TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】有馬記念
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】有馬記念

馬キュレ
============================
競馬情報をまとめたキュレーションサイト「うまキュレ」が、

より面白く
より便利に
より深く

をテーマに、無料メールマガジンの配信を開始!

うまキュレ メールマガジン

うまヨミ!

無料登録は以下のページより

⇒うまキュレ メールマガジン[うまヨミ]配信開始!
umayomi
============================


第60回
有馬記念(GI)
芝2500m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2500m】
3歳上OP

※05年~14年の10年間のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年の馬連の平均配当7,490円。最高は08年の29,490円で最低は10年の550円。3連単の平均配当は212,364円。最高は08年の985,580円。最低は13年の5,240円。

過去10年で人気別は、1番人気5勝、2番人気2勝、3番人気0勝、4番人気2勝。馬券対象馬は、1番人気(5,3,1)で複勝率90%、2番人気(2,0,2)で複勝率40%。1番人気は断トツの好データ。

2.前走条件

過去10年の馬券対象馬30頭で、海外も含めた前走GI組(10,8,9)。前走GII組(0,2,0)。前走GIII組(0,0,1)。GIIとGIII組の複勝率は一桁。GI組は20%以上。基本的な狙いはGI組でよさそうです。また、前走を3歳限定戦と3歳以上のレースに分類すると、限定戦の複勝率は35%以上。3歳以上は17%。限定戦に出走していた組が高い率です。

3.前走距離

前走距離別の馬券対象馬は、前走2400m組が(5,3,6)、前走2000m組が(3,2,2)。この2距離で(8,5,8)。あとは3000m組(2,2,0)、2200m組(0,2,0)。残り3頭は1600m組と3200m組ですが、今回の出走に対象馬はいませんので、データを気にする必要はないでしょう。複勝率は過去10年で延べ出走数が10頭以上の距離では、3000m組40%、2000m組25%、2400m組19%、2200m組16%。

4.前走レース別

前走レース別は、最多勝はジャパンC組、次に天皇賞・秋、続いて菊花賞。また、過去10年で延べ出走数が10頭以上のレースでは、天皇賞・秋と菊花賞は40%、金鯱賞20%、ジャパンC18%。

5.前走着順
前走着順別は、前走3着以内が18頭。また、前走がGIIやGIII組の馬券対象馬は3頭いますが、その内2頭は前走1着。残る1頭は約1年半振りの出走だった13年のウインバリアシオン。この馬を例外と考えると、GIIやGIII組は前走1着が条件でしょう。

6.巻き返し激走パターン

前走4着以下の馬券対象馬は12頭いますが、その12頭が出走していたレースは、ジャパンC7頭、天皇賞(秋)3頭、菊花賞と凱旋門賞は各1頭。今年の登録馬に菊花賞4着以下と凱旋門賞組はいませんので、巻き返し組はジャパンCや天皇賞組になりそうです。

7.調教師(過去10年の有馬記念データ)

馬券対象馬は10年で30頭。同一の馬が複数回馬券対象になったり、同一調教師が複数頭の管理馬を出走させたりしていますが、そういった部分を除いて単純に考えた場合、「馬券対象馬=調教師の人数」となるはず。しかし、過去10年で管理馬が馬券対象になった実際の調教師の人数は14名のみ。つまり、同一調教師が複数回に渡り馬券対象に関わったことになります。

複勝率で表すと、60%以上は、須貝調教師、松田国調教師、上原調教師、池江泰郎調教師(引退)の4調教師。

50%台~30%は、石坂調教師、松永昌調教師、松田博調教師、伊藤正徳調教師、池江泰寿調教師の5調教師。

20%台~10%は、音無調教師、角居調教師、国枝調教師、藤原英調教師、橋口弘調教師の5調教師。

過去10年で延べ150頭ほどが出走しており、管理馬を出走させた調教師は58人ですが、管理馬が馬券対象になった調教師は一部の方のみとなっています。

そして、今年の登録馬の調教師で、過去に管理馬を有馬記念に出走させたことがあり、なおかつ、管理馬が馬券対象になった経験のある調教師は、須貝尚介調教師、松田博資調教師、池江泰寿調教師、音無秀孝調教師、橋口弘次郎調教師の5名。出走馬決定順16頭以内の対象馬、オーシャンブルー、ゴールドシップ、ラストインパクト、ラブリーデイ、リアファル、ワンアンドオンリーは上記データに限定すると注意が必要かもしれません。

8.馬券対象馬の過去実績

過去10年の馬券対象馬で、有馬記念以前の実績は以下の通り。

(GI実績)
1着実績・18頭
2着実績・5頭
3着実績・2頭
3着以内なし・5頭

いずれも2000m以上のGI実績ですが、やはりGI勝ちの経験を持つ馬が多数を占めていて、次に連対実績、その次が3着実績の順番。つまり、実績馬が実力通りに力を発揮しているようです。

一方、過去にGI3着以内の無い5頭も馬券対象になっています。ただ、07年のマツリダゴッホは、この年の有馬記念以前に、中山競馬場は6戦6連対(競走中止除く)と連対率100%。次に08年のアドマイヤモナークは、この年の有馬記念以前に、中山競馬場は7戦して3着以内6回5着1回と全て掲示板。09年エアシェイディは、この年の有馬記念以前に、中山競馬場は10戦して3着以内6回5着以内3回とほぼ好走。この3頭は明らかに中山を得意としていました。

また、10年トゥザグローリーと12年オーシャンブルーは、トゥザグローリーがこの年の有馬記念が中山初出走でオーシャンブルーは1走の経験のみでしたので、前述3頭のような中山実績はありませんでしたが、どちらも騎乗したのが外国人騎手、更に前走で重賞1着という共通項。

9.厩舎(中山芝2500m・2012年以降)

(※今回の登録馬に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位・須貝尚介厩舎
2位・堀宣行厩舎
2位・藤沢和雄厩舎
4位・池江泰寿厩舎
5位・中川公成厩舎

管理馬の出走回数が5回未満は除いています。5回未満を入れた場合、大竹正博厩舎は須貝厩舎の下に入り、久保田貴士厩舎と松田博資厩舎は堀厩舎の下に入ります。

10.血統(中山芝2500m・2012年以降)

(※今回の登録馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ステイゴールド
2位ネオユニヴァース
3位ハーツクライ
3位キングカメハメハ
5位ディープインパクト

以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
キタサンブラック
ゴールドシップ
ラブリーデイ

他の重賞データはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】中山大障害
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ホープフルS
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】阪神C



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line