TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【12月19日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【12月19日版】

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

毎回、地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

土曜日のターゲットは、お手馬・アルビアーノの現役続行が決まり、来年のヴィクトリアマイルが楽しみになった柴山雄一騎手。

土曜日メインのターコイズSに出走するディープジュエリーもチャンスは十分で、52kgの斤量に乗るために週中は減量に励んだという話も。
その意気込みが、見事結果に結びつくといいですよね。


それでは、騎乗馬のジャッジにいく前に、簡単に前回のおさらいから。

今年の柴山騎手は1番人気での信頼度が非常に高いのが特徴。
さらに、アルビアーノでお馴染みの木村厩舎や萩原厩舎からは比較的良い馬を任されている、というものでした。

以前紹介したデータはこちら

以上を踏まえた上で、土曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山7R・○メイスンキャプテン

柴山騎手は、中山ダート2400mで5番人気以内の馬に騎乗時(2-0-0-1/3、単回収値286)という成績。
さらに、その2勝はいずれも今年中に挙げたもので、何かコツを掴んだ感がある。
また、2400mと2500mのコースはそれほど大きな違いはないだけに(2500mのほうがスタート地点が100m後ろ)、この数字をそのまま信用しても大丈夫だろう。
メイスンキャプテンは成績のとおり勝ち味に遅いタイプだが、データからは5番人気以内におさまればチャンスがありそうだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山1R・▲シングンガガ

ダート変わりで詰めの甘さを解消できれば

----
■中山2R・△ダイワネーブル

もう少し慣れが必要か

----
■中山3R・○タイセイブラスト

前走が好内容でチャンスあり

----
■中山6R・▲シエラヴェルデ

前向きな気性で初戦から期待

----
■中山9R・▲アポロジョージア

中山替わりで見直せる

----
■中山10R・▲アピア

同型アースゼウスとの兼ね合いひとつ

----
■中山11R・○ディープジュエリー

柴山騎手は、このコースで4番人気内の馬に騎乗時(9-6-0-10/25、勝率36%、連対率60%)という成績で、頼りになる。
ディープインパクト産駒が中山コースを苦手としているだけに強気にはなれないが、デキの良さからも好勝負になっていい。

----
土曜日は“確証級”といえる程の馬はいませんが、頑張って勝ち星を挙げて欲しいですね。

それでは、明日も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。

※柴山騎手のデータは特に断りのないかぎり過去からの累計成績

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line