TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月21日(土)京都10R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月21日(土)京都10R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

今週は今年最後の3日間開催ですね。個人的には3日間、というより2場開催が結構好きなんですが(3場だと10分ごとに発走してしまうので、なんだか慌しいんですよ。たまにうっかり馬券を買い逃したり、そういうのに限って予想が当たってたりしますし・・・・・)、2場2日間だとレース数がどうも物足りない。となれば2場開催の上、週間のレース総数が3場2日間と同じになる「2場3日間」は、まさに理想的というわけです。

まぁ強いて言えば、当たったら当たったで翌日に使ってしまいそうになりますし、外れた時に他のレースより気分が落ち込む(私だけ?)ので『GIは開催最終日のメイン』が良いかなぁと思いますけど、このあたりは個人の問題ですか・・・・・。ともあれ楽しみが3日間続くのは嬉しい限りです。良い馬もたくさん出走してきますしね。

というわけで土曜の推奨馬ですが、「京都10R 衣笠特別」に出走する④アカネイロを紹介いたします!

11頭立ての少頭数ですが面白い顔ぶれとなっており、中でもまず目を引くのが『前走秋華賞3着』の⑩マキシマムドパリでしょう。この時期の条件戦に出走してくる3歳馬の中には重賞出走歴がある馬も少なくないですし、中には「2着馬とハナ差の3着」「勝ち馬とコンマ1秒差の5着」のような、非常に惜しいところで賞金加算を逃している条件馬も存在します。

もちろんそういう馬が『自己条件』の条件戦に出てくれば注目されるのは当然ですが、条件クラスの立場のまま重賞に出走する馬の大半は、人気薄の気楽な立場。ところがそこで実績を残して条件戦に戻ると、一転して「実績上位の強豪」となり、注目される立場となるわけです。

まぁ秋華賞3着は置いておくとしても500万下の勝ち方が強かったですし、1000万下の牝馬限定戦ならマキシマムドパリかなぁ・・・・・という気もするのですが、敢えて今回は現級実績豊富な④アカネイロに注目します。

休み明けでも乗り込み量は豊富ですし、話を聞くと「牝馬限定の1000万下なら普通に1番人気だろうと思っていたから、そのつもりで仕上げてきた」とのこと。厩舎に戻し、ここを目標に乗り込みを始めた時点では、まさか秋華賞3着馬と戦うことになるとは思っていなかったでしょう(苦笑)。

とはいえ降級前の阪神で2着、再昇級後に2着3着と、確かに普通の牝馬限定の1000万下であれば休み明けでも実力が見込まれ、注目を集める立場となったことは間違いないでしょう。前走にしても1番人気でかなりマークされ、少々不自由な位置での競馬を強いられての3着でしたし、「他に注目を集める馬がいる」今回の状況は間違いなく有利でしょう。

印の方は

◎④アカネイロ
〇⑩マキシマムドパリ
▲⑤リーサルウェポン
△⑦ティアーモ
△⑨ティーエスクライ

で、◎の単複と、◎○2頭軸の3連単マルチを購入しようと思っています。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line