TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】11月28日(土)オフレココラム
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】11月28日(土)オフレココラム

馬キュレ
今週1号のアニキとメシ食いに行ったんだが「食べてはいけないもの」を食べちまったわ。
あんな美味いモン食っちまったら他所で何も食べられなくなる。
それにしても、1号のアニキの食通ぶりときたらスゲーわ。

ま、アニキとメシ食いに行けば競馬の話ばかりではあるんだが、今度は俺が美味い河豚を食わせる京都の割烹に連れて行く。

昆布で出汁をとり、酒を少々加える。そこに、丁寧に裏ごしした河豚の白子を贅沢に入れ、真珠を溶かしたかのように白濁した鍋のスープを作る。天然の河豚をテッサよりも厚めに切り、そのスープに一枚一枚しゃぶしゃぶして頂く。口に含んだ瞬間に、昆布出汁の風味が鼻腔を抜け、白子のなめらかなスープが程よく絡み、舌から脳へとジワジワそのうま味を伝える。熱を通し食感がサクサクし、うま味の増した河豚の身を食す。はぁ~とため息をつきながら、熱燗をじんわり口に含ませると、もう一度河豚の白子の風味が鼻腔を抜ける。

河豚の肝も好きだが、この食い方も大好きだ。
もう少し後にならないとこの料理は出てこないが、もう一軒大阪に行きたい店があるので、アニキと共有している馬が関西で勝った時には、連日美味い飯と酒でどんちゃん騒ぎでもするかな。

なんだか、こんな事書いてたら異常に腹が減ってきたし、熱燗で一杯飲みたくなってきたわ。
コラム書き終えたら、しみじみやるか!

って事で、土曜日買いたいレースの事でも書くかね。

土曜日は京都に行くから京都の新馬戦から一本。

◎ライペンミノル

「ミノル」の馬主さんである吉岡さんとは面識が無いんだが、俺がかわいがってる元プロ野球選手が吉岡さんにかわいがってもらってるらしく、とてもいい人だと聞いている。アクティブミノルで昨年の函館2歳Sを勝ち、今年のセントウルSも制覇した。ライペンミノルはアクティブミノルと同じフジワラファームの生産馬。ハービンジャーの仔らしく大型の馬だが、なかなかのスピードがある。2歳新馬戦にしては、CWコースでビシビシ乗り込んでいて臨戦態勢は整っていると見る。

先週達成した鞍上松若の100勝目も同じ本田厩舎。
ここは、一気に減量騎手卒業だ。

買い方は、単勝を中心に、馬連を。

馬連の相手は、ルメール、デムーロ、小牧、藤岡、川田、岩田、このあたりをパドックで穴が開くほど見て、順位をつけようと思う。

オフレココラムは以上!

7号・ラジオNIKKEI杯京都2歳Sへ


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line