TOP > 初めての競馬 > 敬遠していた人のために従来の競馬場のイメージを180度覆す施設情報まとめ
初めての競馬

敬遠していた人のために従来の競馬場のイメージを180度覆す施設情報まとめ

今や競馬場はレースを楽しむ人だけの場所ではないと断言できる。競馬以外にも楽しめる施設が溢れており、
家族やカップル、女性客でも楽しめるようになっている施設がたくさんあるのだ。
本記事では今まで敬遠していた人のために、競馬場のイメージを180度覆す情報をまとめてみた。
娯楽施設

休日のおでかけ 競馬場を【家族】で楽しむ

inyofu 競馬場に行けば家族連れが芝生にシートをひいたりしてお弁当を食べる光景も見かけるようになった。
inyofu 家族で馬だけの動物園のような感覚で来るお客さんも非常に増えている。
子供が馬を見て喜んでいる光景もよく見るようになった。
inyofu 東京競馬場はどちらかというとテーマパークといった感じで、広くてキレイな公園も整備されており、子供でも安心して遊べます。
inyofu また、ヒーローショーや、子供向けのスタンプラリー、体験乗馬などのイベントも行われており、1日いても飽きることはないでしょう。
inyofu 中山競馬場の馬場内「緑の広場」は、実際に馬たちと触れ合えるポニーリンクや、お子様向けの遊具など、ご家族で楽しめる施設が盛りだくさんです!皆様のご来場をお待ちしています!
inyofu 馬場内には、ミニ新幹線やアスレチックなどご家族づれで楽しめるコーナーも充実しています。
inyofu セントウルガーデンでのんびりして、スペースキッズやポニーリンクで遊ぶ。阪神競馬場は親子で楽しめる施設が充実しております。。
inyofu アスレチックや砂場など、お子様が楽しめる遊具がたくさんが揃っています。 パークウインズや平日もご利用いただけます。

このように各地の競馬場では、さまざまな遊具や施設を置くなど、家族連れでも楽しめる工夫がされているのである。

レースだけが勝負じゃない!【カップル】にとっては恋の戦場!?

inyofu そうそう、最近競馬場デートをするカップルが増えているようです。
これは競馬ファンとしては非常に嬉しいことであります。
競馬場は、少し前まではちょっと近寄りがたいイメージがありました。
怖いおじさんたちが一生懸命競馬の予想をしている場所。
外れた馬券が散らかっていてちょっと汚い場所。
そう思っている人もいるのではないでしょうか。
inyofu レースは土日の朝10時から夕方16時までと長い時間やっているので、あなたの好きな時間に行くことが出来ます。
また競馬場内にはレストランやファストフード店などの食事設備も充実しているので、お昼を挟んでも安心です。
さらに入場料は100円か200円ですし、馬券も100円から買うことが出来るので経済的なデートコースと言えるでしょう。
inyofu 東京・大井競馬場で開催される夜間競馬レース「トゥインクルレース」が人気を集めています。レース開催日の大井競馬場は、カップルと家族連れでいっぱいです。
inyofu インターネット上でも根っからの競馬ファンのみならず、デートや女子会などでレースを楽しんだ競馬初心者が、「初めて行ったけど楽しかった!」「イルミネーションがキレイ」「夜空の星の下で競馬を楽しむのも粋なものです」と、その感想をつづっています。

レースを見てもよし、馬と触れ合ってもよし、娯楽施設で遊んでもよしと、競馬場はデートスポットにもなる楽しい場所となっている。 もちろん2人でレース結果を予想して、馬券を買ってみるのも楽しいだろう。 ただし、競馬にばかり熱中しすぎてケンカの種をつくってしまわぬよう、注意していただきたい。

もう男だけの世界じゃない!競馬場で【女子】会

inyofu 東京・大井競馬場のナイター競馬「トゥインクルレース」では女性客の姿が目立つ。
inyofu ガラス張りの建物、清潔なトイレ、通路の壁のデザインに至るまで、一昔前の競馬場とはまったく異質の空間が広がっている。
inyofu ダイアモンドターンは大井競馬場で競馬を観戦しながらおいしい料理が楽しめると女子に話題のレストランだ。
inyofu ここは、窓一面レース場に面していて競走馬の走る姿を間近で見ながら料理を楽しめるのが特徴。料理はなんとクイーンアリスや元有名ホテルのシェフが創作したもので、しかも食べ放題。デザートも豊富なので、女子会にピッタリ! 馬券購入・払い戻しもレストランにいながらできるのが◎。
最近の競馬場では、女性客にもうれしい環境作りが進められているので、興味のある方は安心して足を運んで頂きたい。

各地の競馬場では、さまざまな客層をターゲットにいろいろな楽しみ方が提供されている。
「ギャンブルはちょっと・・・。」と敬遠せず、まずは遊びに行ってみるのもいいだろう。
あなたにあった素敵な環境が、きっと見つかるはずである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line