TOP > 予想/馬券 > 【第60回京阪杯】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第60回京阪杯】最終追い切り情報&タイムまとめ

11月29日(日)に行われる京都競馬場のメーンレース【第60回京阪杯】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 ベルカント

inyofu ベルカントは、坂路で絶好の動きを披露。前半は馬なりだったが、ゴール前だけわずかに仕掛けられると、シャープな伸びを見せて、4ハロン51秒9-12秒0の好タイムをマークした。 「前2週続けて併せ馬をしてきたから、今週は単走で十分。相変わらずいい動きだったね。スローでヨーイドンの競馬よりハイペースがいい馬。その点でも今度は実績ある京都だから楽しみ」と角田調教師も巻き返しに力を込める。

3枠4番 ビッグアーサー

inyofu ビッグアーサーは開門から3時間以上過ぎた馬場が荒れた時間帯に坂路へ。前半2Fは15秒3→14秒3でゆったり運んで、そこからギアを切り替えるとラスト12秒3→12秒2で勢い良く駆け上がった。藤岡師が納得の表情で切りだした。 「先週にやっているのできょうは前半抑えてという指示。ラスト2Fが速いしこれでいいかな」

4枠6番 エイシンブルズアイ

inyofu エイシンブルズアイがCWコースでまさかの遅れ。先導したトウカイセンス(4歳1000万)を直線内からかわしたが、脚色が鈍って差し返された。 1馬身ほどの遅れに野中師は「思ったより動けなかった」と渋い表情。「道中で追い掛けた分があるし、左トモの部分が落鉄していたからね」と分析した。

8枠15番 フミノムーン

inyofu フミノムーンは幸が2週連続で騎乗。坂路で掛かる面を見せつつも、グイグイと駆け上がった。幸は「動き、仕上がりは問題ないです。ただ2F目から3F目(13秒0→12秒1)が速くなり、しまいは13秒0とかかりました」と振り返った。

8枠14番 サドンストーム

inyofu サドンストームは、国分優騎手が跨り栗東坂路で単走。ラストにしっかり追われ、4F52秒8-1F12秒4(一杯)と上々の切れを披露している。3カ月ぶりでここまでの動きはいまひとつだったが、このひと追いで大きく良化してきそうだ。

2枠3番 ワキノブレイブ

inyofu ワキノブレイブ(牡5=清水久)が朝イチの坂路でフレッシュな動き。4F52秒0~1F12秒5の好時計ながら余裕たっぷり。 清水久師は「あとは休み明けがどう出るか。前走福島(バーデンバーデンC9着)に使ったころはもう限界だったから、いい休みになったと思う」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アミカブルナンバー・萩原師 「追い切りの動きは良く、一連の状態をキープ。前走は最後に止まった感じだったので、1200メートルで良さが出れば」

◆スマートギア・岩戸師 「休養期間は長いけど、やれば動けるところはオープン馬。ただ距離は忙しいかもしれない」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アースソニック 牡6 56 *アッゼニ 26日栗坂不:58.6-41.6-13.0:馬也
アミカブルナンバー 牝6 54 勝浦正樹 25日美坂稍:57.4-41.8-13.6:馬也
ウイングザムーン 牝6 54 秋山真一 26日栗坂不:51.8-38.2-12.9:強め
エイシンブルズアイ 牡4 56 *ボウマン 26日栗C不:67.3-52.3-38.2-12.1:馬也
コパノリチャード 牡5 58 *古川吉洋 26日栗坂不:53.1-37.9-12.2:馬也
サトノルパン 牡4 56 *和田竜二 26日栗坂不:55.6-40.6-13.5:一杯
サドンストーム 牡6 56 国分優作 26日栗坂不:52.8-38.2-12.4:一杯
スマートギア 牡10 57 *太宰啓介 25日美坂稍:56.4-41.6-14.3:強め
ビッグアーサー 牡4 56 藤岡康太 26日栗坂不:54.1-38.8-12.2:一杯
フミノムーン 牡3 55 幸英明 26日栗坂不:53.2-38.1-13.0:一杯
ベルカント 牝4 55 武豊 25日栗坂良:51.9-37.7-12.0:強め
ベルルミエール 牝4 54 川島信二 26日栗C不:57.3-40.5-11.6:馬也
メイショウツガル 牡7 56 *酒井学 26日栗坂不:54.4-39.5-13.2:一杯
レンイングランド 牡3 55 *菱田裕二 26日栗坂不:52.8-38.4-12.9:馬也
ワキノブレイブ 牡5 56 *松若風馬 25日栗坂良:52.9-38.0-12.5:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

コパノリチャード
ビッグアーサー
ベルカント
サドンストーム
エイシンブルズアイ

今回これ!って思える馬はいなかったが、コパノリチャードの不良坂路のタイムが馬なりで秀逸。明らかに前2走より、リズム感あふれる調教。本レースで初ブリンカーを付ける情報などもあり一変あってもおかしくない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line