TOP > 予想/馬券 > 【2015年ジャパンカップ】そろそろ波乱の予感?穴馬台頭か!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【2015年ジャパンカップ】そろそろ波乱の予感?穴馬台頭か!?高配当の使者はこの馬だ!

過去10年で1番人気は(3,3,2,2)と安定した成績を誇る一方で、ここ4年で3連単20万越えが2回。昨年も10万近い配当が飛び出しており、狙いによっては高配当をゲットできるチャンスは大いにある。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

充実期を迎えた4歳牡馬を狙え!

過去10年で14連対の牡馬だが、その半数の7連対が4歳馬。連対率20%も年齢別では他を一歩リードしており、積極的に狙ってみたい。
長期休養明け&不利な大外枠だった前走の天皇賞(秋)は、いかにも次走以降を見据えた叩き台の1戦に見えたアドマイヤデウス。しかしそれでも上がり33秒4はメンバー最速であった。今回は1度使われての上積みが見込めるし、11~2月の成績は(3,1,2,1)と得意な季節のレース。ジャパンカップ3勝の岩田騎手も心強く1発の可能性を大いに秘めている。

距離延長でパフォーマンスを上げるジャングルポケット産駒!

ジャングルポケット産駒は1700~2000mの勝率7.1%・単勝回収率63%に対し、2100~2400mでは10.2%・109%に上昇する。11年14番人気3着ジャガーメイル、11年6番人気2着&13年11番人気3着トーセンジョーダンはともに天皇賞(秋)→ジャパンカップのローテで穴をあけている。
ジャングルポケット産駒のダービーフィズ。本馬も先に挙げた2頭と同じく天皇賞(秋)からジャパンカップに参戦してきた。テン乗りでの好騎乗が目立つ田辺騎手とのコンビは非常に魅力的で、穴馬として狙ってみたい1頭である。

日本馬騎乗の外国人騎手が毎年馬券に絡む!

過去10年で06年を除く9回で外国人騎手が騎乗した日本馬が必ず1頭は馬券に絡んでいる。例外の06年もデットーリ騎手騎乗のイギリスのウィジャボードが3着に入っており、近年のジャパンカップでは外国馬より外国人騎手を狙うのが得策といえる。
天皇賞(秋)12着から巻き返しを狙うラストインパクト。その相棒には先週のマイルCSをモーリスで制したムーア騎手。松田博調教師はムーア騎手サイドからオファーがあったと明かしており、期待が高まる。名手の手腕に注目だ。

今年の秋のG1は1番人気馬がしっかりと結果を残していることなどもあり、馬連の配当が5000円を超えたのはわずかに1回と平穏な結果が続いている。そろそろファンをあっと言わせる波乱を期待して、穴馬を狙っていきたい。


↓ジャパンカップ出走馬まとめはこちら↓
「ラブリーデイ」秋2戦の疲れなし!この勢いは止められない!【ジャパンカップ】
「ミッキークイーン」同世代にはもう敵なし!折り合いに絶対的な自信!【ジャパンカップ】
「ショウナンパンドラ」上積み相当!最高の末脚発揮し頂点狙う!【ジャパンカップ】
「ジャングルクルーズ」血統的に距離適性OK!【ジャパンカップ】
「アドマイヤデウス」パワフルな脚さばき!距離延長はプラス!【ジャパンカップ】
「ペルーサ」8歳でも元気!老いの陰りなし!【ジャパンカップ】
「ヒットザターゲット」反応よし!状態も上がってきた!【ジャパンカップ】
「カレンミロティック」軽快感たっぷり!手ごたえもあり!【ジャパンカップ】
「ワンアンドオンリー」ハーツクライの血を騒がせろ!同じコースで再び!【ジャパンカップ】
「ゴールドシップ」軽快な動きでパワフル!あとはゲートだけ【ジャパンカップ】
「ラストインパクト」動きよし!余力を残し好時計【ジャパンカップ】
「サウンズオブアース」シャープな脚さばきで初重賞制覇を狙う!【ジャパンカップ】
「ダービーフィズ」お腹回りは気になるけれど毛ヅヤよし!【ジャパンカップ】
「ショウナンバッハ」前走の強烈な脚再び!【ジャパンカップ】

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line