TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月5日(土)逆瀬川ステークス予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月5日(土)逆瀬川ステークス予想

馬キュレ
引き続き、データの8号です。
金鯱賞に続いて、阪神メインの逆瀬川S。

昨年3連単40万馬券が飛び出した1戦ですね。
とはいえ、今年は9頭立て。
昨年のような高配当は狙えませんが、キッチリ的中を収めたいところ

ところで、キッチリ的中と言えばこの1号師匠の企画

嗚呼!哀しきテンパーマン!

全然哀しくないんですよ。
なんせ的中率100%ですよ?
まぁ元がえしが2回あったとはいえ、12戦12勝。テンパーマン恐るべしです。

明日もノらせていただきます。

そして、もう一つ気になる明日の企画が「タンタン単勝メン」!
この企画も、キッチリと的中してくる企画なのはご存じの通り

このコラムを書いている途中に更新されたのですが…

逆瀬川S
いつもの倍、突っこむかもしれませんw

タンタン単勝メン

では逆瀬川Sです


↓↓↓

■阪神11R 逆瀬川ステークス
芝1800m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1800m】
3歳上1600万下

※データは07年以降の3歳上1600万下条件(芝1800m)の計20戦

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当4,368円。最高は15年の西宮S15,620円。最低は09年の西宮S520円。3連単の平均配当159,286円。最高は07年の逆瀬川S1,061,090円。最低は13年の西宮S3,160円。

過去20戦で、1番人気(6,3,2)、2番人気(4,3,4)、1番人気と2番人気の複勝率はともに55%。3番人気(3,2,2)、4番人気(2,1,4)はいずれも複勝率35%。5番人気と6番人気の複勝率も30%台。7番人気から複勝率が下がり始めます。上位人気は基本的に好走しています。

2.前走条件

前走条件別は、1600万下組が最多12勝。以下、1000万下組とOP特別組が各3勝、重賞組2勝。ただ、1600万下組は出走頭数が多いため複勝率は低めのデータ。複勝率が最も高いのは前走重賞組の40%超。次に1000万下組も40%台。OP特別組30%台。1600万下組は20%台。

なお、重賞組でも前走GI組は過去3頭が出走して馬券対象は0頭。いずれも前走が3歳限定のGI。重賞組なら前走GII組やGIII組が狙い目になりそうです。

3.前走距離

馬券対象馬を出している前走距離は1400m~2500m。前走距離別では、前走1800m組と2000m組が各7勝。前走1600m組が3勝。なお、10頭以上が出走している距離別で、前走1600m組と2000m組の複勝率が30%台。1800m組は20%台。2400m組は10%未満。基本的には1400m~2000mの範囲を狙いたいデータでしょう。

4.前走着順

前走着順別は、勝率が最も高いのは前走2着組。2着組は複勝率も40%。また前走1着組の勝率は10%未満ですが、複勝率は40%台と2着組と同程度。また、1着組は昇級組のみのデータでも複勝率は40%台と高め。

なお、基本的な狙いは1着~2着組のデータですが、それ以下の着順だった馬からも多くの馬券対象馬が出ており、巻き返し組にも注意が必要でしょう。

5.巻き返し激走パターン

過去20戦の馬券対象馬60頭で、前走3着以内は22頭、前走4着以下は38頭。4着以下の38頭中で、4着~6着組は14頭、7着~9着組は12頭、10着以下は12頭。

前走4着以下で馬券対象になった38頭の条件別と距離別は以下の通り

重賞組…7頭
OP特別組…6頭
1600万下(2000m)…14頭
1600万下(1800m)…3頭
1600万下(1600m)…7頭
1600万下(1400m)…1頭

項目(2)の前走条件別データや、項目(3)の距離別データと一致する部分は当然多いですから、この辺りが巻き返し組を狙うポイントになるかもしれません。

6.厩舎(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・池江泰寿厩舎
3位・松永幹夫厩舎
4位・宮本博厩舎
5位・松田博資厩舎

7.騎手(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・武豊騎手
2位・ルメール騎手
3位・浜中俊騎手
4位・松若風馬騎手
5位・池添謙一騎手

8.血統(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位スペシャルウィーク
3位アドマイヤムーン
4位ハーツクライ
5位マンハッタンカフェ

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎ガリバルディ

データから狙いの中心は、「前走1000万下組か重賞組」、「距離1600m」、「前走1着~2着」。

ガリバルディの前走は1600mの1000万下に出走して1着。8ヶ月振りのレースでしたが、1番人気に応えて1着。過去11戦して4着以下は1回だけと抜群の安定感は魅力的です。しかも、管理する藤原先生は、2012年12月以降の3年間で、阪神芝1800mの複勝率が40%を超えていて、今回管理馬を出走させる調教師の中で最も高いデータを残していますし、騎乗するルメール騎手も、過去3年間の阪神芝1800mの複勝率は40%超。今回騎乗予定の騎手の中で40%を超えているのは、45%超のユタカさんとルメール騎手の2人だけ。彼が乗るのは非常に心強い部分です。更に、ガリバルディの父ディープインパクトの産駒は、過去3年間の阪神芝1800mの複勝率で35%超の好データを残しています。これは今回産駒を送る種牡馬の中で最も高いデータ。以上のデータなどから、今回はガリバルディを本命に決定です。

ブラックムーンの前走は1600mの1000万下に出走して1着。前述のデータにも合致します。乗り役の浜中くんは騎手データで3位と好成績ですし、父アドマイヤムーンも、この条件で好成績。厩舎データ、騎手データ、血統データでほぼ満点のガリバルディよりは後に名前を出しますが、データから高い評価が必要でしょう。前々走の500万下1着から連勝中ですし、勢いに乗っていますので注目です。

イリュミナンスの前走は重賞の府中牝馬S。16着でしたが、複勝率の高い前走重賞組ですので注意が必要でしょう。また、巻き返し激走パターンにも一致しそうです。しかも、騎乗するのはユタカさんなのは魅力的。前述の通りユタカさんはこの条件で特に好成績で、複勝率45%超。騎乗した内、半数近くは馬券の対象になっていますので、今回も期待できるはずです。

ムーンクレストは最初の2頭と同じ前走1000万下1着。複勝率のデータで、出走した距離が1600m組よりも少し下がる1800m組ですので、この順番に名前を出しますが、父のアドマイヤムーン産駒はこの条件で好成績ですし、騎乗する松若くんもデータは上位の乗り役。データからは、先に名前を出した3頭と同じように注目です。

以下、父ディープインパクトで前走OP特別の2000mに出走のサンライズタイセイ、前走で2000mの1600万下に出走のリヤンドファミユまで。

単複と馬連を本線に3連単は軽め
◎⑧ガリバルディ
○①ブラックムーン
▲⑦イリュミナンス
☆③ムーンクレスト
△⑥サンライズタイセイ
△⑨リヤンドファミユ

≪買い方≫
単複


馬連
⑧-①⑦③⑥⑨

3連単1頭軸マルチ
⑧-①⑦③⑥⑨


⇒12月5日(土)中山11Rと中京11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月5日(土)ステイヤーズS予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月5日(土)金鯱賞予想




無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line