TOP > レース > 295万馬券!【第1回ターコイズステークス】レース&的中結果まとめ
レース

295万馬券!【第1回ターコイズステークス】レース&的中結果まとめ

12月19日(土)中山競馬場で行われた重賞レース【第1回ターコイズステークス】のレース結果と予想家の的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

ターコイズステークスはシングウィズジョイが優勝

inyofu 12月19日、中山競馬場で開催された第11R・ターコイズS(新設重賞、芝1600m)は、11番人気シングウィズジョイ(牝3、栗東・友道)が先行策でレースを進めると、直線では渋太く脚を伸ばし押し切り勝ちを収め、重賞として新設されたこのレースの初代女王となった。勝ちタイムは1分35秒7(良)で、鞍上は戸崎騎手。1馬身半差の2着は最低16番人気ダンスアミーガ、2着にアタマ差の3着はブービー15番人気オツウが入った。
inyofu ▽配当
単勝16 2280円
馬連9-16 5万4690円
馬単16-9 9万6370円
3連複9-14-16 54万6240円
3連単16-9-14 295万4680円
(16.シングウィズジョイ、9.ダンスアミーガ、14.オツウ)

▽【シングウィズジョイ】
父マンハッタンカフェ
母シングライクバード
母父シンボリクリスエス
通算12戦4勝(うち重賞2勝目)
動画を見る

レース後コメント 戸崎騎手「これからが楽しみ」

inyofu 「スタートが思った以上に速く、二の脚も速かったです。ですからスムースにいい位置につけられましたし、手応えも十分でした。乗りやすい馬で、力をつけてきていますから、これからが楽しみです」

その他着順&コメント

inyofu 2着 ダンスアミーガ(大野騎手)
「スローペースで折り合って、一瞬の脚を生かすことが出来ました」

3着 オツウ(石川騎手)
「揉まれない方がいいだろうと思っていました。思い通りの競馬が出来ました。最後まで頑張ってくれました」

5着 ペルフィカ(蛯名騎手)
「流れに乗って行けました。ゆくゆくは良くなってきそうです」


8着 カフェブリリアント(田辺騎手)
「うまく操縦出来ませんでした」


13着 キャットコイン(柴田善騎手)
「オークス、秋華賞と比べて良くなっています。前向きさが出てきました」
シングウィズジョイは、フローラSに続いて通算2度目の重賞制覇を成し遂げた。これで全成績は12戦4勝。11番人気からの番狂わせで、2着、3着も16番人気と15番人気と大波乱の結果となった。

大波乱のレースを的中させた猛者たち

下から7番目の人気の3連単だった大荒れのこのレースをものにした実力、強運にあやかりたいものである。

今回は11番人気シングウィズジョイ、16番人気のダンスアミーガ、15番人気のオツウという順番で決着のついた大波乱のターコイズステークス。事前に荒れることを予想していた予想家は多かったがここまでになるとは予想しなかったのであろう。的中報告は少なかった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line