TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】錦秋S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】錦秋S予想

馬キュレ
どうも!覆面馬主1号です。
いやあ、先週は、バッチリだったね!かなり儲けさせてもらったぞ。

エリザベス女王杯のコラム
福島記念のコラム

と、先週の結果に浮かれる気持ちは、傍らに置いて、先週来パリでのテロの犠牲になった方々に深く哀悼の意を表したいと思う。
それにしても、今回のテロ、9,11以上に重く深く人々の心を突き刺す感覚があるのは何故だろう・・?
声高にテロ撲滅と言っても解決出来そうも無い深い悲しみと、激情に突き動かされる暴力とが、この事件の深層に根を張っているからだろうか・・?
恨みと報復の連鎖を断ち切るには、一体どうしたらよいのだろうか・・?

そんな中、世界中の人々の心を揺さぶったある投稿がある。書いたのは、
パリ在住の仏人映画ジャーナリスト、アントワーヌ・レリスさんだ。13日、コンサートホール「ルバタクラン」で起きたテロで妻エレンさんを失った。

その投稿、こんな書き出しで始まっている。
「金曜の夜、最愛の人を奪われたが、君たちを憎むつもりはない。」
そして、こう続いていく。
「君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈したことになる」と憎しみを完全に否定する。
「君たちの負けだ。(中略)幼い息子の幸せで自由な日常が君たちを辱めるだろう。彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから」と、1歳半の息子と2人で普段通りに暮らし続けることを宣言しているのだ。
文章は19日現在、フェイスブック上で20万回以上共有され、世界中の人々がこの投稿に感動し共感した。
そして、レリスさんはラジオでこう語った。
「文章は、幼い息子を思って書いた。息子には、憎しみを抱かず世界に目を見開いて生きていってほしいから。」と。

「君たちに、憎しみを与えない!」この言葉が、ここ最近で、一番心に響いたな。


さて、明日の競馬だ!

明日は重賞がないけど、東京のメインを予想してみたぞ。

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1600m】

◎2 クライスマイル
〇1 プロトコル
▲10ノボバカラ
☆7 メガオパールカフェ
△9 アルタイル
△16メイショウスミトモ
△15マノワール

って感じなんだけど、スクリーンヒーロー丼(笑)聞いたことないね~~!が、この2頭で限りなく鉄板ではないかと思ってる。確かに5枠の3歳馬2頭も、強いんだけど、ま、1枠と5枠の勝負だろうな。そして、クライスマイルは鉄板だな。

馬券は、クライスマイルの単複。それと、馬連、馬単を強弱つけて。と、枠連の1-1と1-5。押さえに、1-8。これ、必ず当たると思う。オッズに気をつけて買ってほしい。

以上。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line