TOP > レース > メジャーエンブレムGI初制覇!【第67回阪神JF】レース結果まとめ
レース

メジャーエンブレムGI初制覇!【第67回阪神JF】レース結果まとめ

12月13日(日)阪神競馬場で行われたGI【第67回阪神JF】今回もレース結果やコメント等まとめてみた。
馬キュレ

ジュべナイルフィリーズはメジャーエンブレムが優勝

inyofu 12月13日、阪神競馬場で開催された第11R・阪神JF(GI、芝1600m)は、抜群の好スタートを決めた1番人気メジャーエンブレム(牝2、美浦・田村)が、道中好位3番手でレースを進めると、勝負どころでは抑え切れない手応えで早々に先頭へ。直線に入ってもまったく脚色が鈍ることなく、楽々と後続の追撃を退け、2歳女王の座に就いた。勝ちタイムは1分34秒5(良)で、鞍上はC.ルメール騎手。2馬身差の2着は中団外めから力強く伸びてきた10番人気ウインファビラス、2着に1馬身1/4差の3着は3番人気ブランボヌールが入っている。なお、2番人気に推されたデンコウアンジュは外から早めに押し上げていったものの、前走のような伸び脚は見られず、7着に敗れた。

▽配当
単勝2 250円
馬連2-13 3500円
馬単2-13 4950円
3連複2-11-13 7640円
3連単2-13-11 3万9480円
(2.メジャーエンブレム、13.ウインファビラス、11.ブランボヌール)

▽【メジャーエンブレム】
父ダイワメジャー
母キャッチータイトル
母父オペラハウス
通算4戦3勝
動画を見る

レース後コメント ルメール騎手「来年のクラッシックも楽しみ」

inyofu 内枠から、とてもいいスタートを切れました。最初は少し引っかかりましたが、道中は落ち着いてリラックスしていました。長くいい脚を使ってくれましたし、最後までがんばってくれました。JRAのジョッキーになって、初めてGIを勝てて本当に嬉しいです。彼女(メジャーエンブレム)はとてもいい馬ですし、来年のクラシックも楽しみです」
ルメールも初のGI制覇でダブルでおめでたい。

田村康仁調教師「18年は短かった」

inyofu 「嬉しいです。この馬はGIをとれる馬だと信じていて、それが証明できてよかったです。前走は騎手に反抗するところはありましたが、調教を重ねて、今回はコントロールできていました。仲のいい調教師が続々と勝つ中で、自分にどうして順番が回ってこないのかと考えることもありましたが、勝ってみると18年は短かったという思いです」

人気薄を覆す走りで2着 ウインファビラス

inyofu 2馬身差はまさに完敗。ただ、これまで4場でレースを経験、馬場が渋っても結果を出しているようにタフさと器用さを兼ね備えている馬。成長力のあるステイゴールド産駒だけに来春の逆転の可能性は十分に秘めている。来年の始動戦は未定だが、この日につけられた2馬身差をどれだけ縮められるのか――今後の鍛錬と成長が同馬にとってのキーワードとなる。

外から伸びるも3着 ブランボヌール

inyofu 3着 ブランボヌール(中竹和也調教師)
「ジョッキーによると、バカついた馬がいて外を回らされる形になったということでした。ただ、外から伸びているのはこの馬だけでしたし、がんばってくれたと思います」

その他着順&コメント

inyofu 4着 ペプチドサプル(古川吉洋騎手)
「向正面でガチャガチャしていましたが、ひるまずによく伸びてくれました」

5着 アットザシーサイド(三浦皇成騎手)
「内の馬を気にして、外に張り気味でした。それでも最後は外に出して、いい脚を使っています。タフな馬場でがんばってくれていますし、ラストはペースが落ち着いた分、脚色が一緒になっていましたが、能力は高い馬です」

6着 ペルソナリテ(柴田大知騎手)
「最後にハミをとって、グンと伸びてくれました。能力はありますが、ペース的にあの位置からではちょっと厳しかったですね。ただ、これからさらによくなってくると思います」

8着 クロコスミア(勝浦正樹騎手)
「初めて伸びませんでした。今まででいちばん馬とのコンタクトはよかったですし、勝った馬の後ろでしたから、いい位置だったと思います。どうしたのでしょうか......」

9着同着 アドマイヤリード(菱田裕二騎手)
「ゲートを出る前の馬の雰囲気はよかったのですが、3~4コーナーでは逆手前になっていて、バランスを崩すようなところもありました。今日は勝った馬のペースになってしまったことも響きました」

 メジャーエンブレムは4コーナー付近で先頭に立ち、直線でさらに脚を伸ばして後続との差を広げ、2馬身差で堂々のGI初制覇。ルメールもJRA所属となって初のGI制覇、田村康仁調教師も中央GI初勝利とトリプルでおめでたいレースとなった。今後の展開も楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line