TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の2015年11月23日(月)の予想的中結果まとめ!
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の2015年11月23日(月)の予想的中結果まとめ!

うまキュレ内には、覆面馬主という謎の予想家集団(現在確認されているのは1~11号)が予想や企画コラムをアップしているのだが、ここではその覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、どの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

血統の1号

東スポ杯2歳ステークス
inyofu 血統的にみても、サンデー血脈と、ミスプロ血脈の対決だしな。
ただ、プロディガルサンは、母母父が、ミスタープロスペクターだな。このパターン、走るんだよな。
それに、まだ子供っぽくて、道中も遊び遊び走ってるプロディガルサンが、競走馬の器としては、上じゃないかな。

◎9 プロディガルサン
〇4 ロスカボス
▲2 アグレアーブル
☆10スマートオーディン
△6 キラージョー
△1 マイネルラフレシア
△8 レインボーライン

とこんな感じにしたが、馬券は、プロディガルサンの単勝、馬連を〇、▲、☆に厚く。それと、三連単。
本命プロディガルサンは、道中思ったよりハミを噛んでしまったが、課題のスタートや狭い所を伸びての2着。馬券は馬連(1370円)的中。3連単(20880円)は一頭軸マルチなら的中だ。

妄想の2号

東京3R
inyofu ◎14ディーマジェスティ
〇13マウントロブソン
▲2ウインガーネット
☆1ミヤビエンブレム
△7ドラゴンテリー
△5コスモジャーベ
△11ルミナリ―スピン

ディーマジェスティ陣営にかなりの意気込みを感じます。また、堀厩舎マウントロブソンもディーマジェスティ―以外には負ける気はしないと豪語して一騎打ちムードです。がしかし!こういう一騎打ちムードの時こそ、足元をすくわれてしまうのも2歳戦によくありがちな光景。

狙うは3連複。

◎〇2頭軸で▲☆の2頭に厚めで、△3頭はあくまで押さえ。
これで買います!
本命ディーマジェスティは、予想通り直線はマウントロブソンと一騎打ち。着差以上に強い内容での勝利。折り合いもバッチリで確実に終いの脚を使えるのは魅力だ。馬券もしっかり3連複(920円)をゲット!

データの8号

修学院S(京都11R)
inyofu ◎アングライフェン

ここで狙いたいのは前走1000万下組。この条件は過去13戦で前走1000万下組が24頭出走して、半数12頭が馬券対象。複勝率50%のデータは魅力的です。今回のメンバーにはアングライフェンとハピネスダンサーの2頭が出走。ハピネスダンサーは牝馬限定戦でしたので、その部分を加味するとアングライフェンを上に判断。また、アングライフェンは前走2000m組。前述のデータ通り、2000m組は好成績ですし、この部分でもアングライフェンは魅力的です。しかも、前走から引き続き騎乗するルメール騎手は、2012年11月以降の3年間で京都芝2000mは複勝率60%超と、この条件で今回の乗り役なら最も高いデータを残しています。これらを総合的に考えて今回はアングライフェンを本命に決定です。
inyofu ◎⑧アングライフェン
○⑨アンドリエッテ
▲①ハピネスダンサー
☆⑩アドマイヤケルソ
△②サングレアル

≪買い方≫
単複


馬連
⑧-⑨①⑩②

3連単1頭軸マルチ
⑧-⑨①⑩②
あらゆるデータからアングライフェンを本命。ハピネスダンサーの作ったスローペースに逃げ粘られ2着。昇級初戦でも十分通じる内容だった。馬券は複勝(160円)馬連(1060円)を的中。

未勝利戦の9号

東京3R
inyofu 本命には、やはり二人の美浦TM(厩舎班、時計班)がイチオシと推奨してきたディープインパクト産駒の牡馬◎マウントロブソンを指名させて頂きます。外目の枠を引いてしまったのが唯一心配ですが、そこは能力と厩舎の期待値でカバーしてくれるでしょう。血統的には、叔父に芝ダートで活躍したクロフネがおり、クロフネのスタミナ×ディープインパクトの瞬発力なので今回の舞台はぴったりだと思われます。また、追い切り面でも今回出走してくるどの馬よりも時計的にも気配的にも一番の動きを披露しております。前走はデビュー戦ということもあり、始終力んで走っていたらしく、一叩きして馬体的にもメンタル的にも上積みが見込めそうです。休み明けで本日マイルチャンピオンシップを快勝したモーリスコンビ(堀厩舎&ムーア)で死角は外枠に入った事以外見当たりません。モーリスも外枠で不利と言われる中、ムーア騎手の好騎乗で春秋マイル王に導きました。期待です!
inyofu ◎⑬マウントロブソン(ムーア)
〇⑦ドラゴンテリー(Mデムーロ) 
▲⑭ディーマジェスティ(蛯名)
△①ミヤビエンブレム(岩田)
△②ウインガーネット(内田)

