TOP > 地方競馬 > B級グルメを極めるなら地方競馬場へGO!
地方競馬

B級グルメを極めるなら地方競馬場へGO!

各競馬場では実にさまざまなサービスが提供されている。なかでも地方競馬場に足を運んだ際は、その土地のB級グルメが味わえるのだ。 本記事では、各地方競馬場でこれだけは押さえておきたいB級グルメメニューをまとめてみた。
焼き鳥

帯広競馬場 

牛トロ丼
inyofu 昨日の夕飯。帯広競馬場に併設されている とかちむら にある、ビストロKOMNIで、レース後に夕食。
メニューが色々ありめっちゃ迷うが、お腹と相談して軽めのメニューに。
牛トロ丼 洋風。チーズが沢山かかってて、一見こってりしてるみたいですが、すごくさらっと食べれちゃいました。
洋風か和風をチョイスできるところも、ありがたいサービスだ。

盛岡競馬場

サイズにびっくりする「ジャンボ焼き鳥」
inyofu 盛岡競馬場名物焼とりは、そのサイズに驚かされる一品です。唐辛子をかけてもいいと伝えると、ご覧のように思いっ切りかけてくれます。
inyofu ジャンボ焼き鳥はホントにジャンボで、これ1本で結構お腹いっぱいになります(350円)。

浦和競馬場

薄めの味付けで素材そのものの味が楽しめる「きゅうり」
inyofu 浦和競馬場名物のきゅうり(1本100円)。へたを落としたきゅうりはかなり薄めの味付けで、きゅうりそのものの甘みを感じられてしまいます。
この揚げ方はなかなかみたことない 「チキンカツ」
inyofu 骨付き鶏もも肉を開いて揚げたチキンカツはそのボリュームと値段(250円)に満足の一品。
店のおばちゃんにソースをつけてもいいと伝えると、まるで二度づけ禁止の串カツかの如く、ソースの池に潜らせてから渡してくれます。

船橋競馬場

あんかけ焼きそば
inyofu 麺は柔らかめの中細麺。焼きそばの具はキャベツと挽肉のみ。餡はカレー風味で粘度は低め。餡の具はキャベツ、人参、玉ねぎと僅かな豚肉。青海苔や紅生姜、酢はカウンターに置かれていてセルフサービスとなっている。焼きそば自体のソースの味わいと餡のカレー風味、野菜の甘味が渾然一体となり何ともジャンクな美味しさである。地方競馬というロケーションに安っぽいカレー味が合わないはずがない。ボリューム的には軽く食べられる程度だが、こういう場では少量ずつ色々食べたいので丁度良い。

名古屋競馬場

カツ丼ではなくて「串カツ丼」
inyofu 画像の串カツ丼は、小さい画像にすると見た目が何だかアレですが、名古屋らしい味わいを堪能できる一品。100円で販売されている串カツが3本乗って500円、つまりご飯部分が200円ということですね。

園田競馬場

冬限定のため待ち遠しい「かす汁」
inyofu みんなは「かす汁」って食べたことある?簡単に言うと、だし汁に酒粕を溶いた汁物のこと。ボクは初めて食べたんだけど、これはクセになりそう…。具も野菜や鮭などがたっぷり入っているから、食べ応えも満点!11月~3月の冬期限定メニューだけど、寒い日にはココのかす汁であったまるのが一番だよ!
冷えた体を暖かい「かす汁」で癒して、再びレースに臨む活力とするのもいいだろう。

佐賀競馬場

九州の欠かせない味「ちゃんぽん」
inyofu 入場門脇のお店のちゃんぽん(600円)。炒めた具材がたっぷり山盛り、にんにくチップがかかってスタミナたっぷり、とんこつスープの匂いはキツめですが、九州らしい一品です。

まだまだ紹介しきれない程ある競馬場のB級グルメ。食べ物にもその土地の特色が出る。
そこでしか味わえないものを食べながら競馬を楽しむことは、
実際にその競馬場を訪れたからこそできる最高の贅沢といえるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line