TOP > 予想/馬券 > 予想まとめ【第67回阪神JF】勝ち馬は5番人気以内から!?
予想/馬券

予想まとめ【第67回阪神JF】勝ち馬は5番人気以内から!?

12月13日(日)阪神競馬場で行われるGI【第67回阪神ジュベナイルフィリーズ】は2歳女王決定戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 5番人気以内の馬が優勢

過去10年の単勝人気別成績を調べると、最も勝率が高いのは「5番人気」で、それに「1番人気」と「4番人気」が続いている。3着内率では「1番人気」・「2番人気」・「4番人気」が50.0%でトップタイとなっており、「3番人気」を除けば上位人気馬の好走率に大きな差はない。それに続く「6~9番人気」からは7頭が3着以内に入っているが、「10番人気以下」の馬で3着以内に入ったのはわずか2頭にとどまっており、下位人気馬が上位に食い込む可能性はあまり高くないようだ。
inyofu デビュー戦の距離は要チェック

過去10年の出走馬の成績をデビュー戦の距離別に調べてみると、好走率で上位となっているのは、デビュー戦が「芝1800m」と「芝1500~1600m」のレースだった2グループだ。デビュー戦が「芝1200m以下」だった馬も3着以内に8頭入っているが、勝ち馬に限れば2005年のテイエムプリキュア以来出ていない。デビュー戦の距離は、しっかり確認しておきたい。
inyofu 4着以下に負けた経験のない馬が強い

過去10年の出走馬の、デビュー以来の最低着順別に成績を調べると、勝ち馬10頭すべてが4着以下に負けた経験のない馬だった。また、3着以内馬で見ても30頭中27頭が4着以下に負けた経験がない馬で、4着以下に負けた経験のある馬は苦戦を強いられている。2歳女王の座を争うレースとあって、デビュー以降大きく崩れた経験のない馬に注目すべきだろう。
inyofu ×単勝100倍以上
(0-0-0-34)
×関東馬で単勝オッズ50倍以上
(0-0-0-23)
×前走OP特別だった馬で当日2番人気以下
(0-0-0-22)
×前走未勝利だった馬で当日2番人気以下
(0-0-0-12)
×前走重賞・OP特別で5着以下
(0-0-0-39)
×前走500万下で3着以下
(0-0-0-14)
×前走着差負け0.6秒以上
(0-0-0-38)
△前走重賞・OP特別で6番人気以下
(0-1-1-26)
×前走500万下・新馬・未勝利で6番人気以下
(0-0-0-19)
×前走1300m
(0-0-0-22)
×前走ダート
(0-0-0-9)
×間隔2週以内
(0-0-0-24)

阪神外1600m騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 川田将雅(26-11-15-95)17.7% 25.2% 35.4%
岩田康誠(17-21-22-93)11.1% 24.8% 39.2%
小牧太 (14-12-7-103)10.3% 19.1% 24.3%
池添謙一(9-10-5-78)  8.8% 18.6% 23.5%
松山弘平(5-6-6-82)  5.1% 11.1% 17.2%

ルメール(5-5-4-14)  17.9% 35.7% 50.0%
横山典弘(2-2-2-12)  11.1% 22.2% 33.3%
菱田裕二(2-2-2-42)  4.2% 8.3% 12.5%
柴田大知(2-0-0-7)  22.2% 22.2% 22.2%
四位洋文(1-9-7-60)  1.3% 13.0% 22.1%

松岡正海(1-1-0-14)  6.3% 12.5% 12.5%
三浦皇成(1-0-1-17)  5.3% 5.3% 10.5%
古川吉洋(1-0-1-18)  5.0% 5.0% 10.0%
藤岡康太(0-4-9-61)  0.0% 5.4% 17.6%
川島信二(0-2-3-44)  0.0% 4.1% 10.2%

勝浦正樹(0-2-1-4)   0.0% 28.6% 42.9%
田辺裕信(0-0-0-11)  0.0% 0.0% 0.0%
アッゼニ(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(54-38-33-193)17.0% 28.9% 39.3%
キングカメハメハ (15-16-22-163) 6.9% 14.4% 24.5%
ダイワメジャー  (13-18-18-97) 8.9% 21.2% 33.6%
マンハッタンカフェ(11-6-6-69)  12.0% 18.5% 25.0%
ステイゴールド  (9-13-8-84)  7.9% 19.3% 26.3%

メイショウサムソン(0-1-0-8)   0.0% 11.1% 11.1%
スクワートルスクワート(0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%
パイロ      (0-0-0-3)   0.0% 0.0% 0.0%
トーセンファントム(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

巻き返しは必至 メジャーエンブレム

inyofu ダイワメジャー産駒。母の父オペラハウス。 新馬戦、アスター賞をともに好位から差し切る強い勝ち方で2連勝。前走のアルテミスSは、大外枠15番からのスタートで前に壁がつくれず先頭へ。直線大外から差されて2着も力を示した。差しが決まりやすい阪神マイルだが、地力があるだけに巻き返しは必至だ。
これまで3戦して2勝2着1回の成績を残しており、安定感という意味では今回の出走メンバーに入っても上位と言えるだろう。スケールの大きさは感じないが、弱点も見当たらない印象だ。

抑えておいて損はない アドマイヤリード

inyofu 新馬戦では素質馬といわれているシルバーステートを倒しており、能力はあると思いますが、2戦目のファンタジーステークスではキレ負けです。 上がり3ハロンで33秒台前半を求められるようなレースになると厳しそうです。 この阪神JFは上がり3ハロンがそこまで速くなることはありません。 松田博厩舎もこのレースとの相性がよく、人気がないようであれば抑えておいて損はないと思います。
前走白菊賞をは道中は折り合って追走、4コーナーは内から馬群をうまく割って33秒9末脚で抜け出して快勝。勝負根性があり、多数頭レースに強いと思われる。1600mを2勝で距離適性は一番高い。

