TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月6日(日)チャンピオンズC予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月6日(日)チャンピオンズC予想

馬キュレ
引き続き、データの8号です。

二つ前の記事で書いたアクアラインS。買い目の最後の1頭。直近の成績は冴えませんし、人気もない。ただ、久々を叩いて体調も上向き。前に行きたい馬も揃っているようですし、前崩れなら差し馬のこの馬に「有利な流れになるかもしれない」と思っておりますw

ただ、そう言っても日曜日の注目はチャンピオンズC。

週中の「レース分析」と追加データなどを含めて本命を決めましたが、思ったよりも人気がないようですね…

ではチャンピオンズC

↓↓↓

■中京11R
第16回
チャンピオンズC(GI)
ダ1800m
3歳上OP

【コース分析】
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中京ダ1800m】

【レース分析】
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】チャンピオンズC


※08年~14年の7年間のデータ
※07年までは2100m
※08年~13年は阪神開催のジャパンCダートのデータ

※追加データ

1.厩舎(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率
1位・藤原英昭厩舎
2位・西浦勝一厩舎
3位・加藤征弘厩舎
4位・安田隆行厩舎
5位・高木登厩舎

2.騎手(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位・R.ムーア騎手
2位・岩田康誠騎手
3位・M.デムーロ騎手
4位・武豊騎手
5位・浜中俊騎手

3.血統(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率
1位マンハッタンカフェ
2位ゴールドアリュール
3位サウスヴィグラス
4位スペシャルウィーク
5位ホワイトマズル

週中の『レース分析』を簡単に振り返ると、過去7年、前走で中央の重賞に出走していた馬券対象馬は10頭。内9頭は武蔵野SかみやこS。一方、地方の重賞に出走していた馬券対象馬は9頭。内8頭はJBCクラシック。前走距離で馬券対象が出ているのは1600m~2100m。前走着順は、3着以内が27頭中24頭。残り3頭は、カネヒキリ、ワンダーアキュート、ホッコータルマエのみ。

各分析を踏まえ、最終結論へ。

週中の推奨馬は、コパノリッキー、ノンコノユメ、ロワジャルダンの3頭。

◎ロワジャルダン

ロワジャルダンの前走はみやこS1着。追加データとして、過去7年で前走レース別(10回以上の出走機会)の成績はJBCクラシック組の複勝率が最も良く、次に、みやこSから武蔵野Sと続きます。ただ、JBCクラシックとみやこSはどちらも20%以上ありますが、武蔵野Sは10%台。そして、「レース分析」でも書きましたが、前走距離別の複勝率なら1800m組が最も良く複勝率20%台。一方、前走1600m組は15%台で2000m組は10%台。つまり、週中の「レース分析」と、いくつかの追加データから、今回、最もデータに一致するのは1800mのみやこS1着ロワジャルダンと判断。

実績は他の人気馬より無いかもしれませんが、ここまでのデータを素直に信頼して本命に決定です。

コパノリッキーの前走はJBCクラシック1着。2000m組ですが、前走JBCクラシックは強調データです。また、騎乗するユタカさんは2012年12月以降の3年間で、中京ダ1800mの複勝率が40%近いですし、父ゴールドアリュールも上記の血統データで2位の種牡馬。複数のデータで食指の動く1頭です。近走も安定していますし、逃げると分かっていて後続を凌ぎ切るレースを何度も繰り返していますので、データ+過去実績から素直に二番手。

ノンコノユメの前走は武蔵野S1着。週中の「レース分析」など複数のデータに一致。また、管理する加藤征弘先生は、2012年12月以降の3年間で、中京ダ1800mの成績が、複勝率40%超と好成績ですし、ルメール騎手も過去3年でこのコースの複勝率が30%超。上記の5位以内には入っていませんが、まずまずの成績です。ただ、ひとつ気になるのは、ノンコノユメの父トワイニング産駒は、過去3年で中京ダ1800mに過去9回出走し、馬券対象0回の部分。他のデータから信頼できるはずですので極端に評価は下げませんが、この部分を考慮して、三番目に名前を上げます。

ローマンレジェンドの前走はみやこS3着。データに合致する部分はもちろん、管理する藤原(英)先生は、過去3年の中京ダ1800mで複勝率50%超の好データがありますし、騎乗する岩田くんも、過去3年の複勝率45%超の好成績です。前走3着を考慮して、前3頭より後に名前を出しますが、データからは見逃せない1頭でしょう。

ホッコータルマエの前走はJBCクラシック3着。これまでの実績を考えると、ちょっと後ろ過ぎる順番かもしれませんが、3着という前走成績ですので、データからはこの順番に名前を出します。

以下、前走JBCクラシック2着のサウンドトゥルーとグレープブランデーまで。

なお、グレープブランデーは前走武蔵野S5着とデータからは外れますが、厩舎データで4位と好成績ですし、父マンハッタンカフェも血統データで1位。更に、騎乗するムーア騎手は、騎乗数8回と少ないですが、複勝率60%超と断トツの好データを残しています。また、過去4着以下から巻き返した3頭がそれなりの実績を持っていましたので、フェブラリーSを勝っているこの馬は、追加データと合わせて、押さえていたい1頭と判断します。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑯ロワジャルダン
○⑦コパノリッキー
▲①ノンコノユメ
☆⑨ローマンレジェンド
△⑬ホッコータルマエ
△②サウンドトゥルー
△⑩グレープブランデー

≪買い方≫
単複


馬連
⑯-⑦①⑨⑬②⑩

3連単1頭軸マルチ
⑯-⑦①⑨⑬②⑩


12月6日(日)阪神11Rと中山11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月6日(日)タンザナイトS
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月6日(日)アクアラインS



うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line