勝負馬券は、◎〇▲の馬連BOXと◎〇▲軸の3連単フォーメーションにさせて頂きます。しかし、僕の予想通りマウントロブソン(ムーア)→ドラゴンテリー(Mデムーロ)→ディーマジェスティ(蛯名)の3頭の決着になったた場合、本日のマイルチャンピオンシップのデジャブーになってしまいます。苦笑

<馬連>3点
⑦⑬⑭BOX
<3連単>36点
⑦⑬⑭→①②⑦⑬⑭→①②⑦⑬⑭
2号と同じく東京3Rを狙った9号。こちらはマウントロブソン軸でガチガチだが、馬連(620円)3連単(3680円)を的中した。

「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太編

inyofu ■東京11R・◎9プロディガルサン

追いきりに跨った戸崎騎手の感想は“初めて乗った時よりしっかりしているし、状態もいい”というもの。
2連勝の内容も良く、ここでも勝ち負けできそうだ。

データどおり、単勝オッズが3倍未満ならアタマから。それ以上つくようなら無難に馬連で狙ってみたい。
6号メインで予想する地方出身騎手にスポットライトを当てる企画。今回は戸崎騎手で東スポ杯2歳Sでプロディガルサンが2着(複勝150円)オッズも3倍以上ついたので馬連もおそらく的中しただろう。

嗚呼!哀しきテンパーマン

京都4R
inyofu ◎1 エックスマス

この馬の前走、2000m芝で、2分フラット。好位からの2着。まあ、2歳未勝利戦で、この時計で駆けてれば、4着以下はないとみる。
が、相手もそこそこなので、怖いっちゃ怖いな。そして、この複勝馬券、テンパーではないかもしれんな。
ま、一応、明日のパドックの気配なんかもみて、決断することにしよう!
1号監修。常に複勝10%を取りに行くところから名づけられた元返し有りの企画。本命エックスマスは最内枠で絶好のスタートするも、騎手が後ろに下げて直線届かずの3着。それでも複勝110円ついたので結果的に良しだ。

抱きしめて!ミスターP

東京2R
inyofu ◎11シゲルヒラマサ

この馬、スウェプトオーヴァーボード産駒。東京の短距離ダート走るよな、この産駒は。前走も、上がり3ハロン37秒1で上がってきてるから、未勝利なら何とかなるんじゃないかな。
東京12R
inyofu ◎7 シルヴァーコード

出た!この馬もまた、スウェプトオーヴァーボード産駒。このクラスなら、この馬の末脚で十分勝負になりそう。そんなに人気でもなさそうだから、軸一頭の三連複なんかでも面白いかもな。
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う1号のミスプロ愛溢れる企画。東京2Rで2番人気がシゲルヒラマサが2着(複勝130円)と2縛り。圧巻だったのは東京12Rの5番人気シルヴァーコードが先行で押し切って完勝。単勝(1240円)複勝(430円)共に高配当だった。
秋明菊賞(京都9R)
inyofu ◎1 アットザシーサイド

新馬戦が楽勝、ここも間違いなく好勝負だろう。キンカメ産駒は、牝馬のパフォーマンスが牡馬には劣るが、この馬、かなり切れる印象。京都の1400mで1番枠を引いたのも強運の証拠だ。
更に京都でもアットザシーサイドが、唯一の上がり33秒台で切れ味を発揮して2馬身突き放す圧勝だった。(単勝170円、複勝110円)

つばめよ教えてよ!日高の星を!

東京1R
inyofu ◎9 トモトモリバー

この馬、浦河の秋場牧場の生産馬。最近では、ネオサクセスってオープン馬が出てるな。
で、このトモトモリバー、ブラックタイド産駒で、肌がアグネスデジタル。いいねえ、日高っぽいね。走って欲しいね。
前走は、けっこういい脚で2着まで追い込んで来てるから、明日も同じ脚を繰り出してほしいところだな。
東京3R
inyofu ◎14ディーマジェスティ

この馬、以前も紹介した服部牧場の生産馬で、ホワイトエレガンスや、ワールドレーヴ、ベステンダンクなんかが出てるな。古くは、エイシンビートロンなんかもここの出身。
で、この馬、日高のディープインパクト産駒。母父ブライアンズタイム。セイクレットレーヴの弟だな。
2戦して、2着が2回。いい脚を持ってるから、明日はまず、好勝負だろう!
東京7R
inyofu ◎8 ブラゾンドゥリス

この馬、浦河の村下清志さんの生産馬。マヤノトップガン肌のノボジャック産駒。渋くて良いね~!
ただ、500万下は、すぐ勝てそうな実力の持ち主だな。
明日は、人気かもしれないが、勝って欲しい!
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画。この日推奨した東京の3レース全部が1着の快挙(1R単勝240円、3R単勝260円、7R単勝150円)エリート集団に一泡吹かせた。

前日に引き続き、ミスターPと日高の星が絶好調で面白いように1着が決まる。それに加え重賞でも的中するなど1号の予想センスに驚かされるばかりだ。競馬をやる上で勢いというのは非情に大事な事。今もなお乗り続けている1号にこれからも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line