TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】11月21日(土)京都9R・東京7R・錦秋S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】11月21日(土)京都9R・東京7R・錦秋S予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

今週末は2015年最後となる3日間開催。
また、今週と来週の2週は、久しぶりに2場開催に戻ります。

寒さと共に調子が若干下がり気味の私6号ですが、先週は初登場で見事に白星デビューを飾った覆面11号サンや、メインレースで6戦6勝とパーフェクトな成績を残したデータの8号サンに丸乗りしたおかげで、終始は大幅プラス。

今週も丸乗りしたい!
8号サンの予想はこちら
11号サンの予想はこちら


私もお二人を見習って、2週後のチャンピオンズCに向けて徐々に調子を上げていきたいところです。


さて。
土曜日の予想に行く前に、東京メインの錦秋S(3歳上1600万下)について少しだけ。
過去5年に行われた4回の錦秋S(昨年は施行なし)の優勝馬は、すべて4歳馬。
レースへのステップは、前走1000万下を勝利して、その勢いのまま連勝した馬が2頭。
残りの2頭は、2走前に1000万下を卒業し、前走は1600万下で3~4着に健闘した馬でした。
今年のメンバーの中で、データから最も過去の優勝馬にイメージが近いのは、4歳馬プロトコル。
前走でモーニン(武蔵野S3着)と0.4秒差なら、今回も好勝負ができるのではないでしょうか?



それでは、明日の予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる京都9R『もちの木賞』(2歳500万円以下)。
毎年ダートの中距離志向の素質馬が数多く参戦するレースで、2012年には後のGI馬クリソライトなどが出走しています。
今年のレースにも将来の重賞馬がエントリーしているかも?要注目の一戦です。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
京都ダート1800mのスタート地点は、直線のゴール板手前。最初のコーナーまでは約286m。
日本レコードが出るような高速馬場のため、基本は前に行った馬が止まらない。
どのクラスでも基本的には逃げ、先行組みが連対率70%ほどを占めているように前に行ける馬が有利。
前につけることができ、かつ早い上がりに対応できる馬に注目したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★京都ダート1800m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:キングカメハメハ(50勝)
・勝率 :キングカメハメハ(約14%)
・連対率:キングカメハメハ(約25%)
・単回収:アグネスデジタル(回収値232)
・複回収:ネオユニヴァース(回収値118)

キングカメハメハ強し!勝ち星では2位のクロフネに13勝差をつけており、この条件は大得意。


★☆土曜京都9R・『もちの木賞』の予想☆★

参考にするのは、同時期に行われた過去5年のもちの木賞。

①傾向
過去5年の馬連平均配当は3,760円。
配当は、新しい順に6,250円、670円、1,560円、2,560円、3,990円。

3桁配当は1度のみで、なかなか難解な印象。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2014(1→11人気)
2013(2→1人気)
2012(6→1人気)
2011(5→3人気)
2010(8→1人気)

1番人気(1-3-0-1/5)、2番人気(1-0-0-4/5)、3番人気(0-1-2-2/5)。
上位人気では1番人気が最も安定しているが、2着が多い。
しかし、過去5年で人気馬の総崩れは1度もなく、毎年1~3番人気馬が必ず1頭は連対している点に注目。

③位置取り
連対馬10頭の4角位置  ※括弧内は左が1着
2014(2→7番手)
2013(2→1番手)
2012(1→6番手)
2011(4→1番手)
2010(7→4番手)

4角を4番手以内で回った先行馬が優勢だが、差し馬も3連対しており軽視は禁物。

④所属
連対馬10頭中9頭が関西馬だった。

⑤種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はゴールドアリュールで1勝、2着2回。

⑥騎手
相性の良い騎手は岩田騎手で1勝、2着1回。
※今年騎乗予定がある騎手のみ


さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑦前走間隔
連対馬10頭中8頭が、前走10月以降のレースに使われていた。
残りの2頭の前走は9月だった。

⑧前走コース・距離
連対馬10頭の前走コースと距離は以下の通り。
京都ダ1800m :3頭
阪神ダ1800m :2頭
中山ダ1800m :1頭
新潟ダ1800m :1頭
東京ダ1600m :2頭
京都ダ1200m :1頭

前走で1800m以上を走って馬が7連対で有力。
さらに、前走で1800mで1着だった7頭は、すべて4角を3番手以内で回っていた点にも注目したい。

⑨前走クラスと着順
連対馬10頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・500万下 :2頭(5、2)
前走・未勝利 :7頭(すべて1着)
前走・新馬  :1頭(1)

