TOP > レース > キンパイでカンパイ!【中山金杯】まとめ
レース

キンパイでカンパイ!【中山金杯】まとめ

中山金杯(GIII)の歴代の勝ち馬についての記事やレースをまとめてみた。
競走馬

伝統の「金杯」

inyofu 1952年に中山競馬場で「金盃」として同競馬場の新年最初の重賞競走として創設された。

新年で復活!今年こそ悲願達成へ

2014年の中山金杯はオーシャンブルーが優勝。
inyofu 新春に復活だ。トップハンデタイの5番人気オーシャンブルーが、直線内から鮮やかに抜け出し、新春第1弾の重賞を制した。
F・ベリーに導かれて、インコースを鋭く伸びたオーシャンブルーがV!
http://youtu.be/aheq8oU2phM

アドマイヤ「フジ」が2年連続優勝!

2008年、2009年の中山金杯はアドマイヤフジが優勝!
inyofu 中山金杯(GIII)を制して2009年のスタートを飾ったのは、昨年同様アドマイヤフジだった。
一線級との相手でも、善戦をみせていた。
inyofu 丸1年間勝利のなかったアドマイヤフジだが、前走のジャパンカップダートを除けば古馬中長距離路線の主要レースで常に勝ち馬と1秒差以内の善戦を続けてきた。冷静に考えれば、このメンバーでは格上の存在と言えただろう。

動画を見る

動画を見る

中山金杯は、中山競馬場芝2000メートルで開催されるGIIIレース。関西で開催される京都金杯とともに新年の風物詩として開催される重賞レースである。通常は毎年1月5日に開催される。過去の勝ち馬には歴代屈指のイケメンホースとして多くのファンを持つトウショウファルコ(1992年優勝)や、金杯連覇を達成したアドマイヤフジなどがいる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line