TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)朝日杯FS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)朝日杯FS予想

馬キュレ
どーも皆さんこんばんは!
覆面馬主・データの8号です。

さて残すところ中央GⅠは残り2つ。
昨年の朝日杯FSは、アルマワイオリの激走に腰が砕け落ちた1戦でした。

今年こそ的中を!

という意気込みでデータを調べた朝日杯FS。実はあんまり良いイメージがなく、09年のローキンが勝った年以来、的中した記憶が…

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ワタクシ8号、馬券予想の柱をデータとしたのは昨年の秋から。
昨年はデータで的中をとれませんでしたが、昨年のワタクシとはデータ量が違います。今年こそデータでズバっといきますよ!

なお昨年⑭人気アルマワイオリからワイド馬券で的中を手にしていた2号さんの予想もしっかり見た上で、配分は決めようと思います。2歳戦得意な方の情報も検証すれば、より収益向上につながりますからね。

⇒日曜2号さんコラム

では、データの8号の朝日杯FSの最終結論です!


↓↓↓

■阪神11R
第67回
朝日杯フューチュリティステークス(GI)
芝1600m 
2歳OP

【コース分析】
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1600m】

【レース分析】
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】朝日杯FS
※05年~14年の過去10年のデータ
※05年~13年は中山開催

※追加データ

1.厩舎(阪神芝1600m・2012年以降の2歳戦データ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位・宮本博厩舎
2位・橋口弘次郎厩舎
3位・角居勝彦厩舎
4位・笹田和秀厩舎
5位・須貝尚介志厩舎

2.騎手(阪神芝1600m・2012年以降の2歳戦データ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・浜中俊騎手
2位・川田将雅騎手
3位・岩田康誠騎手
4位・M.デムーロ騎手
5位・武豊騎手

3.血統(阪神芝1600m・2012年以降の2歳戦データ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位マンハッタンカフェ
2位ダイワメジャー
3位ジャングルポケット
4位キングカメハメハ
5位エンパイアメーカー

各分析を踏まえ、最終結論へ。

週中のレース分析から「前走重賞、1600m、4着以内」に該当する馬を中心に考えますが、これに該当するのは、イモータル、エアスピネル、シュウジの3頭です。

追加データに照らし合わせると、イモータルの須貝先生、エアスピネルの笹田先生、シュウジの橋口先生は、2012年以降の2歳戦の阪神芝1600m戦でいずれも好成績。追加データでは順位を付けましたが、数値上は40%後半から50%台と高い複勝率を出しており、厩舎データの差はほぼ無いと判断しています。

また騎手データでは、シュウジに騎乗する岩田くんが最も高いデータで、あとはエアスピネルのユタカさんからイモータルの幸四郎くんへ続きます。更に血統データでは、マンハッタンカフェ産駒(イモータル)が最も高い複勝率を出しており、次にキングカメハメハ(エアスピネル)からキンシャサノキセキ(シュウジ)と続きます。つまり、どれか1頭を分かりやすく選ぶのが難しいデータ。

ただ、それでもエアスピネルとシュウジは前走で直接対決を済ませており、0.6秒の差が付いていますので、前走内容からエアスピネルよりシュウジを上に取るのはちょっと難しい判断。

そうなると「イモータルかエアスピネルか?」となりますが、今回は最終的に、「前走で1着」に重きを置き、エアスピネルを本命に決定です。

ユタカさんの“GI完全制覇を見たい”というシンプルな理由もありますし、それを阻止するのが弟なら、それはそれで面白いとも思いますが、データを総合的に考えると、エアスピネルの本命でよさそうです。

二番手はイモータル。

三番目に名前を上げるのはシュウジではなくボールライトニング。管理する宮本先生は、厩舎データで1位ですし、騎乗する蛯名さんは2歳戦の阪神芝1600m戦の騎乗数は12年以降で3回と少ないですが、2勝3着1回と複勝率100%のデータを残していますし、ボールライトニング自身も、前走の重賞1着を含めてここまで2連勝。いくつかのデータから高い評価が必要と判断して、この馬が三番手。

以下、シュウジ、シャドウアプローチ、ショウナンライズ、リオンディーズまで。

シャドウアプローチは前走重賞3着で狙えるデータの範囲内ですし、ここまで4戦して3着以下はなく安定感があります。また、イモータルと二頭出しの須貝先生は、前述の通りこの条件に強いデータがありますし、父ジャングルポケットの産駒もこの条件に強い種牡馬。

ショウナンライズも前走500万下1着。週中の「レース分析」でも書きましたが、500万下1着組も十分に狙える範囲内で、父ダイワメジャーも血統データから狙い目。騎乗する池添くんのGIでの強さは定評がありますので、人気薄でも軽視できないと判断します。

最後にリオンディーズは前走で2000mの新馬1着。血統馬で評判馬ですし、実際かなりの馬のようです。また、厩舎、騎手、血統の追加データからも候補に入れたい1頭です。ただ、朝日杯FSは前走2000mの新馬組のデータ数が少ないために、データ予想としては上位に名前を上げるのが難しいですから、この順番に判断です。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑪エアスピネル
○⑦イモータル
▲⑨ボールライトニング
☆⑫シュウジ
△⑬シャドウアプローチ
△②ショウナンライズ
△⑮リオンディーズ

≪買い方≫
単複


馬連
⑪-⑦⑨⑫⑬②⑮

3連単1頭軸マルチ
⑪-⑦⑨⑫⑬②⑮


12月20日(日)中山11Rと中京11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)ディセンバーS予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)名古屋日刊スポーツ杯予想



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line