TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】12月20日(日)中京8R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】12月20日(日)中京8R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

いやはや、新設重賞『ターコイズステークス』にはただただ驚きの一言でした!
波乱の代名詞(?)でもある「牝馬限定のハンデ重賞」だけあって一筋縄ではいかないだろうなと思い、実は敢えて昨日も一切話題にしなかったんですが、想像以上というか、何というか。

掲示板に載った5頭のうち4頭が二桁人気馬(16頭立て)で、11番人気の馬が勝ち、2、3着争いを演じたのが最低人気馬とブービー人気馬。
パソコンでのデータ集計などが昔に比べて容易になった影響か、最近は『二桁人気馬同士で上位3頭が決着』のような極端な波乱が少なくなったなと思っていたんですが、やはり出る時は出るものなんですね、こういう馬券って。
(まぁ純粋な配当での大波乱といえば、2000万を超える配当が飛び出し話題を呼んだ今年の『ヴィクトリアマイル』のようなレースが上なのでしょうが、勝ち馬自体は5番人気のストレイトガールでしたし)

そういえば中山から阪神に替わったばかりだった昨年の『朝日杯フューチュリティステークス』も、勝ったのは1番人気のダノンプラチナでしたが、2着に14番人気のアルマワイオリが入線し、馬連万馬券の波乱だったような・・・・・。
狙いの馬は昨日書いたとおりですので少点数で行こうかなと思っていたんですが、気になる馬をちょっと手広く押さえてみようかと検討しているところです(苦笑)。

というわけで日曜の推奨馬ですが、「中京8R 3歳以上500万下」の⑰ゼウスバローズを紹介いたしましょう!

2012年のダービー馬・ディープブリランテの全弟という良血馬で、自身も新馬戦1番人気。この時は当時3番人気に推されていたラングレー(現1600万下、リアルスティールの全兄)や、2番人気に推されていたベルキャニオン(後のプリンシパルウステークス勝ち馬、マウントシャスタやカミノタサハラの全弟)といった面々に僅差敗れての3着でしたが・・・・・今思えばかなりの出世馬揃いでしたよね、この新馬戦(汗)。

続く未勝利戦であっさり勝ち上がり、3戦目の500万下特別で接戦を演じたのは、先日の天皇賞(秋)で2着に入ったステファノス。当時からそれなりに高い評価を受けていた実力馬と接戦を演じていたあたり、この馬の能力もかなりの水準なのは間違いないんですが、最大の敵は他馬ではなく自分の脚元だった、というわけで・・・・・。

クラシックシーズンを丸々棒に振ってしまったり、ようやく復帰して500万下を勝ったかと思えばまた長期休養を余儀なくされたりと、とにかく休養が多く、前走も1年以上の休み明け。いくら降級しているとは言っても流石に厳しい・・・・・かと思いきやいきなり2着と、やはり能力があることを証明していました。

今回は中1週での出走となりますが、脚元の不安も激走の反動も無く、物凄く絶好調なのだとか。2歳時に後の重賞級の面々と接戦を演じたほどの馬が、このクラスで足踏みしている場合じゃありませんね!

というわけで印の方は

◎⑰ゼウスバローズ
〇⑦パフォーマプロミス
▲⑬クィーンチャーム
△⑪ウェルブレッド
△③インターンシップ

で、◎の単複と馬連を購入しようと思っています。

ちなみに〇のパフォーマプロミスも、既走馬相手のスーパー未勝利をいきなり勝った素質の持ち主。古馬初対戦なので〇としましたが状態は良いそうですし、こちらも先々が楽しみな1頭ですので、ひょっとしたら次走あたりで改めて紹介するかもしれません(笑)。

以上、3号でした!



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line