TOP > 競走馬 > 「ノンコノユメ」体調が上がってきている!前日入りして臨む【フェブラリーS】
競走馬

「ノンコノユメ」体調が上がってきている!前日入りして臨む【フェブラリーS】

2016年のフェブラリーステークスでは1番人気であったように、昨年の前半はダート界の主役の1頭としてメディアを賑わしていたノンコノユメ。後方からの直線一気を得意としていたノンコノユメは、3歳時に3つの重賞をその強烈な末脚で制し、チャンピオンズカップでも2着に入るほどの活躍を見せていた。しかし、昨年は勝ち切れないレースが前半は多く、去勢してからはあまりパッとしない成績が続いている。去勢後4戦目の今回、状態はどこまで戻っているのだろうか。そんなノンコノユメについてまとめてみた。
ノンコノユメ

【JBCクラシック】馬体減が響き4着

夏場に気性難解消のため去勢されてから初のレースとなったが、輸送の影響と相まってマイナス15キロでの出走に。レースではいつものように中団に待機する。しかし、勝負所で本来の鋭い末脚を発揮できず4着に入線した。
動画を見る
inyofu 4着 ノンコノユメ(ルメール騎手) 「流れに乗って、頑張ってくれました。休み明けでしたし、コンディションはまだ良くなると思います」

【チャンピオンズC】後方から伸びきれず6着

ムーア騎手を鞍上に迎え、昨年2着惜敗のチャンピオンズCに挑んだノンコノユメ。いつものように後方に控え、最後の直線に懸ける競馬。しかし絶好調時の伸びは見られず、コンマ4秒差の6着。鋭い末脚は鳴りを潜めた。
動画を見る
inyofu ムーア騎手(ノンコノユメ=6着)「もう少し距離があった方がよさそうだし、中京のきついコーナーも合っていない感じだった」

【東京大賞典】スローペースで差し届かず4着

地方ということもありこの日は中団よりやや前目の位置で待機。スローペースで道中が流れたため、ノンコノユメは3、4コーナーで手綱をしごき、鞭も入れつつ先頭集団に迫る。しかし、前に言った馬はなかなか止まらず、最後は上位三頭に着差を広げられて4着でゴールした。
動画を見る
inyofu ルメール騎手(ノンコノユメ4着) 「ポジションは良かったけど、ペースが遅くて前の馬が止まらなかった」

【フェブラリーS】最終追い切り情報 数戦して状態は良化中!

ノンコノユメは15日、美浦ウッドチップコースで最終追い切りを行った。
inyofu 昨年2着のノンコノユメは美浦Wコースで3頭併せ。緩いペースの先導役を任されて、促されることなくエクストレミティー、ハートリッチに1馬身差をつけフィニッシュした。調教でオーラを放たないのは通常どおり。前2週に一杯に追われており、余計な負荷は必要ないのだろう。
inyofu 「直前にストレスをかけていいタイプではないので、自分のペースで伸び伸び走らせた。去勢後に数戦して少しずつ状態は上がっている」と、加藤征調教師は予定どおりの“静”を強調する。

2年前の武蔵野S以来勝ち星からは遠ざかっており、去勢後はこの馬らしからぬ負け方をしているものの、やはり状態は少しずつ良くなってきているようだ。今回は去勢4戦目でそろそろ変わり身もあると考えられ、しかも東京マイルはこの馬にとっては得意の条件。困難を乗り越えて、悲願の中央G1制覇も不可能ではないはずだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line