TOP > コラム > 覆面7号 連載コラム 祭りの痕 vol.2「逃した魚と外人騎手」
コラム

覆面7号 連載コラム 祭りの痕 vol.2「逃した魚と外人騎手」

馬キュレ

忙しいのはいい事ですね!と言われるたびに「良いワケ無いだろ!」と噛み付いている。
忙しいとは「心を亡くす」と書いて「忙しい」訳だから、コントロール下に無い状態を言うのではないのか?
「振り回されて忙しい」という事は自分の能力不足を突きつけられている気がして、このように噛み付いてしまう。
つまり、自分の仕事との折り合いがついていない状態であって、騎手で言えば「馬が引っかかって持っていかれてる状態」である。

確かに、引っかかった馬に乗っている騎手は、忙しそうだ。
しかし、その騎手を捕まえて「忙しい事は良い事ですよ!」なんてどこの誰が言うだろうか?

さて、先週の3日間開催では、中日の日曜日にとある酒宴に突然誘われ痛飲。3日目の祝日には某元騎手からゴルフに誘われ、二日酔いで機能低下した脳と身体で馬券を買いながらゴルフをするという自虐的な週末となった。
心を取り戻すための週末に心を亡くすような行いをしたバチが当ったとしか思えない程に馬券で負けた。

負けるのは良い。次に勝てばいいだけの話だ。
がしかし、負け方が悪い。

博打を打つ上で重要視している「場の流れを読む」という行為が、ゴルフしながらできる訳が無い。
競馬においては「馬(ば)の流れ」だと思っているが、ファー!と叫びながら、場の流れなど汲みようが無い。
場の流れを読みながら金額に変化をつける俺の買い方は、場に張り付いていないと出来ない芸当なワケで、2つの事を同時にこなすほどの能力も持ち合わせてもいないのに、とんだ勘違いをしてしまった。

とはいえ、予想コラムを書いているのに、忙しくて買わなかった・・・なんていう筋違いな事はできないわけで、もちろん
馬券は買う。そしてまた「痕」を刻みこむ。予定調和な生き方は出来ない俺だが、最低限の予定を狂わされても余裕を持って生きたいものだ。

7号 了
ーーーーーーーーーーーーーーー

って、大人ぶって余裕こいた書き出しにしてみたが・・・

どうなってんだ?
どうなってんだよ!!!!

え?何が?って・・・

東スポ杯の事でも、マイルCSの事でもない。

ボウマン、結構乗れるじゃねーか!って事だ。
前評判もそれほど悪くは無かったんだが、お!ここまで乗れるんか!
という意味では、ゴルフなんてしてる場合ではなかった訳よ。
23日のレースをライブで張り付きで見ていれば、当日関西の仲間から、京都7Rのステイザコースの聞き耳情報が入っていただけに、18人気でボウマンが3着に持ってきたスズカステイボーイも拾えただろ・・・って事なワケだ。

3連複で12万馬券ってのは相当美味しいからな・・・
逃した魚はデカいワケで、だれに文句も言えないこのもどかしさをコラムに叩きつけて心を取り戻そうとしている訳だ。
とはいえ、ボウマンには少々注目してみないといけないかもしれねーな。
鞍バマリもいいし、54キロ以下は乗れない・・・ってのがタマニキズだが、馬券という見地から言えば注目騎手だわ。

ただ、馬主という見地から見たら・・・短期の外人さんには馬は乗せたくねーけどな。特に若駒はな。
実際に、今週とあるレースに使う馬に某外人騎手乗せますか?と調教師に聞かれたが「断る!」と遮断しておいたからな。
なんだか、調教師側も外人乗せときゃ、馬主は納得する・・・みたいな風潮が出来上がってんのがムカつくんだわ。

お前、本当にその騎手上手いと思ってんのか?

って聞き返してやりたくなっちまうわ。


以上。

じゃーな!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line