TOP > 競走馬 > 名馬(競走馬・引退馬)に会いに見学に行こう
競走馬

名馬(競走馬・引退馬)に会いに見学に行こう

ターフを後にした競走馬は北の大地で新たな命を生み出し、またターフに名馬を送り出している。そんな引退場の余生を送っているかつての名馬たちに会いに行こう。
名馬に会いに行こう

牧場見学なら「ふるさと案内所」にお任せ!

inyofu 本サイトは、引退した活躍馬たちのデータベースを構築し、全国の競馬ファンに向けて提供するために開設されたホームページです。
引退した競走馬に会いに行きたいと思ったらまずこのサイトを利用するのが早いようだ。

GIがズラリ!名馬揃いの社台スタリオンステーション

日本一の社台グループが運営する牧場で、ディープインパクト、シンボリクリスエス、クロフネなどが見学できる。

アウトドアを楽しみながら引退馬に会える

社台スタリオンステーションのすぐ近くにあるノーザンホースパークでは、馬のテーマパークとして運営されており、菊花賞馬デルタブルース、天皇賞馬アドマイヤジュピタなどに会うこともできる。

ダービー馬に会えるレックススタッド

こちらではスペシャルウィークやタニノギムレットのダービー馬を始め、ローエングリン、シルポートなどの個性派にも会うことができる。

ダート種牡馬が多い?アロースタッド

アロースタッドではサウスヴィグラス、ワイルドラッシュ、アジュディミツオー、トランセンドなどダートで活躍馬を出す種牡馬が多く展示されている。他にもクラシックを盛り上げたヒルノダムールやリーチザクラウンなどもいる。
北海道の牧場巡りは夏に盛んにおこなわれるので、長期休みを利用して行くのが良いかもしれない。種牡馬は何十億円と価値あるもので、それを承知でファンのために展示しているので、見学の際には細心の注意が促されている。それも「ふるさと案内所」で確認して行くといいだろう。また馬は朝方のため、見学可能時間が朝~昼までの場合も良くあるので、見学可能時間を事前に調べていくと会いたい名馬に確実に会えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line