TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)ディセンバーS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)ディセンバーS予想

馬キュレ
朝日杯FSに続いて、次は中山メインのディセンバーS。
オープン特別ですが、中々好メンバー。改めて調べたところ、重賞勝ち馬1頭しかいないことに驚きましたが、重賞で馬券に絡んだ馬が多数出走。
そんな中で唯一の重賞勝ち馬トーセンレーヴ。調教をみた感じは、完全にアオられていたとはいえ、最近は攻め駆けしないですからね。体調は順調のようですが、問題は斤量ですか。

なんかいつもトーセンレーヴの鞍上のボウマンの事を書いているボウマンマニアのインパチさんが、このレースをどう判断したのか気になりますがw

⇒日曜インパチさんコラム

ワタクシ8号は、このレースのボウマンは隙はあり!と判断し、◎は別の馬から入ります!


↓↓↓

■中山11R ディセンバーS
芝2000m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2000m】
3歳上OP

※今年からディセンバーSは1800mから2000mへ変更。中山は過去10年で3歳上のOP特別で2000mのレースはありませんので、1800mで行なわれていた過去10年のディセンバーSのデータを参考にします。


●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当8,448円。最高は13年の27,350円。最低は08年の800円。3連単の平均配当145,018円。最高は11年の657,760円。最低は08年の12,100円。

過去10年の馬券対象馬30頭で、1番人気5勝、複勝率80%。2番人気2勝、複勝率50%。二桁人気の4頭を含めて幅広い人気から馬券対象馬が出ていますが、どちらにしても1番人気の信頼度は高いレース。

2.前走条件

前走条件別は、前走海外も含めて重賞組が(8,4,4)と好成績。複勝率も最も高いデータ。また、前走OP特別組も(2,6,6)で複勝率20%。馬券対象馬は全て重賞かOP特別に出走。

3.前走距離

馬券対象馬30頭中で、26頭は前走1600m~2000m以内と大半を占めます。一方、前走1200m組は過去1頭が出走し、その馬が馬券対象になっており、また1400m組は8頭が出走して1頭が馬券対象になっています。ただ、それでも大半の馬券対象馬が1600m~2000m以内に含まれていますので、狙いの中心はこの範囲でしょう。なお、今年の出走馬にはいませんが、過去2頭出走している前走菊花賞組は2頭とも馬券対象馬になっていますので、もし出ていたら注意が必要でした。

4.前走コース

2015年1月以降で、中山の古馬OP(芝)の競走は全部で15レース。その内、前走出走コース別の複勝率を調べると、25%以上のデータは、阪神、京都、中京、福島となり、同コースの中山で約20%、反対に、東京と新潟は15%未満と低いデータです。つまり、前走で関西圏のレースに出走した馬や、福島や中山などの小回りコースに出走していた馬がまずまずの好成績を残している一方で、東京や新潟に出走していた組の成績は振るわないデータです。

5.厩舎(中山芝2000mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位・角居勝彦厩舎
2位・藤沢和雄厩舎
2位・池江泰寿厩舎
4位・杉浦宏昭厩舎
5位・池上昌弘厩舎

6.騎手(中山芝2000mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・戸崎圭太手
2位・内田博幸騎手
3位・柴田善臣騎手
4位・大野拓弥騎手
5位・石川裕紀人騎手

7.種牡馬(中山芝2000mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位キングカメハメハ
3位クロフネ
3位シンボリクリスエス
5位ジャングルポケット

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎リベルタス

前述の通り、今回は過去10年のディセンバーSのデータを基にしていますが、以前は1800m。今回から2000mに変更ですので、前走距離別データなどのデータはそれほど重視していません。むしろ、前走クラス別や中山と同じ小回りコースや前走で関西圏に出走していた馬、また、厩舎、騎手、種牡馬のデータを重視です。

今回、本命に決めたリベルタスは前走で函館記念に出走。12着に敗れましたが、前々走は休み明けの巴賞で3着。今回が5ヶ月振りでもOP特別なら力関係が問題になる馬ですし、小回りコースも対応可能でしょう。しかも、この馬を管理する角居先生は、2012年12月以降の3年間で、管理馬の中山芝2000mの複勝率が60%近くと、遠征競馬で断然の好データ。更に騎乗する戸崎くんも同期間のこのコースで複勝率35%超と、騎乗する騎手の中でトップのデータ。父ディープインパクトの産駒もこのコースで好成績を残していますので、ここはデータから狙えると判断です。

次にトーセンレーヴ。思えば前走はボウマン騎手の日本初騎乗初勝利となったレースでしたし、この馬自身、2012年以来の勝利で復活を印象付けたレースでもありました。引き続き好調のようですし、それだけでも気になる馬ですが、更に管理する池江先生は、過去3年のこのコースで好成績を残していて2位タイのデータ。角居先生の60%近いデータには及びませんが、それでも高い複勝率。しかも、勝率の視点なら管理馬を出走させる調教師の中でトップのデータ。父がディープインパクトも魅力ですので、引き続き期待できると判断します。

以下、スーパームーン、クランモンタナ、クラリティシチーまで。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑩リベルタス
○③トーセンレーヴ
▲⑦スーパームーン
☆⑧クランモンタナ
△②クラリティシチー

≪買い方≫
単複


馬連
⑩-③⑦⑧②

3連単1頭軸マルチ
⑩-③⑦⑧②


12月20日(日)阪神11Rと中京11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)朝日杯FS予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】12月20日(日)名古屋日刊スポーツ杯予想



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line