阪神外回りコースはプラス キャンディバローズ

inyofu 札幌1500mの未勝利に続いて、一息入れたあとの前走ファンタジーステークスも連勝。好位につけて直線キッチリと差しきるセンスの良さがウリです。1600m以上の経験がないことが不安視されそうですが、競馬は上手なタイプでそれほど気にすることはなさそう。前走でもラスト50mでの伸びが目立っており、坂のある阪神外回りコースはプラスになりそうです。レースを使いながら仕上げる矢作厩舎。休み明けを叩いての上積みも大きく期待できるだけにしっかりマークしておく必要があります。
前走のファンタジーSは京都1400mで行われ、本レースの舞台である阪神1600mとは求められる能力が違うと考えられるため評価は難しいが、本馬は阪神・外回りコースに強いディープインパクト産駒、抑えるべきだろう。

極上のキレ味 アットザシーサイド

inyofu 出走予定馬のレースは一通り見てみました。強いと思ったのは多数いましたがその中でも群を抜いて強いと感じたのがこの馬。 まさに極上のキレ味。 過去の馬と比べるのは好きじゃないが ブエナビスタに似た感じを受けた。 前走大幅馬体重減、距離、坂、鞍上弱化 不安要素は多々あるのは承知ですが それを踏まえても1枚抜けている。 スローペースもハイペースも経験して両方勝ちきったあたり素質を感じる。
唯一のキャリア2戦以上の無敗馬。デビューから2戦ともに1番人気、上がり3ハロンタイムも1位と、まだ底が見えない印象。これまでの2戦から1600mは全く問題なさそうだ。

将来性は高い デンコウアンジュ

inyofu タフさとパワーが売り物のメイショウサムソン産駒で、しかもかなり古い牝系。前走アルテミスSでの他を超越した末脚も、異色の配合の由縁だろう。それでいてシッカリ母の母父にはサンデーサイレンスも入っている。実にバランスが良く、将来性は高い。現時点の完成度は決して高い血統ではないのにこのパフォーマンスだから、能力は推して知るべしだ。
前走アルテミスSで-18kgだった馬体は太めが絞れたもので、それが直線の爆発力につながったと考えていいはずだ。未だ実力は半信半疑な部分もあるが、重賞連勝でのGI制覇を達成することができれば、堂々の主役候補として来春を迎えることになる。

母父は気にしない方が良い ブランボヌール

inyofu 3ヶ月の休み明けとなった前走ファンタジーステークスで3着。内々の好位につけて進め、ゴール板では混戦に持ち込みましたが抜け出すことはできませんでした。それでもラストはまだ伸びていて、距離が問題ではなさそう。むしろ休み明けプラス10kgの方が響いて最後に伸び切れなかった印象です。今回はさらに200m伸びますが、母父サクラバクシンオーを気にしない方が良いのはすでに多くの人が体感した事実(意味わかりますよね?)。函館2歳ステークスの圧勝は印象的で、こちらも叩いて上積みがあれば争覇圏内でしょう。
前走ファンタジーSで は1番人気に支持されるも3着、休み明けということを考えれば、まずまず評価できる内容。実戦を1度使われた上積みが見込める今回は、大きく変わってくるはずだ。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想は

◎メジャーエンブレム
○デンコウアンジュ
▲アドマイヤリード
△クロコスミア
×アットザシーサイド
☆ブランボヌール
 キャンディバローズ
 クードラパン
 ウインファビラス

本命はメジャーエンブレム。前走アルテミスSは大外から先頭を切る形で、最後の最後でデンコウアンジュの末脚に屈して2着。負けたとはいえ一番強い競馬をしたのはこの馬。今回はさすがにハナを切ることはないと思うので、好位から正攻法で勝ち負けだろう。

デンコウアンジュも展開がハマったとはいえ前走-18kgからあの末脚は本物。タフさとパワーが売りのメイショウサムソン産駒であのキレ味はこの舞台でも通用すると見て対抗。

アドマイヤリードは、ファンタジーSで8着に敗れはしたが、適性は阪神1600mの方が確実に上。京都、中京の異なるコースで1600mを勝利しているのは評価し3番手。

クロコスミアは、使い詰めでなければ本命に押したかったが、半年で8戦目はさすがに疲れが出そう。馬場が渋れば勝機もある。

馬券は◎→○△▲の馬連を厚め

◎一頭軸の3連複から印の馬に流し


↓阪神ジュビナイルフィリーズ出走馬まとめはこちら↓
「メジャーエンブレム」ダイワメジャー譲りのたくましい馬体でパワーが違う【阪神JF】
「クードラパン」抜群の伸び脚でいい動き!成長を感じる【阪神JF】
「アットザシーサイド」センスのいい優等生が鮮やかに差しきる!【阪神JF】
「ウインファビラス」攻め馬は抜け出す時の脚が早い!【阪神JF】
「デンコウアンジュ」気が強いが軽い走りで底知れぬ可能性【阪神JF】
「ブランボヌール」ひと叩きしてガス抜き!弾むような脚さばき【阪神JF】
「ペルソナリテ」切れ味は秘めているが良馬場で走りたい!【阪神JF】
「アドマイヤリード」バネのある走り。好調アピール!【阪神JF】
「キャンディバローズ」小柄でも歯切れのいい脚さばき【阪神JF】



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line