TOP > エンタメ・雑学 > 2015年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
エンタメ・雑学

2015年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。

2015年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
モーリスがマイルチャンピオンシップを制し、春秋マイルGI制覇を達成した先週の競馬界!その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【新馬戦】超良血リオンディーズがデビュー戦で快勝!

inyofu 11月22日、京都競馬場で開催された第5R・メイクデビュー京都(新馬、芝2000m)は、1番人気リオンディーズ(牡2、栗東・角居)が、道中抑え切れない手応えのまま直線に向くと、外目からあっさりと先頭に立ち、そのまま楽々と押し切って1着でフィニッシュした。勝ちタイムは2分2秒2(良)で、鞍上は岩田騎手。
inyofu 1馬身半差の2着は好位2番手からレースを進めた4番人気ピースマインド、2着に3馬身差の3着は後方から脚を伸ばした2番人気アドマイヤダイオウが入っている。なお、3番人気に推されたフォイヤーヴェルクは直線手前で早々に手応えをなくし、13着に敗れている。
動画を見る
キングカメハメハ産駒のリオンディーズが人気に応え、デビュー戦で快勝した。半兄はGI2勝のエピファネイアであり、血統的にもクラシックホースに成り得る逸材であろう。

JRA×日本相撲協会×カプコンがコラボ!?ジャパンスモウカップが開幕!

inyofu 11月22日(日)より、『JRA』『公益財団法人日本相撲協会』『株式会社カプコン』がコラボレーションし、ジャパンカップスペシャルコンテンツとして「ジャパンスモウカップ」が競馬エンターテイメントサイト「Umabi」内にオープンした。
動画を見る
JRAがネット民の期待に応え、毎年恒例の異色コラボを今年も開催した。今回は、今年の日本ダービーをPRするためにオープンした「日本スモウダービー」の続編という設定で、「東京スモウ競馬場」に殴りこんできたストリートファイターのキャラクターを、歴代ジャパンカップ優勝馬にまたがった横綱を操り、迎え撃つという内容になっている。ちなみにインド代表のファイター「ダルシム」は象にまたがっての参戦となっている。彼の体重は48kgなので、ジョッキー向けの体型なのだが、なぜ馬に乗らなかったのか、残念でならない。

蛯名騎手が史上3人目となるJRA通算1万9000回騎乗を達成!

inyofu 11月23日、東京競馬第6R・3歳上500万下でフィラーレ(牡4)に騎乗した蛯名正義騎手(46、美浦・フリー)は武豊騎手、柴田善臣騎手に続く史上3人目、現役3人目のJRA通算1万9000回騎乗を達成した。同騎手は「まだまだ足りない部分があると思っていますし、これからも乗り続けたいと思っています。皆さんに応援していただける良い乗り役になれるよう頑張りたいと思います。今後も応援よろしくお願いします」と、JRAを通じてコメントしている。
今年のエリザベス女王杯ではマリアライトを駆りGI制覇を成し遂げた蛯名正義騎手が、史上3人目となるJRA通算1万9000回騎乗を達成した。1987年3月1日にデビューして以来、およそ28年8カ月かけての記録達成となった。

重賞2勝フーラブライドが引退・繁殖入り!

inyofu 今年のエリザベス女王杯に出走(6着)していたフーラブライド(牝6、栗東・木原)が、本日11月18日付けで競走馬登録を抹消となったことがJRAから発表された。今後は北海道白老郡白老町の社台コーポレーション白老ファームで繁殖馬となる予定。
ゴールドアリュール産駒のフーラブライドが引退・繁殖入りする。同馬は2011年8月の札幌芝1500mでデビューするが、芝で結果を出すことができず、4戦目でダートへ転向。2着5回を含む9戦連続で掲示板に載るなど、勝ち上がるまでに時間を要したが、3歳夏に待望の初勝利を挙げた。4歳秋時に頭角を現し3連勝で愛知杯を制覇、重賞ウイナーの仲間入りを果たすと、その後の重賞戦線でも好走し、中山牝馬Sを勝って重賞2勝目をマークした。その後も重賞戦線で活躍し、先日のエリザベス女王杯6着がラストランとなった。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!11月22日の結果発表!

inyofu 東京12R
◎⑤スパーブデイ
○⑨キングカラカウア
▲⑧ホワイトウインド
△②ストリートキャップ
△④レッドカチューシャ
△⑦オンタケハート
△⑥スマイルシャワー

前走は休み明け。今回立て直して見直し。自分のペースで行ければ残れる力はある。⑨は堅そうだけどね。
対抗に推していて「堅そう」とコメントしていたキングカラカウアが見立て通りに1着に。
inyofu 京都12R
◎⑧フィドゥーシア
○⑩ヴィクタシア
▲⑥エイシンラナウェー
△⑭アキトフォルテ
△⑦サンライズマーチ
△②シャラク
△⑫ボクノナオミ
こちらも対抗馬が1着。本命に推していたフィドゥーシアは3番人気になるも15着に終わった。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!11月23日の結果発表!

inyofu 東京12R
◎⑭ウンプテンプ
○④フクノグローリア
▲⑨ニシノクラッチ
△⑤ロンバルディア
△②インストアイベント
△⑧ファンシーリシェス
△⑩コスモヨハネ


順調に走ってきてないが、力は500万にいる馬ではない。休み明けでも仕上がり悪くなく、ここなら。上から下までそこまで差がなく、高配当を目指す相手選びを。1000倍以下は要らないくらいの気持ちで勝負したい。
inyofu 京都12R
◎⑫インターンシップ
○⑱サマーローズ
▲⑪トウキョウタフガイ
△⑬グランカマラード
△⑧ハイプレッシャー
△⑩ステイザコース
△④ケルンダッシュ


叩き2戦で気配上昇。人気馬に挟まれた馬の好走はあるある。
11月23日の結果は
東京12R
△②インストアイベント 2着
△⑧ファンシーリシェス 3着

京都12R
△⑬グランカマラード 1着
△⑩ステイザコース 2着
という結果に。
東京レースでは穴馬を狙った為、ワイドや複勝でも的中してればそこそこのオッズになった。

2015年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
マイルチャンピオンシップでは、4番人気モーリス
東京スポーツ杯2歳Sでは、4番人気スマートオーディン
がそれぞれ制した。
安田記念に続いてマイルチャンピオンシップも制したモーリスは、2007年のダイワメジャー以来となる同一年の春秋マイルGI制覇を達成した。モーリスはまだ4歳と若く、これからのマイル界を牽引する存在となるだろう。次走は状態次第ではあるが、香港カップか香港マイルを視野に入れており、遠征が実現すれば世界のモーリスとなる可能性も高いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line