TOP > 競走馬 > 「シュウジ」ためさえ利けば、しまいははじける馬!【函館SS】
競走馬

「シュウジ」ためさえ利けば、しまいははじける馬!【函館SS】

昨年の阪神カップで復活を遂げたシュウジが函館スプリントステークスに出走する。デビューから3連勝で小倉2歳Sを制してGⅠ制覇が期待されたが、その後は自分の競馬ができずに勝ちきれない競馬が続いていた。阪神カップではGI馬を差し切り久々の勝利。その後の2戦は人気に応える競馬は出来ていないが、得意の洋芝で巻き返したいシュウジについてまとめてみた。
シュウジ

【阪神C】まさか出遅れも差し切りで久々の勝利!

スタートで後手を踏んでしまったが、鞍上の川田騎手が懸命になだめながら6番手につける。直線でうまく外に出しながら脚を伸ばすと、内で粘るイスラボニータをアタマ差捕らえ、小倉2歳S以来となる勝利を収めた。
動画を見る
inyofu 1着 シュウジ(川田将雅騎手) 「良い雰囲気で競馬を迎えられましたし、1400mでこういう競馬が出来て何よりです。良いスタートではありませんでしたが、その後リズムを取りながらハミを噛み過ぎないように、リラックスできるようにレースをしました。外へ逃げる面を見せることなく、何とか最後は届いてくれました。日本には1400mのGIはありませんが、こういう競馬が出来たことは、この馬の将来は明るいと思います」

【阪急杯】入れ込みがきつく...

好スタートで3番手に位置取るが、終始掛かりどうしでスタミナを消耗してしまう。4コーナーを回ったところでもう脚は無くなってしまい、直線では1度も先頭に立つことなく終わってしまった。
動画を見る
inyofu 8着 シュウジ(川田将雅騎手) 「テンションが凄く高かったですし、レース前のイレ込みもきつかったです。レース自体も4コーナーで一杯になってしまっていました。今日は距離がどうこうと言うよりも、イレ込みがこたえました。これを使って変わってくれればいいですね」

【高松宮記念】ハイペースに耐えられなかったか...

スタートよく飛び出していき、先頭争いに加わる。前半600m通過は33.8と稍重の馬場としてはハイペースでレースは進み、直線では坂に入りかかったところで力尽きてしまい15着と大敗してしまった。
動画を見る
inyofu 川田騎手(シュウジ=15着)「ゲートはよすぎるぐらい出て、リズムよく走れましたが、直線入り口で脚が上がってしまいました。こういう馬場も苦しがっていました」

【函館SS】追い切り 調教師も納得のデキ!

inyofu 俊敏な脚さばきで好時計をたたき出した。シュウジは14日、函館芝で5F62秒2-34秒8-11秒5。前を行く僚馬2頭を目標に運び、4角では大外へ。直線に入ってから、鞍上の松田(レースは武豊)が送り出すゴーサインにしっかりと応えて豪快に突き抜けた。
inyofu 動きを見届けた須貝師は「前走から間隔があいているので、ある程度はやっておかないと。あれだけ外を回りながらこの時計だからね。思い通りの調整ができた」と満足顔だ。

GI やGII での実績がポイント

inyofu 過去10年の優勝馬10頭は、いずれも「JRAのGI かGII」で7着以内に入った経験がある馬だった。該当馬は〔10・7・7・58〕(3着内率29.3%)と好走率も比較的優秀だ。ちなみに、「JRAのGI かGII」で連対経験があった馬は〔7・3・3・18〕(3着内率41.9%)と好走率がより高くなっている。該当馬が出走してきたらぜひ注目しておこう。

春の2走は残念な結果に終わってしまったが、昨年は函館スプリントステークスとキーンランドカップで連続2着と高い洋芝適性を見せていたこともあり、チャンスは十分にある。GI馬や重賞ウイナーが顔を揃えている中でも実績は上位であり、半年ぶりの重賞制覇といきたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line