TOP > 競走馬 > 「エアスピネル」舞台適性は十分!勝って春のGIへ弾みをつけたい!【マイラーズC】
競走馬

「エアスピネル」舞台適性は十分!勝って春のGIへ弾みをつけたい!【マイラーズC】

マイル重賞で3勝を挙げているエアスピネルがマイラーズCに出走する。昨年はマイル路線に照準を定めて京都金杯を制すると、春は安田記念5着、秋初戦の富士Sを制した後のマイルCSではハナ差の2着とGI制覇まであと一歩までのところまで手を届かせた。明け5歳になって更なる活躍が期待されるエアスピネルについてまとめてみた。
エアスピネル

【札幌記念】流れが向かず...

大外枠からスムーズに先行すると、1000m通過は1分00秒7とゆったりとしたペース。4コーナー手前でペースが上がり、直線に入ったところで先頭に立つも、外から後続各馬に差し切られてしまい5着に終わった。
動画を見る
inyofu 5着 エアスピネル(ルメール騎手) 「3番手からリラックスして走り、レースとしてはとても良かったと思いますが、4コーナーでは反応が遅くなり、止まってはいないが伸びもしない直線でした。少し距離が長いようです」

【富士S】久しぶりの重賞勝利!

道悪馬場で行われた富士S。好スタートから3番手集団の位置に構える。勝負所で前が空いて、外に持ち出して先頭で直線を迎えると、そのまま力強く押し切り重賞制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 エアスピネル(武豊騎手) 「完勝でした。スタートも道中もスムーズに行けましたし、道悪も苦にしませんでした。色々な距離で走れますが、やはりマイルが安定しています。次に向けて良いレースが出来ました」
inyofu (笹田和秀調教師) 「完勝でした。道悪は以前走ったことがあり、今日も問題なかったです。直線で先頭に変わるのが早かったので後ろから来ないか不安でしたが、ジョッキーがうまく乗ってくれました。次走は、引き続き武豊騎手でマイルチャンピオンシップへ向かいます」

【マイルCS】ハナ差でGIタイトルを逃す...

横一線のスタートから先行集団を前に見るように6,7番手辺りを進んでいく。3,4コーナーでうまくスペースを見つけて直線で外に持ち出すと、ムーア騎手の剛腕追いに応えるように鋭く伸びて、残り200mで先頭に立つがゴール寸前でペルシアンナイトに差されてしまい2着に終わった。
動画を見る
inyofu 2着 エアスピネル(R.ムーア騎手) 「馬はとてもいい状態で、いいレースをしてくれました。ただ反応が良すぎて、速めに前に出てしまう形になりました。とても能力が高く、GIを勝てる力のある馬です」

【マイラーズC】追い切り 折り合いつきスムーズな動き!

inyofu 5か月ぶりの実戦に向けて万全だ。エアスピネルは開門直後の栗東・坂路で折り合い、スムーズな動きを見せた。リードホースのメイショウツレヅレ(9歳1600万)を最後にかわして1馬身先着。全体は54秒1。14秒8、13秒9、13秒0、12秒4と1ハロンごとにラップを縮める理想的な時計で締めた。
inyofu 「1週前に武豊騎手が乗って、しっかりやってもらいました(11日に坂路で51秒7)。今日は動き、反応ともに良かった。能力を出せる状態です」と騎乗した笹田助手が好感触を伝えた。
inyofu 「レース当週はいつものパターンでしまい重点。追い切り後、歩様などに異常はなかった。G1タイトルを取れるだけの器なので、ここで好発進を決めてほしい」と笹田調教師。

マイラーズCの傾向!GIで好走経験のある馬が優勢

inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は、“JRAの牝馬限定を除くGⅠ”において3着以内に入った経験のある馬だった。それらの馬は3着内率も34.9%と比較的高い。ビッグレースで好走したことがある馬は信頼できるようだ。

昨年のマイルCSは武豊騎手が調教中のアクシデントによりライアン・ムーア騎手に乗り替わったこともあり、武豊騎手にとってこの馬とのGI制覇に懸ける思いはかなりのものがあるに違いない。京都のマイルは重賞2勝を挙げている舞台で、ベストコースにベストパートナーで安田記念へ向けて弾みをつけていきたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line