TOP > 競走馬 > 「エアスピネル」動き素軽く折り合いよし!【札幌記念】
競走馬

「エアスピネル」動き素軽く折り合いよし!【札幌記念】

昨年のクラシックで堅実な走りを見せ、マイル路線でも活躍しているエアスピネルが札幌記念に出走する。今年の前半は安田記念を最大目標としてマイル重賞で良績を収め、安田記念でも5着と及第点の結果を残した。これまでの走りからマイル~中距離に適性がある事は証明済みで今回も好勝負必須であろうエアスピネルについてまとめてみた。
エアスピネル

エアスピネルの血統!

inyofu 母エアメサイアは現役時代、デビュー戦から引退レースまで武豊騎手が手綱を取り、秋華賞(G1)とローズS(G2)を制覇したほか、オークス(G1)とヴィクトリアマイル(G1)で2着と健闘しました。シーザリオ、ラインクラフト、ディアデラノビアなど、粒ぞろいの世代だったと思います。残念ながら5頭の産駒を残して昨年秋に死亡してしまいました。本馬のほかに、4勝を挙げて繁殖入りしたエアワンピース(父ロックオブジブラルタル)がいます。現1歳の全弟が最後の産駒となります。
inyofu 2代母エアデジャヴーは、クイーンS(G3)を勝ち、オークス2着、桜花賞(G1)と秋華賞で3着などの好成績を残しています。アイドリームドアドリームの牝系は活力があり、エアデジャヴーの半弟にエアシャカール(皐月賞、菊花賞)、エアメサイアの全兄にエアシェイディ(アメリカJCC)がいるほか、現役馬ではエアソミュールが毎日王冠(G2)と鳴尾記念(G3)を勝っています。

【京都金杯】やはり適性があるのはこの距離!

朝日杯FS以来の1600mで、まずまずのスタートから先行集団に取り付けると、頭を上げていきたがるしぐさを見せる。3コーナーの下り坂で外からポジションを上げて直線に向かう。残り200mで先頭に立ち、最後は差を詰められたが何とか押し切った。
動画を見る
inyofu 1着 エアスピネル(武豊騎手) 「久しぶりにこの馬で勝てたので嬉しいです。行きっぷりが良かったですし、このくらいの距離が乗りやすいと思います。3~4コーナーでは良い感じで外めを回っていました。直線では弾けると思いましたが、もたついてしまいました。しかし、この馬は地力があります。この馬にかけるものは大きいので、良いスタートが切れて良かったです。今後も楽しみです」

【マイラーズC】GI馬相手に善戦!

レースの前半は口を割って力むシーンも見られたが、抑えられて中団待機。3,4コーナーでは坂の下りで外目から進出し直線を5番手辺りで迎えると、先頭を捕える勢いの脚を見せる。しかし、内からイスラボニータが馬群を割って競り合いになるも半馬身差及ばず2着。
動画を見る
inyofu 2着 エアスピネル(武豊騎手) 「内容は悪くないと思います。もう一歩伸びきってほしいところですが、ここ2回の競走よりいい走りでした。次が楽しみです」

【安田記念】勝利まであともう少しの5着...

前半は抑えて抑えてシンガリから3番手の位置といつもとは違うポジショニング。直線では馬群がひと固まりになる中、内を選択し追い出すも進路は開かず我慢せざるを得なくなる。残り200mで前が空き、先頭との差を詰めるも5着が精一杯であった。
動画を見る
inyofu 5着 エアスピネル(武豊騎手) 「4コーナーで前にレッドファルクスに入られたのが痛かったです。勢いがあっただけにあのワンプレーが無ければ、勝てていたかもしれないです」

【札幌記念】追い切り 十分な乗りこみで仕上がりは万全!

inyofu エアスピネルはウッド5ハロンから単走。先週ルメールが騎乗して芝コースで長めから負荷をかけたので、この日は軽めの内容。栗東坂路でも超抜の動きを見せるだけに、この馬としてはラストの反応(1ハロン12・7秒)も通常通りという感じだが、重たい馬場状態だっただけに、標準以上に動けたとみてよさそうだ(69・4―40・4―12・7秒)。
inyofu 笹田調教師「今朝の追い切りは直線気合が入るように指示した。もう少しグッときてほしい感じはあったけど、上がりの歩様も問題なかったようにここを目標にして予定通りにきている。道悪は上手なので洋芝でも力を発揮できると思う。堅実な半面、まだ余裕を残している。死に物狂いで走ってほしいのが本音。ジョッキーと息を合わせてスムーズな競馬ができれば結果は出ると思う」

前走のレース別の成績は?

inyofu 対象とした過去10回の札幌記念における前走のレース別成績を調べてみると、古馬で好走率が上位なのは「宝塚記念」「安田記念」という上半期のGIから臨んだ馬。また、3歳馬は3着以内に4頭入っているが、いずれも前走がオークスまたは日本ダービーだった。GI以外のレースでは、同じサマー2000シリーズの函館記念から参戦する馬が多いが、率の上ではいまひとつの成績となっていることは覚えておきたい。

今回は昨年の皐月賞以来の2000mとなるが、距離に関しては問題は無い。前走の安田記念ではゴール前の勢いは1、2を争うほどであり、展開や枠が違えば勝利もあったと思わさせる内容で、この馬自身かなり力を付けていることの裏付けでもある。今回はルメール騎手が騎乗ということで、この馬の新味に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line