TOP > 競走馬 > 「バティスティーニ」持っている能力を安心して出せる!【2015年ホープフルS】
競走馬

「バティスティーニ」持っている能力を安心して出せる!【2015年ホープフルS】

デビューから2連勝中のバティスティーニがホープフルSに参戦してきた。前走の黄菊賞ではスタートで出遅れながら、直線では楽々と抜け出して完勝。相手強化となる1戦でも好勝負を期待できる素質の持ち主だ。一気の3連勝で重賞タイトルを手にすることができるか?バティスティーニについてまとめてみた。
馬キュレ

【新馬戦】堂々押し切りデビュー戦勝利!

ハープスターの半妹のリュラとの対決が注目されたデビュー戦。スタートは今ひとつだったバティスティーニだが、レース途中からハナに立つ。楽な手ごたえで直線に向くと、ラスト2Fを11秒2―10秒8でまとめて悠々と押し切った。
動画を見る
騎乗したルメール騎手のコメントはこちら↓
inyofu 「とても乗りやすい馬。1番のクオリティーは瞬発力。距離は問題ないし、今日はスタートしてペースが遅かったので前に行ったけど、後ろからでも大丈夫」

【黄菊賞】捲りを決めて3馬身半差の快勝!

ゲートのタイミングが合わずスタートで出遅れたバティスティーニ。後方からレースを進めていたが、3~4コーナーで外から一気に進出していくと、直線で楽に抜け出し、後続との差をグングン広げていく。最後は2着のレヴィンインパクトに3馬身半の差をつけてゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 バティスティーニ(C.ルメール騎手) 「今日はあまりスタートが速くなくて後ろからになりましたが、リラックスして走っていて、いい経験になりました。4コーナーから反応して、いい瞬発力を見せてくれました。まだ若いですが、直線の反応も素晴らしかったです」
inyofu (松田国英調教師) 「今日は3歳になったときに、さらに長い距離を走れるイメージができるような走りをしてくれました。今後は年内にもう1走、長めの距離のレースに使うことを考えています。まだコロンとした体型ですし、少しずつトレーニングを強くしていって、走りやすい体にしていきたいです」

【ホープフルS】1週前追い切り!乗り込み入念!

inyofu 栗東CWで6F84秒1-38秒4-12秒4(馬なり)。ロライマ(2歳500万下)を1秒3追走して余力十分に併入。推進力に満ちたフォームが目を引いた。前走後も入念に乗り込まれて、気配の良さも目を引く。
管理する松田国調教師のコメントはこちら↓
inyofu 中間はここを目標にやってきました。体形的にコロンと映るところはありますが、あばらも浮いて、いい感じの体つきです。

【中山芝2000m】キンカメ産駒は勝利数トップ!ルメール騎手は単勝回収率166%!

2010年以降の中山芝2000mで、キングカメハメハ産駒は24勝を挙げており勝利数はディープインパクトと並んで第1位。また、同期間のルメール騎手の単勝回収率は166%。データ的にはバティスティーニの3連勝を期待したくなる。

先週の朝日杯1,2着馬のリオンディーズ・エアスピネルと同じキングカメハメハ産駒のバティスティーニ。初の輸送&直線に坂のある中山コースを克服できればここでも好勝負は確実だろう。同じ松田国厩舎のスマートオーディンに続き重賞タイトルを手にして、来年のクラシックに向かいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line