前走未勝利組が7連対で優勢。
着順は10頭すべてが該当する5着以内が望ましい。
さらに、前走が新馬戦だった1頭は、新馬戦で後続に1.1秒の差をつけていた。

⑩前走人気
連対馬10頭中7頭は、前走で1~2番人気の支持を集めていた。

⑪ダート実績
連対馬10頭全てがダートで勝ち星を挙げており、かつダート戦での3着外は1回以内だった。


データは以上。

このレースで注目すべきは⑧前走コース、⑨前走着順、⑪ダート実績の3つ。
まず、過去5年でダート未勝利馬、前走掲示板以下、前走芝レースを使われた馬、いずれも連対例がなく、今回これらに該当する5頭はマイナス。
また、ダートで3着外が2回以上あるチェリーオータムも評価を下げる。
さらに、データ⑧より、前走1800m1着ながら4角を3番手以内で回っていないスナークレッド、スマートシャレード、レガーロの3頭も割り引き。

これで残ったのは、クインズサターン、スーパーライナー、ダイナミックアローの3頭。
この3頭の中では、データ⑧より前走1800mを使われている馬の評価を上げ、前走が東京1600mのクインズサターンは一歩後退となる。
本命は残った2頭の中から選びたい。


☆京都9R・結論☆

 ◎②スーパーライナー
 ○⑫ダイナミックアロー
 ▲⑥ストロングタイタン
 ☆⑩クインズサターン
 △①スナークレッド
 △③レガーロ
 △⑨スマートシャレード
 △⑪クレマンダルザス


今回、本命に推したいのは◎スーパーライナー。
前走が2着に2馬身1/2、さらに3着以下には7馬身差をつける圧巻の勝ちっぷり。
最後は流す余裕まであり、未勝利では完全に力が違うといわんばかりのワンサイドゲームだった。
今回は昇級初戦で相手は強くなるが、抜群のスタートから楽に好位が取れる馬だけに、ここでも大きく崩れることはないだろう。
鞍上の川田騎手は、このコース(35-39-25-186/285、勝ち数2位、連対率26%)という成績で、信頼度は高い。

○は、一戦ごとに内容が良化しているダイナミックアロー。

▲は、血統からダート替わりでさらに良さが出そうなストロングタイタン。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝②
 馬単② ⇔ ⑫⑥⑩①③⑨⑪


少額で軸1頭の三連複

 ② = ⑫⑥⑩①③⑨⑪


※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた京都ダート1800mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の土曜東京7R『3歳上500万円以下』の予想☆★

おまけは、東京ダート2100mで行われる『3歳上500万円以下』をピックアップ。

このレースは、10月31日に行われた500万下の再戦を思わせるメンバー構成。

そのレースで3着に敗れたアンヴェイルドが、ムーア騎手騎乗で人気を集めそうだが、アンヴェイルドがこのコースで最後に甘くなるのは、おそらく血の影響。

前回も指摘したとおり、ディープインパクト産駒はこのコース(0-3-4-20/27、勝ち数ランク外、勝率0%、連対率11%)という成績で、勝ち切れない。
ムーア騎手をもってすれば、この欠点を克服できるのか?注目したいところだが、馬券的には人気の割りにリスクが高いと判断して、今回は他の馬から入りたい。

そこで、今回本命に推したいのは前走でも期待した◎マカワオクイーン。
その前走では、13秒台が一度もないという淀みないペースを自ら作り、最後はアンヴェイルドをアタマ差だけ退け2着を確保した。
今回も変にペースを落とさず攻めの姿勢を貫けば、再度アンヴェイルド以下を降すことも十分に可能だろう。

相手候補筆頭は、ペースが緩み上がりの早い決着になれば浮上する○キネオフォルツァ。


☆東京7R・結論☆

 ◎①マカワオクイーン
 ○⑫キネオフォルツァ
 ▲④アンヴェイルド
 △③トミケンシェルフ
 △⑤グラスプリマ
 △⑦アンジュリンブレス
 △⑧ヴィンテージドール


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝①
 馬単① ⇔ ⑫④③⑤⑦⑧


少額で軸1頭の三連複

 ① = ⑫④③⑤⑦⑧

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた東京ダート2100mが対象

私6号が担当するもうひとつのコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line