馬券対象馬は全て前走4着以内。オープンクラス以外に出走し、2着以下の馬は1頭も馬券対象になっていません。

なお、前走4着の馬は2頭。また、この2頭を含めて前走2着以下から巻き返したのは5頭。いずれも前走で2番人気以内の支持を集めていました。また、前走地方組の1頭を除いた馬券対象馬29頭中26頭は、前走で上がり3ハロンの時計がメンバー中2位内。数字の記録からも速い脚を使っていて、能力の片鱗を見せていました。

一方、ここに入れなかった3頭中2頭は、前述の前走4着馬2頭。また残り1頭は前走新馬1着ですが、3頭とも馬場状態に関係なく34秒台の脚を使っています。

5.間隔

連闘と中1週の間隔で出走した馬は計11頭いますが、馬券対象は1頭のみ。馬券対象の大半は中7週以内。また中10週以上で馬券対象は3頭で、内2頭は札幌2歳S(1着)と新潟2歳S(2着)と重賞連対馬。残る1頭も新潟のOP特別1着。間隔の空いた馬は前走で明確な実績がありました。

以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
アグレアーブル
ダイワリアクション
プロディガルサン


他の重賞データはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】マイルチャンピオンシップ


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line