TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】ジャパンカップ予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】ジャパンカップ予想

馬キュレ
ジャパンカップのメンバーが寂しくなったという人が居る。

本当にそうなのだろうか?ジャパンカップの賞金は年々上がっているし、クラシックディスタンスの王道レースだ。
にもかかわらず、出走馬の質が落ちてきていると感じるのは何故なのだろう。本当に落ちてるのか?逆に上がりすぎててよくわからなくなってるのかもしれないぞ。

はたまた、古馬戦線に故障馬が多いからか?
それとも、ウォッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナと牝馬が勝利をおさめ、ジャパンカップホースの称号をもった種牡馬の誕生に空白の期間が生まれてしまったからか?

それとも・・・
菊花賞や天皇賞春がそうであるように、2400mと言う距離を勝つこと自体に価値がなくなってしまったのか?

いや、ディープインパクトのような突出した馬を見てしまった事の影響による、反動のようなものなのか?

となれば、ディープインパクトが勝ってから9年目になる今年、来年、再来年辺りに大きな変化がおこる前の静けさのようなものなのか?

2016年の種付け価格が4200万という破格の値段をつけたDubawiの産駒イラプトは、その変化に向けた刺客なのか?

それとも、牝馬の勝利によってまたもやジャパンカップ種牡馬誕生の空白が出来てしまうのか?

単純に考えれば日本馬が日本の馬場によるレースにおいては強くなりすぎたという事だろう。
海外から見た、アウェーの洗礼が強すぎるのだろう。
日本馬のホームアドバンテージが大きすぎるという事だ。

って…

色々こねくり回してみたが、ラブリーデイの力が2枚ばかり上だろうな。
サウンズオブアースも調子は良いみたいだが、ラブリーデイの適距離とは言えない2400mの京都大賞典でのあの負け方は、能力の違いとしか言いようがない。

っていうより、俺としては、母父ダンスインザダークの良血の繁殖を持っているだけに、それにキンカメをつけてラブリーデイと同配合の男馬を作りたいだけだなんだがね(笑)

ダンスの肌にキンカメ。
もしかすると、最高のニックスになるかもしれないからな!

◎1ラブリーデイ
〇10サウンズオブアース
▲11ミッキークイーン
☆12ゴールドシップ
△8イラプト
△6ラストインパクト
穴17アドマイヤデウス
穴18ナイトフラワー

買い方
◎ラブリーデイの頭固定で馬単と3連単1着固定流しで買う。
2着に穴が食い込み気味なレースでもある。
斤量の軽い牝馬が今までのパターンだったか、それに加え今年は斤量が軽い3歳牡馬・イラプトのパターンかも知れないな。

ジャパンカップは以上!


7号京阪杯

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line