TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月12日(土)浜名湖特別予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月12日(土)浜名湖特別予想

馬キュレ
引き続きデータの8号です。

そーいえば、何週間前かに「企画のデータ集め手伝いますので連絡ください!」とコラムで記載したところ、1号師匠から

「騎手データ集めて!」

との要望をいただき、先週集めさせていただきました。
先週皆さん参考にしていただけましたか?

なお、一度やり出すと凝り性のワタクシ。
日々の仕事をこなしつつ、かつ筋肉痛と戦いながら、今週も騎手データを出しただけでなく、前回出さなかった別項目の騎手データも算出してお渡ししておりますので、是非新企画に注目いただければと思います。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

では、浜名湖特別の最終結論です。


↓↓↓

■中京11R 浜名湖特別
ダ1800m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中京ダ1800m】
3歳上1000万下

※データは12年以降の中京ダ1800m、3歳上1000万下の計8戦から

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当4,082円。最高は14年の浜松特別13,180円。最低は14年の濃尾特別490円。3連単の平均配当109,167円。最高は12年の御嶽特別532,810円。最低は14年の濃尾特別9,420円。

過去8戦で、1番人気(4,2,0)複勝率75%、2番人気(3,2,0)複勝率62%超。1番人気と2番人気は好成績。3番人気以下は同程度のデータ。なお、10番人気以下も4頭が馬券対象馬。

2.前走条件

前走条件別は、最多6勝を前走1000万下組。馬券対象馬は(6,7,5)と大半。ただ、出走頭数も多く複勝率20%程度。また、出走数は少ないですが、前走OP特別組は複勝率60%と高く、前走1600万下組も複勝率25%と1000万下組を上回ります。一方、前走500万下組は過去22頭の出走で3着馬が2頭のみ。複勝率は10%未満と低めのデータ。今回の出走馬に前走OP特別組や1600万下組はいませんので、前走条件別の狙いは1000万下組でしょう。

3.前走距離

前走距離別は、同距離の1800m組(7,4,6)と大半を占めていて、複勝率は約25%。また出走頭数は少ないですが、前走1600m組は7頭の出走で4頭が馬券対象馬になっており、複勝率は約57%。また前走1400m組も出走頭数が一桁と少ないですが、馬券対象馬を出しています。一方、前走1900m以上の距離は計25頭の出走で馬券対象馬は1頭のみ。距離短縮組は厳しいデータが出ています。

4.前走着順

前走1着組は複勝率10%未満。前走2着~4着組は複勝率40%超。前走5着は30%台。昇級組の前走1着を除いて、前走好走組が好成績のデータ。

5.厩舎(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・角居勝彦厩舎
3位・湯窪幸雄厩舎
4位・大橋勇樹厩舎
5位・崎山博樹厩舎

6.騎手(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・古川吉洋騎手
2位・水口優也騎手
3位・松若風馬騎手
4位・鮫島良太騎手
5位・勝浦正樹騎手

7.種牡馬(中京ダ1800mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位スクワートルスクワート
2位マンハッタンカフェ
3位ハーツクライ
4位ゴールドアリュール
5位カネヒキリ

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎サクセスグローリー

過去8戦で前走1000万下組(6,7,5)。一方、前走500万下組は22頭の出走で馬券対象馬2頭のみですので、今回は前走1000万下組を中心に考えます。また、過去8戦の馬券対象馬24頭中で、前走1400m~1800m組(8,7,8)。残り1頭は前走芝2400mですので、狙いの中心も1400m~1800mの範囲内でしょう。
今回のメンバーで上記の条件に該当するのは6頭。その中で本命に決めたのはサクセスグローリー。前走は現級で1番人気11着に敗れていますが、降級戦の前々走1着、4走前に1000万下2着の実績があります。また管理する藤原先生は2012年12月以降の3年間で、中京ダ1800m戦は複勝率50%の好データ。騎乗する鮫島(良)くんもこの条件で好成績の乗り役。他馬との比較から総合的に考えて、この馬を軸にします。

トゥヴァビエンは前走1900mの1000万下3着。この条件は前走2着~4着組が複勝率40%超のデータがありますので、前走3着は軽視できません。また父スクワートルスクワートは種牡馬データでトップなのも魅力的です。距離短縮組の成績がパッとしませんので、この順番にしますが、着順データを信頼して上位の判断です。

カレングラスジョーは前走2100mの1000万下2着。前走2000m以上に出走していた馬は、この条件で成績が良くありませんので、前2頭より評価を下げますが、トゥヴァビエンと同様に前走好走組。その点を評価してこの順番。

ポンデザムールとジョーチャーリーは前走1600m出走組。ポンデザムールは前走9着、ジョーチャーリーは前走14着と、どちらも成績は良くありませんが、前走距離別データで、前走1600m組の複勝率は57%超。このデータを信頼。2頭とも人気はないかもしれませんが、大駆けに期待です。

以下、マルカウォーレン、マッシヴヒーローまで。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑩サクセスグローリー
○⑦トゥヴァビエン
▲③カレングラスジョー
☆⑥ポンデザムール
△⑫ジョーチャーリー
△⑤マルカウォーレン
△②マッシヴヒーロー

≪買い方≫
単複


馬連
⑩-⑦③⑥⑫⑤②

3連単1頭軸マルチ
⑩-⑦③⑥⑫⑤②


12月12日(土)阪神11Rと中山11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月12日(土)チャレンジカップ予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月12日(土) ラピスラズリS予想



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line