TOP > 競走馬 > 「ロワジャルダン」反応よし!体にも余裕【東海S】
競走馬

「ロワジャルダン」反応よし!体にも余裕【東海S】

昨年の東海ステークスで騎乗予定の浜中騎手が当日の落馬で、急遽横山和生騎手に乗り替わったロワジャルダン。そこでもしっかりと馬券内は確保し、この舞台への適性の高さは示した。そこからも重賞で掲示板は確保するものの、馬券に絡んだのはみやこステークスのみと少し寂しい状態。昨年5着のフェブラリーステークスに向けてここで結果を残したいところ。そんなロワジャルダンについてまとめてみた。
ロワジャルダン

【フェブラリーS】初のマイル戦も掲示板まで…

これまで距離短縮のレースで3戦3勝と好成績を残しており、初のマイル戦も穴人気をしていたロワジャルダン。マイル戦ということで横山典弘騎手もスタートから若干促して好位からレースを進める。しかし、最後は伸び切れず5着となった。
動画を見る

【みやこS】思い出の舞台で3着に差し込む!

昨年初重賞制覇を飾った思い出の舞台。昨年同様今年も7番人気と低評価でレースを迎える。直線で末足を生かすレース運びで、追い込んでくるも今年は3着まで。
動画を見る
以下はレース後の浜中騎手のコメント
inyofu 3着 ロワジャルダン(浜中俊騎手) 「昨年のようなレースを心がけました。最近折り合いを欠くと聞いていましたが、そんなことはありませんでした。直線は内も空いて、ビュッという脚を使ってくれました。成長を感じます」

【チャンピオンズC】終いを生かすも見せ場を作れず…

昨年はタフな展開の中持ち味を出して4着と初GIでも通用する能力を見せた。今年も昨年同様中団後方からレースを進め末脚を伸ばすも8着となった。
動画を見る

【東海S】 直前情報 軽快な動き!

inyofu 昨年3着のロワジャルダン(牡6、戸田)は18日、南D(ダート)コースを軽快に流した。併せ馬ではなく単走にした理由を、戸田師は「併せ馬で前に出ると、気を抜くところがある」と話したが、1頭の分、ラストまで集中力を保った。「ピリッとして動きは良かった。

昨年はレース直前での乗り代わりもあり、勝利することはできなかったが、今後の飛躍のためにはここで勝利を手にしたいところだ。相性のいい浜中騎手とのコンビに期待だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line