TOP > JRA競馬場/WINS > ダート王への道は中京から!東海Sまとめ
JRA競馬場/WINS

ダート王への道は中京から!東海Sまとめ

東海S(GII)の歴代の勝ち馬についての記事やレースをまとめてみた。
競走馬

創設時は中京2200mだった

inyofu 第1回は中京競馬場のダート2200mで施行され、当時は中央競馬のダート重賞路線を締め括る競走として位置付けられた。

王者復活!

2014年の東海Sは、ニホンピロアワーズが優勝し王者復権。
inyofu 一昨年の最優秀ダート馬が力の違いを見せつけた。ダートG2「東海S」が26日、中京競馬場で行われ、単勝1・6倍の圧倒的1番人気ニホンピロアワーズが直線半ばで抜け出し、2馬身差の完勝。

ニホンピロアワーズは2012年のジャパンカップダートを痺れるような手応えで圧勝。
その姿に心を奪われたファンも多いはず!

単勝102.2倍、13番人気の牝馬が波乱を巻き起こした!

2008年の東海Sはヤマトマリオンが優勝。
inyofu 中京11Rの第25回東海ステークス(GII・ダート2300m)は単勝1万220円の13番人気ヤマトマリオン(小林徹弥騎手)が06年4月のフローラステークス(GII)以来久々の勝利を飾った。
2008年東海S結果払い戻し。


東海ステークスは、中京競馬場のダート1800mで開催されるGIIレース。レースの正式名称は東海テレビ杯東海ステークス。近年ではフェブラリーステークスのステップレースとしての役割を担う。過去の優勝馬には、フェブラリーSを優勝したグレープブランデーやジャパンカップダート馬のニホンピロアワーズなどがいる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line