TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月29日(日)京都10R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】11月29日(日)京都10R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

あまりに楽しみで昨日の内から『ジャパンカップ』の話ばかりなんですが(苦笑)、まぁ競馬ファンの方々なら多かれ少なかれこの気持ちを解ってくれると思います。

やはりまず気になるのが『ゴールドシップの発馬』ですね。常識の範囲内で多少出遅れる程度ならまだ良いとして、仮に今回また宝塚記念のようなことがあったら、1ヶ月の出走停止と発走調教再審査。「今年で引退」「有馬記念がラストラン」と以前から言われていますが、当然出走できなくなってしまいます。

ましてや今回は、すぐ隣の枠にぴちぴちの3歳牝馬・ミッキークイーンが。調教中に牝馬を見かけただけで、背中に騎手を乗せたままフェラーリのマークのように立ち上がるような馬ですから・・・・・。いやはや、いったいどうなってしまうのやら。
昨日は『まともにゲートを出ると信じてゴールドシップから買おう』などと書きましたが、考えれば考えるほどゲートで暴れる姿しか想像できないんですよね(苦笑)。

1頭だけで行うゲート練習では大人しいそうですが、聞いた話では「隣のゲートに馬が入ってくる」のをかなり嫌がるらしく(そういえば天皇賞春も1枠1番でしたね)、おまけに今回はお隣が牝馬。ここまで悪い要素が揃うと「逆に物凄い好スタートを決めるのでは?」と思ってしまうあたりがまたゴールドシップらしさなのかもしれません。

知人と話していてもこの点については意見が真っ二つで、気付けば『ジャパンカップについて』話しているはずが『ゴールドシップについて』話しているという現象が(笑)。
まぁ出遅れようがどうなろうが「引退レースまで買い続ける」と(主にミーハー的な理由で)心に決めているので今回も買いますが、やっぱり後1日も経たないうちに勝ち負けがハッキリ出てしまうのが勿体ないなぁと思うわけです。ああでもないこうでもないと考えて楽しめるのは、レースが始まるまでだけの特権ですからね。

というわけで日曜の推奨馬ですが、重賞2着馬を『重賞でも通用する器』と言っていいものかどうか・・・・・という疑問はひとまず置いておくとして(笑)、「京都10R 醍醐ステークス」の⑧オースミナインを紹介いたします!

2012年のデビュー以来ほとんど馬券圏内を外さない走りで着実に昇級し、明け4歳の初戦となった京都金杯で、昇級初戦、初重賞挑戦ながら1番人気に。
まぁ金杯といえばハンデ戦ですので、上のクラスで中途半端に実績を残し斤量を背負わされてしまう馬より勢いのある軽斤量の馬の方が支持を集めたりするものですが、この時は54キロを背負い2着に善戦。
人気には応えられなかったものの、下した中には重賞馬の面々や、先週のアンドロメダステークスを勝ったトーセンレーヴ、今日のキャピタルステークスを勝ったサンライズメジャーなどの名前も。

これは4歳秋あたりのGIの主役になるのでは?と思いきや、夏に降級して以降いまだに勝てず、現在のクラスは1600万下。あっさり勝ててもおかしくないと思うのですが、実はこのあたりから喉鳴りの兆候が・・・・・。

一口に喉鳴りと言っても程度は様々で、手術で劇的に症状が改善するダイワメジャーのようなケースもあれば、湿度の高い日は問題なく走れるケース、ダートだけが駄目になるケース、中には手術しても全く効果が無い上長期休養を余儀なくされるケースも。

この馬も極力症状が出ないようにと距離短縮などを試しており、実際上位入線を果たすこともあったのですが、全盛期の能力はおろか1600万下の脱出すらできない状況に・・・・・。 というわけでついにこの春最終手段の『手術』に踏み切ったわけですが、幸いこの馬の喉鳴りは手術で改善されるタイプだったようで。
約半年ぶりの復帰戦となった前走は前残りの展開に対応し切れず6着に負けてしまいましたが、レース後も全く症状が出ないほど劇的な改善を見せているそうです。

となれば後は『京都金杯2着馬』の実力を発揮するだけ。叩き2戦目の上積みもありますし、そもそもこのクラスを1度勝っている馬ですからね。

というわけで印の方は

◎⑧オースミナイン
〇③シンデレラボーイ
▲⑦ダイシンサンダー
△⑨ダンツキャンサー

で、◎からの馬連と3連複を購入しようと思っています。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line