TOP > JRA競馬場/WINS > 何が起こるかわからない長距離GI戦の代名詞な京都競馬場レースまとめ
JRA競馬場/WINS

何が起こるかわからない長距離GI戦の代名詞な京都競馬場レースまとめ

人気や伝統があるオススメの名物レースを紹介!
今回は、京都競馬場で繰り広げられる名物GIレースを紹介する。
GIレースは、何が起こるかわからない展開に面白さがあるのだ。
競馬

京都競馬場のコースの特性

inyofu 京都競馬場の最大の特徴といえば、“3コーナーの坂”をおいて他にない。外回りコースの場合、坂の高低差は4.3m(内回りコースは3.1m)にも及び、向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るというレイアウト。ちなみにこの3コーナー付近を除くと、コースの起伏は直線も含めてほぼ平坦となっており、“3コーナーに小高い丘が設けられている競馬場”とイメージすればいいだろう。
inyofu かつては「ゆっくり上り、ゆっくり下れ」といわれたこの坂だが、最近は坂の下りで惰性をつけて平坦な直線に向くという戦法が浸透してきている。ただし3コーナーの坂を2回、上り下りする3000m級の長距離レースの場合、1周目の坂はゆっくり下るのが鉄則。自然に勢いがついてしまう坂の下り→スタンドからの大歓声を浴びる1周目の直線と続く場面で、折り合いを乱さずスタミナを温存できるかがレースのポイントとなる。
最後の直線は329mとそこまで長くないので、どれだけ下り坂を利用してスピードを伸ばしていくかが重要になってくる。

伝統&ステップレースを紹介【若駒ステークス】

「出世レース」といわれる若駒ステークス
inyofu 京都競馬場の4歳(現3歳)の混合の別定の芝2000mのオープン特別競走、ジュニアステークスとして施行されたのが始まり。 1989年に現在の若駒ステークスに改称され、1994年は京都競馬場の改修工事のため阪神競馬場で施行され、1996年から特別指定競走に指定された。尚、1998年のみ芝2200mで施行されている。 クラシック競走のトライアル競走への登竜門の1つで、2歳末にデビューをした有力馬が出走する事もあり、クラシック戦線を占うのに重要な1戦になる場合がある。
この若駒ステークスでは、過去に優勝したハクタイセイ、トウカイテイオー、ディープインパクト、アンライバルドがクラシック競走で優勝しており「出世レース」といわれている。

特にディープインパクトのレースでは、他馬との能力の差が歴然となったことも有名である。

京都は長距離GI戦の代名詞!まずは【天皇賞(春)(てんのうしょう)】

inyofu 天皇賞(春)(てんのうしょうはる)とは日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝3200メートルで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。
正式名称は「天皇賞」であるが開催時期からJRAが「天皇賞(春)」と表記しており競馬ファンや競馬関係者の間では「春の天皇賞」「春天」「春の盾」と呼ばれ、また京都競馬場で行われることから「淀の盾」とも呼ばれている。
ちなみに天皇賞(秋)と称されているものもあり、そちらは東京競馬場にて開催される。
中央競馬GIの中で最も距離が長く古馬の長距離レースの王者を決める伝統のあるGIレースだった天皇賞。
しかし、過去10年間の成績を見て頂ければわかるが、一番人気で勝った馬が一頭のみ。
今では、優勝馬の予想も大変困難なレースになっている。

圧倒的1番人気でオッズ1.3倍のオルフェーヴルが馬軍に沈み、14番人気のビートブラックが勝利した。
長距離GIは色々な駆け引きがあり、少しでも歯車がズレると、どんな強い馬でも着外の危険性があるのだ。
この予測できない展開が京都競馬場の名物と言っても過言ではないのだ。

そして忘れてはならない【菊花賞(きくかしょう、きっかしょう)】

inyofu 菊花賞(きくかしょう、きっかしょう)とは日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝3000メートルで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。
inyofu 1938年にイギリス最古のクラシック競走のセントレジャーステークスを範として、京都農林省賞典四歳呼馬の名称で創設された4歳(現3歳)の競走馬による重賞競走。1939年に創設された横濱農林省賞典四歳呼馬(皐月賞)と1932年から施行されている東京優駿競走(日本ダービー)と共に日本のクラシック三冠競走を確立した。
クラシック三冠の最終戦である菊花賞は、芝3000mという3歳馬にとって未知の距離での戦いとなるだけに、
三冠の中で最も勝利するのが難しいレースとなっている。
また二冠で迎えた一戦の場合、三冠馬誕生の瞬間を観るため、京都競馬場に最も人が集まるレースだとも言われている。

京都の芝レースは先行有利ながらも、掲示板全体まで見ると比較的差し馬も堅実なコースである。
芝に反してダートは最終コーナーでのロスがきつくなるコースとなっている。
圧倒的に差し馬が不利なのは、他のコースと比べて直線で止まる要素である坂が無いためである。
京都競馬場で観られる予測できないレース展開にこれからも胸を高鳴らせることになるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line