TOP > 競走馬 > 「ノンコノユメ」ここへ来て急上昇!まだまだ夢は続いていく!【フェブラリーS】
競走馬

「ノンコノユメ」ここへ来て急上昇!まだまだ夢は続いていく!【フェブラリーS】

トライアルの根岸Sを制したノンコノユメがフェブラリーSに出走する。3歳時にはチャンピオンズC2着など、将来の日本ダート界を席巻するかと思われたが、その後はパッとしない成績が続いていた。しかし前走の根岸Sでは後方から豪脚を披露し、2年以上ぶりの勝利を手にした。勢いに乗っているノンコノユメについてまとめてみた。
ノンコノユメ

【武蔵野S】良い脚を使うも馬券圏内に食い込めず...

スタートからスッと後方に下げていき、いつものように末脚に懸ける競馬。3コーナーからじわっと上がっていって、直線では前が残り展開ながら懸命に脚を伸ばして最後は熾烈な3着争いまで持ち込むも4着。
動画を見る
inyofu 4着 ノンコノユメ(C.デムーロ騎手) 「スタートが悪く、道中も外を回されました。久々の分もあり、最後止まってしまいましたが、本番に向けてはいいレースが出来たと思います」

【チャンピオンズC】展開向かず...

スタートで少し飛び上がる形になってダッシュが利かず後方へ。3コーナー辺りから懸命に手綱をしごかれて直線コースへ向かうも、なかなか伸びきれずに9着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu Cデムーロ騎手(ノンコノユメ=9着)「スタートはひと息で後方から。砂をかぶる展開でじりじりとした伸びになってしまった」

【根岸S】2年以上ぶりの勝利!

重馬場で行われた根岸S。大外枠のスタートから後方に下げて、じっくりと脚を溜めるいつものレーススタイル。残り600m辺りからグイッと追い出されて外に持ち出して直線コースへ。鞍上の激しいアクションに応えて末脚を伸ばすと、最後はサンライズノヴァとの叩き合いを制してレコードのおまけつきの勝利となった。
動画を見る
inyofu 1着 ノンコノユメ(内田博幸騎手) 「脚抜きのいい馬場にしても、レコードタイムだとは思いませんでした。4コーナーの手前から慌てずに行き脚をつけながら、直線では砂を被らないよう外に出しました。最後の切れ味がある馬で、今日はそれを生かすことが出来ました。この勝利が次につながってほしいです」
inyofu 1着 ノンコノユメ(加藤征弘調教師) 「良かった頃に戻ってきた感じです。体重が増えてきて、調教量も多くこなすことが出来ました。去勢した直後は大人しすぎましたが、ようやく仕草などが以前のようになってきました。次走のフェブラリーSでも今日のようなレースをしてほしいです」

【フェブラリーS】追い切り 鞍上は好感触!

inyofu 根岸Sで復活Vを飾ったノンコノユメは、美浦ウッドで単走で追われた。併走する2頭を前に見たままでゴール。時計は6ハロン84秒4-13秒7。
inyofu 内田騎手は「前走時同様にいい感じ。前走時と比べると、追走する気迫があったかな」と好感触。加藤征師は「前走ではこの馬らしい競馬を見せた。今回も同様の競馬を」と末脚爆発に期待する。

直近の重賞実績に注目

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走のうち直近で出走していたGⅡ・JpnⅡ、GⅢ・JpnⅢでの着順別に成績をまとめると、3着以内馬30頭中26頭は該当したレースで「1~3着」、もしくは過去3走がいずれもGⅠ・JpnⅠだった。直近のGⅡやGⅢで上位争いに加わっていた実績のある馬や、近走でGⅠ・JpnⅠだけに出走していた馬には、今年も注目してみたい。

前走は脚抜きの良い馬場とは言え、1.21.5のレコードと58kgの斤量と休み明けプラス10kgの馬体増を考えれば、かなりの高パフォーマンスである。ようやくセン馬としての慣れが出たと言ったところか。現在7,8歳のベテラン勢が多いダート界、ここでもうひと勝利を挙げて世代交代を見せつけたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line