TOP > 競走馬 > 「シュウジ」間違いなくスピードはトップクラス!【キーンランドC】
競走馬

「シュウジ」間違いなくスピードはトップクラス!【キーンランドC】

スピード能力豊かなシュウジがキーンランドCに出走する。デビューから3連勝で小倉2歳ステークスを制してGⅠ制覇が期待されたが、その後は自分の競馬ができずに勝ちきれない競馬が続いていた。しかし年末の阪神カップではGI馬を差し切り久々の勝利。今年に入っての3戦は人気に応えることは出来ず惨敗が目立つが、得意の洋芝で巻き返したいシュウジについてまとめてみた。
シュウジ

【阪神C】まさか出遅れも差し切りで久々の勝利!

スタートで後手を踏んでしまったが、鞍上の川田騎手が懸命になだめながら6番手につける。直線でうまく外に出しながら脚を伸ばすと、内で粘るイスラボニータをアタマ差捕らえ、小倉2歳S以来となる勝利を収めた。
動画を見る
inyofu 1着 シュウジ(川田将雅騎手) 「良い雰囲気で競馬を迎えられましたし、1400mでこういう競馬が出来て何よりです。良いスタートではありませんでしたが、その後リズムを取りながらハミを噛み過ぎないように、リラックスできるようにレースをしました。外へ逃げる面を見せることなく、何とか最後は届いてくれました。日本には1400mのGIはありませんが、こういう競馬が出来たことは、この馬の将来は明るいと思います」

【高松宮記念】ハイペースに耐えられなかったか...

スタートよく飛び出していき、先頭争いに加わる。前半600m通過は33.8と稍重の馬場としてはハイペースでレースは進み、直線では坂に入りかかったところで力尽きてしまい15着と大敗してしまった。
動画を見る
inyofu 川田騎手(シュウジ=15着)「ゲートはよすぎるぐらい出て、リズムよく走れましたが、直線入り口で脚が上がってしまいました。こういう馬場も苦しがっていました」

【函館スプリントS】ハイペースでスタミナ切れ...

2番人気で迎えた函館スプリントS。勢いよく飛び出していくが、前半の600m通過が32.2というハイペース。直線手前までは先頭に立っていたが、残り200mで後続に捕まりズルズルと後退、10着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 武豊騎手(シュウジ=10着)「このメンバーだとテンは一番速い。ペースも速かったけど、馬とケンカしたくなかったので。最後は外に逃げていたし、まだ本物の状態ではないのかも」

【キーンランドC】追い切り 直線の追い比べできっちりと先着!

inyofu シュウジの1週前追い切りはウッド5ハロン70・7―40・8―12・5秒。格下相手とはいえ、直線の追い比べできっちりと先着。急ピッチに乗り込まれ、徐々に体も締まってきた。
inyofu 山田助手「1週前追いは道中の折り合いがスムーズについてラストまでしっかり。動きは良かった。前走(函館SS=10着)はテンの入りが速くて行き過ぎた感じもあった。道中でためが利けば前回のようなことはないと思う」

コース適性が高そうな馬に注目

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中21頭は、「前年以降に札幌もしくは函館競馬場の芝1200mで行われた1600万下から上のクラスのレース」において連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率33.9%と好走率も高い。札幌・函館の芝1200mに実績がある馬は高く評価したいところだ。

昨年の北海道のスプリント2重賞では連続2着という実績を残しており、洋芝適性は間違いなく高い。前走はレコードの出るような馬場でこの馬向きの馬場では無かったのが敗因の一つである。札幌競馬場の芝は高速決着ではなく、例年通りのタイムが出ているので今回は実力をフルに発揮できるはずである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line