TOP > 競走馬 > 「ノンコノユメ」動きスムーズ!しまいのキレは健在【チャンピオンズC】
競走馬

「ノンコノユメ」動きスムーズ!しまいのキレは健在【チャンピオンズC】

昨年、ユニコーンS、ジャパンダートダービーと連勝し3歳ダート界の頂点に立ったノンコノユメ。ダート界制圧を目指したチャンピオンズCでは僅差の2着に敗れてしまったが、古馬の一線級との相手でも十分通用する内容であった。しかし、今年は追い込み脚質ゆえに勝ちきれない競馬が続いている。初コンビのムーア騎手を背に、久々に勝ち星をゲットしたいノンコノユメについてまとめてみた。
ノンコノユメ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年チャンピオンズC】内から強襲するも惜しい2着

4連勝中の勢いで参戦したチャンピオンズカップは3番人気の評価を得た。スタートするといつも通り後方で脚を溜める。ペースが上がり、ルメール騎手が促すもなかなかエンジンがかからない。直線に向くとエンジンがかかり、内からするする伸びたものの、勝ったサンビスタには及ばず2着となった。
動画を見る
inyofu 2着 ノンコノユメ(C.ルメール騎手) 「忙しいレースになりました。それにしても前から位置が離れすぎていました。レース自体は1番枠ということもあり、内を突くという思い通りのレースができました。ただ、このコースであの位置取りは厳しいですね。まだ3歳ですし、今後が楽しみになるような内容でした」

【帝王賞】コパノリッキーに離され2着

チャンピオンズC後は、2、4着ともどかしい結果が続き、迎えた帝王賞では1番人気に推された。終始6番手に位置し、満を持して直線に入るも、先に抜け出したコパノリッキーに3馬身半差及ばず2着に敗戦。
動画を見る
inyofu ルメール騎手(ノンコノユメ=2着)「4コーナーからの反応は良く、直線に向いたときは勝てると思ったが…。勝った馬が強すぎた。大井の長い直線は、この馬には合っているんですが…」

【JBCクラシック】馬体減が響き4着

夏場に気性難解消のため去勢されてから初のレースとなったが、輸送の影響と相まってマイナス15キロでの出走に。レースではいつものように中団に待機する。しかし、勝負所で本来の鋭い末脚を発揮できず4着に入線した。
動画を見る
inyofu 4着 ノンコノユメ(ルメール騎手) 「流れに乗って、頑張ってくれました。休み明けでしたし、コンディションはまだ良くなると思います」

【チャンピオンズC】馬体に張り!状態は急上昇!

inyofu ノンコノユメは全休日明けの29日、坂路を64秒2で駆け上がった後、プールに入った。JBCクラシックで減った馬体もすっかり戻り、体調は上向きだ。浅利助手は「前走のダメージはまったくなかった。走り切れてないので、一気に張りが出てきた。去勢しても闘争心は失ってないし、集中して走れるようになった」という。

前走で馬体重を大きく減らしているので、当日の馬体の増減にはしっかり注目しておきたい。関東馬は2002年のイーグルカフェ以来勝利から見放されているが、直線の長いコースはノンコノユメにとって大歓迎であり、この秋大活躍のムーア騎手の力も借りて念願の中央GⅠ初Vを狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line