TOP > 競走馬 > 「エアスピネル」リズムを守りながら俊敏に反応!【東京新聞杯】
競走馬

「エアスピネル」リズムを守りながら俊敏に反応!【東京新聞杯】

昨年のクラシックでは皐月賞、ダービーで4着、菊花賞3着と世代でもトップクラスの実力の持ち主であるエアスピネルが重賞連勝を懸けて東京新聞杯に出走する。強豪相手にも真っ向勝負する姿は多くのファンを魅了している。前走の京都金杯は着差こそはわずかであったが、高いマイル適性を見せることができた。距離短縮で素質開花目前のエアスピネルについてまとめてみた。
エアスピネル

エアスピネルの血統!

inyofu 母エアメサイアは現役時代、デビュー戦から引退レースまで武豊騎手が手綱を取り、秋華賞(G1)とローズS(G2)を制覇したほか、オークス(G1)とヴィクトリアマイル(G1)で2着と健闘しました。シーザリオ、ラインクラフト、ディアデラノビアなど、粒ぞろいの世代だったと思います。残念ながら5頭の産駒を残して昨年秋に死亡してしまいました。本馬のほかに、4勝を挙げて繁殖入りしたエアワンピース(父ロックオブジブラルタル)がいます。現1歳の全弟が最後の産駒となります。
inyofu 2代母エアデジャヴーは、クイーンS(G3)を勝ち、オークス2着、桜花賞(G1)と秋華賞で3着などの好成績を残しています。アイドリームドアドリームの牝系は活力があり、エアデジャヴーの半弟にエアシャカール(皐月賞、菊花賞)、エアメサイアの全兄にエアシェイディ(アメリカJCC)がいるほか、現役馬ではエアソミュールが毎日王冠(G2)と鳴尾記念(G3)を勝っています。

【神戸新聞杯】レーススタイルを一転!

2番人気に支持されて挑んだ神戸新聞杯。これまでのレーススタイルとは一転、後方から3番手に控える。勝負所ではレッドエルディストの後ろからポジションを上げていき直線へ。一瞬良い伸び脚を見せたが坂を上ってからはあまり伸びず5着。
動画を見る
inyofu 5着 エアスピネル(武豊騎手) 「レース前は今までで一番落ち着いていました。道中の折り合いもバッチリで、リラックスして走って、直線どれだけの脚を使うかと思ったのですが、初めてこの馬らしい脚が使えませんでした。ただ、課題だった落ち着きも良くなっていますし、京都で巻き返したいです」

【菊花賞】距離不安も何のその!3着に食い込む!

神戸新聞杯の内容から距離不安が囁かれ6番人気での出走。スタートから好位のインで待機、スタンド前では掛かる面を見せたが落ち着き向こう上面2周目へ。直線では最内に潜り込んで追い上げる。サトノダイヤモンドには及ばなかったものの、激しい2着争いを演じるところまで来ていた。
動画を見る
inyofu 3着 エアスピネル(武豊騎手) 「引っ掛かってしまいましたね。1周目から向正面までずっと力んで走っていました。折り合っていれば結果は違ったかもしれません。それでもよく頑張って走っています」

【京都金杯】やはり適性があるのはこの距離!

朝日杯FS以来の1600mで、まずまずのスタートから先行集団に取り付けると、頭を上げていきたがるしぐさを見せる。3コーナーの下り坂で外からポジションを上げて直線に向かう。残り200mで先頭に立ち、最後は差を詰められたが何とか押し切った。
動画を見る
inyofu 1着 エアスピネル(武豊騎手) 「久しぶりにこの馬で勝てたので嬉しいです。行きっぷりが良かったですし、このくらいの距離が乗りやすいと思います。3~4コーナーでは良い感じで外めを回っていました。直線では弾けると思いましたが、もたついてしまいました。しかし、この馬は地力があります。この馬にかけるものは大きいので、良いスタートが切れて良かったです。今後も楽しみです」

【東京新聞杯】追い切り 好時計を楽に叩きだす!

inyofu エアスピネルは坂路で単走。1週前に坂路でビシッと追われて4ハロン51・8秒の好時計をマークしたので、この日は上がりの感触を確かめる程度。それでも鞍上のゴーサインにスッと反応してラスト1ハロン12・5秒(4ハロン54・1秒)を楽に叩き出した。
inyofu 笹田調教師「前走(京都金杯=1着)時よりも反応が良くなって素軽さが出てきたね。装鞍を含めてだいぶおとなしくなり精神的にも成長してきた。京都金杯が強い内容でマイルの適性を見せてくれた。今後はマイラーズCから安田記念を予定しているので青写真通りになってほしい」

GI、GII での経験が糧になる?

inyofu 過去10年の東京新聞杯では「4走前までにGI またはGII で5着以下に敗れていた」という経歴を持っている馬が毎年連対している。これに該当した馬たちの中には、人気薄だった馬も少なくない。予想するときには、この点を組み入れてみると面白いかもしれない。

京都金杯の勝利は、未勝利のまま終わってしまった2016年のうっぷんを晴らすかのような素晴らしいものであった。この馬の京都金杯制覇から4歳世代が爆発的に活躍しておりまだまだその勢いも十分である。ダービーの時のあの抜け出し方を見ると、東京の1600mではさらに高いパフォーマンスを披露することが可能であろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line