TOP > 競走馬 > 「サウンドトゥルー」状態面に自信!調子が上がっている【チャンピオンズC】
競走馬

「サウンドトゥルー」状態面に自信!調子が上がっている【チャンピオンズC】

衰えを見せない古豪サウンドトゥルーがチャンピオンズCに出走する。昨年のチャンピオンズCでは無駄のないコース取りから切れのある末脚を披露して中央GⅠ初制覇を。今年に入ってからは勝ちきれないレースが続いたが、前走のJBCクラシックでは大外から鮮やかに差し切りGⅠ3勝目を飾った。古豪健在をアピールした勢いそのままに連覇を目指す。そんなサウンドトゥルーについてまとめてみた。
サウンドトゥルー

【チャンピオンズC】見事な後方一気で2つ目のGⅠ勝利!

いつものように後方で控えると、3,4コーナーも内ラチ沿いをぴったりと回り最後の直線へ。スムーズに外に出されるとグイグイと脚を伸ばし、前に迫りかける。アウォーディーが先行馬を交わしそのままゴールするかと思われたその瞬間、サウンドトゥルーがこれを一気に交わし去り先頭でゴール。鮮やかな直線一気でGⅠ2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手) 「ペースが速く、一番後ろからのレースになりました。道中はこの馬のリズムを第一に運んで、3~4コーナーは内を通りました。直線、馬が手前を替えてから追い出しました。あと100mぐらいになったところで何とかなるのではと思いました。昨年は噛みあわず悔しいレースでしたが、今日はうまく運べました。ずっと乗せていただいている馬で中央のGIを勝てたことは感慨深いですね。この時期、この馬は調子がいいので、暮れも楽しみです」

【日本テレビ盃】激しい追い比べも2着確保

2番枠からまずまずのスタートを切ると、先行する中央馬3頭から10馬身離れた5番手で2コーナーを通過する。向正面で先行グループがペースを落とすと早めにポジションを上げて3コーナーで追いつくと、最後の直線は中央馬4頭の激しい追い比べとなり、サウンドトゥルーは大外から末脚を伸ばし2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 サウンドトゥルー 大野騎手
「有力馬を目標に競馬するイメージでした。勝負どころの手応えもよく、秋の初戦としては良かったと思います。手前を替えられなかったのは、休み明けでしょうか。及第点はあげられます」

【JBCクラシック】外から鮮やかに差し切りGⅠ3勝目!

8番枠からまずまずのスタートを切り、例によって後方に控える。4コーナーで外に切り替えて進出を開始すると、直線ではメンバー最速の末脚で外から鮮やかに差し切り、JBCクラシック初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手) 「休み明けを一度使ったことで状態が良かったので、自信をもって後方からレースを進めました。マイペースで直線でもいい脚でした。この馬は寒くなると調子が良くなるので残り2戦も頑張ります」
inyofu (高木登調教師) 「欲しいタイトルの一つで、勝てて嬉しいです。休み明けの前走が良い状態で、今回は自信をもって臨みました。レースは良い展開だと思っていました。最後は必死に応援しました。夏休みから戻ってきてからの状態が良いので、まだ成長の余地がありそうだと感じています。次のチャンピオンズカップのタイトルを加えて、また大井に戻って来たいと思います」

直前情報!順調に稽古をこなし好調キープ

最終追い切り後の高木登調教師のコメント
inyofu (今朝の最終追い切りの狙いと手応えは?) 「良い状態をキープできているので、先週に少し負荷をかけておいて、今週はコンディションを整える調整を心がけました。最終追い切りはいつも通りの坂路の単走でしたが、この馬は調教でそこまで動く馬ではないので、十分に仕上がったと思います」
最終追い切り後の大野拓弥騎手のコメント
inyofu (今日の最終追い切りの狙いと手応えは?) 「先週の時点でかなり仕上がっていたので、今日の追い切りは順調に来ているということを改めて確認しました。順調そのものです」

チャンピオンズCの傾向!中距離戦の経験が大舞台で生きる!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走でのダート1800m以上のレースへの出走回数別に成績をまとめると、連対馬20頭中14頭は過去3走でダート1800m以上のレースに2回以上出走していた。それに対し、過去3走でダート1800m以上のレースに出走していなかった馬は3着内率が5.9%にとどまっている。近走でダート1800m以上のレースに出走している経験が、チャンピオンズCで生かされる傾向にある、と言えるだろう。
inyofu 過去10年の出走馬について、過去4走以内のGⅠ・JpnⅠを除く直近の重賞での着順別に成績を調べると、勝率で上位となっているのは「1着」と「過去4走全てGⅠ・JpnⅠ」の2組となっている。GⅠ・JpnⅠを除いた直近の重賞で勝っているか、近走でGⅠ・JpnⅠに出走し続けていた馬が優勝するケースが多いようだ。また、この2組に加えて「3着」・「4着」組が3着内率で20%を超えていることからも、該当レースで上位争いに加わっていた馬には、マークが必要だろう。

7歳になると衰えを見せる馬が多いが、この秋の2戦で古豪健在をしっかりアピールすることはできた。チャンピオンズCは過去2回参戦し3着、1着と得意のレースにしている。今年も切れのある末脚でライバルをまとめてかわし去る。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line