TOP > 競走馬 > 「サウンドトゥルー」乗り替わりも心配ない!しまいは確実に伸びる【フェブラリーS】
競走馬

「サウンドトゥルー」乗り替わりも心配ない!しまいは確実に伸びる【フェブラリーS】

昨年のチャンピオンズCを制し、GⅠ2勝目を挙げたサウンドトゥルー。東京大賞典・川崎記念は人気に支持されながら3,2着と勝ちきれていないが、実力はメンバートップクラス。フェブラリーSは初出走となるが、持ち前の末脚を披露したい。そんなサウンドトゥルーについてまとめてみた。
サウンドトゥルー

【チャンピオンズC】見事な後方一気で2つ目のGⅠ勝利!

いつものように後方で控えると、3,4コーナーも内ラチ沿いをぴったりと回り最後の直線へ。スムーズに外に出されるとグイグイと脚を伸ばし、前に迫りかける。アウォーディーが先行馬を交わしそのままゴールするかと思われたその瞬間、サウンドトゥルーがこれを一気に交わし去り先頭でゴール。鮮やかな直線一気でGⅠ2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手) 「ペースが速く、一番後ろからのレースになりました。道中はこの馬のリズムを第一に運んで、3~4コーナーは内を通りました。直線、馬が手前を替えてから追い出しました。あと100mぐらいになったところで何とかなるのではと思いました。昨年は噛みあわず悔しいレースでしたが、今日はうまく運べました。ずっと乗せていただいている馬で中央のGIを勝てたことは感慨深いですね。この時期、この馬は調子がいいので、暮れも楽しみです」

【東京大賞典】先行策で挑むも弾けず3着

戸崎騎手のコパノリッキーがスローの逃げを打ったこともあってか、大外14番枠からいつもより前目のポジションを取ったサウンドトゥルー。直線では先に抜け出したアポロケンタッキーを懸命に追うが、捉えるまでにはいかず、アウォーディーとの2着争いにも敗れ3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着サウンドトゥルー(大野拓弥騎手) 「展開は遅くなりそうだったので先行していきました。スムーズに走れました。自分から動く形でも崩れずに走ってくれました。もう少し時計が出る馬場なら良かったと思いますが、力を付けています」

【川崎記念】スローペースの逃げ馬にしてやられ2着

これまでの実績を評価され断然の1番人気に支持されたサウンドトゥルー。レースでは中段やや後ろを追走すると、2週目3角から徐々にポジションを押し上げる。しかし直線に入っても、楽なペースで逃げたルメール騎手のオールブラッシュとの差を詰めることができない。鋭い伸び脚は見せたが、2着確保が精一杯だった。
動画を見る
inyofu 2着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手) 「ノーマークの馬にやられてしまいました。うまくいかなかったのは勝負どころでもたついた部分だけです。勝ち馬が強すぎました」

【フェブラリーS】直前情報 活気ある動き!

inyofu  昨年の最優秀ダートホース・サウンドトゥルーが15日、美浦坂路で素軽い動きを見せた。中1週ゆえに単走&馬なりと淡泊な内容ながら、しっかりと状態の良さをアピール。統一ダートG1・3勝目に向けて態勢は整った。根岸Sを制したカフジテイクは栗東坂路で追われ、楽に好時計を記録。
inyofu 派手なパフォーマンスはいらない。サウンドトゥルーは美浦坂路で単走の内容。終始、余裕のある走りで4F54秒0-39秒8-12秒9の時計を記録した。高木師は「レース間隔が詰まっているのでサラッとやった。前走の反動は見られないし、いい状態をキープしている」と満足げな笑みを見せる。大一番に向けて態勢面に抜かりはない。

川崎記念組が好成績!

過去10年、前走が川崎記念だった馬は(2,3,2,7)で複勝率は50%。6番人気以内に支持された馬に限定すると(2,3,1,1)で、競争中止のフィールドルージュを除けば複勝率100%とかなり期待できる。サウンドトゥルーも馬券からは外せない。

追い込み脚質ながら堅実なタイプで、GⅠでも(2,3,4,1)と安定感は抜群。久々のマイル戦と苦手な芝スタートがカギになるが、末脚の破壊力はメンバー随一。昨年の最優秀ダートホースの意地を見せつける走りを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line