TOP > 予想/馬券 > 全16頭最終追い切り情報&タイムまとめ【第60回有馬記念】
予想/馬券

全16頭最終追い切り情報&タイムまとめ【第60回有馬記念】

12月27日(日)中山競馬場で行われる今年最後のGI【第60回有馬記念】今回は全16頭の最終追い切り情報と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 オーシャンブルー

inyofu オーシャンブルーはレース間隔が詰まっていることもあり、CWコースでソフトな仕上げ。馬なりで、4ハロン55秒6、ラスト1ハロン12秒7のタイムを記録した。池江調教師は「年齢、調子と3年前(2着)ほどではないですけど、そのときを思い出して激走してほしいですね」

1枠2番 ヒットザターゲット

inyofu ヒットザターゲットは坂路で4ハロン53秒0-12秒7。ゴールまで力強いフットワークで駆け抜けた。「最後はソラを使う(集中力を欠く)感じでフワッとしましたが、辛抱して走ってくれました。悔いのない状態ですよ」と清生助手は大一番に向けて胸を張った。

2枠3番 ラストインパクト

inyofu ジャパンC2着で底力を見せたラストインパクトが、もう一つ上を狙ってグランプリへ。最終追いは松田博流のCWコースでしまい重点。それもタメにタメて最後だけビッシリというメニュー。6Fは86秒3と平凡でも、ラスト1Fは11秒6と切れた。松田博師が目を細める。 「上がりだけだし、さすがに動きは良かったな。前走から変わった感じはないけど、いい具合で使えるのが何よりだよ」

2枠4番 ラブリーデイ

inyofu ラブリーデイがCウッドで最終リハを行った。鞍上が上下する首の動きに合わせて、リズム良く走らせる。ラストは少し追う程度で、4ハロン54秒3-12秒6。不良馬場の中、素軽い伸びを見せた。乗った山元助手は「動きは良かったですよ。状態は相変わらずいい」と充実一途をアピール。前走と変わらない出来で送り出す。

3枠5番 アドマイヤデウス 

inyofu アドマイヤデウスは1週前(16日)に、実質の最終追い(CW6ハロン80秒5)を済ませており、この日は坂路で感触を確かめる程度。しまいを強調する形でラスト1ハロン12秒2をマークした。橋田調教師は「時計として予定通り。この中間は理想的な形で調整を進めることができました。スムーズな競馬なら、もう少しやれる力があると思います」

3枠6番 アルバート

inyofu アルバートが、上がり馬の勢いを感じさせる鋭い反応で臨戦態勢を整えた。 「走りの中での体のバランスとメンタル面をチェック」と堀師が意図を説明した追い切りは、Wコースでエルマンボ(5歳1600万)と併せ馬。1馬身後方を追走し、直線で仕掛けられると一瞬で抜き去って1馬身半先着。堀師は「前走の状態をキープできている」と動きに合格点を与えた。

4枠7番 ゴールドアクター 

inyofu ゴールドアクターはWコースで5F69秒1~1F12秒9。ジェイケイニュース(4歳500万)を1馬身追走し、直線は内から力強く2馬身先着した。 動きを見守った中川師は「調教は以前は目立たなかったが、今は楽に動けるようになった。青写真通りに来た。前で運ぶジョッキー(吉田隼)の騎乗スタイルが、この馬には合う。彼に任せます」

4枠8番 ワンアンドオンリー

inyofu ワンアンドオンリーは坂路で4ハロン55秒2-12秒9。タイムは平凡だったが、16日の1週前に坂路4ハロン51秒7と強い負荷をかけており、態勢はきっちり整っている。 「先週、速い時計を出しているし、いい体調で出走できるのが何より。中間は運動量を増やして、調整をしっかりとやれているので」と橋口弘調教師はデキの良さに太鼓判を押した。

5枠9番 サウンズオブアース

inyofu 仲田助手を背にCWコースに入って6Fのスタート地点でスパーキングジョイ(2歳500万)を3馬身追走。直線入り口で内に進路を取って僚馬との差を縮めるとゴーサインに反応してグンと加速。並ぶ間もなく僚馬を抜き去って3馬身先着でゴールした。藤岡師のイメージ通り。納得の表情で切り出した。 「この馬にすれば今回は間隔が詰まっているし、馬場が重かったからオーバーワークは避けたかった。ミルコ(デムーロ)を乗せなかったのもそのため。予定通り、いい追い切りができた」

5枠10番 トーセンレーヴ

inyofu 連闘のトーセンレーヴは運動のみのメニューだが「元気いっぱいです」と池江師。「勝てば出走できるという計算の下にディセンバーSに出走した。連闘とはいえ、最初から逆算して調整しているので問題ない。手応えに余裕があったし、疲れの残らないレース内容だった」

6枠11番 キタサンブラック

inyofu キタサンブラックはCWコースの併せ馬。ゆったりとしたフットワークで前に置いたワンダラーズ(2歳新馬)を追走。6F83秒6、ラスト1Fは12秒5で1馬身半先着した。菊花賞の時と同様におとなしめの内容だった。それでも「(調教内容は)いつも通り。菊花賞の疲れが長引くことはなかったし、いい状態で挑めると思う」と清水久師も納得の表情。

6枠12番 リアファル

inyofu リアファルは栗東坂路で抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』を獲得した。ランウェイワルツ(OP)と併せ、残り1ハロンでゴーサインが出ると、力強いかき込みで引き離して2馬身半先着。4ハロン51秒6-12秒7の時計も優秀だ。音無調教師は「『しまいをビシッと』という指示。リフレッシュできているし、菊花賞の後に使わなかったことがいい方に出ると思う。2カ月ぶりになるのを心配していたが、きょうの動きなら大丈夫」と笑顔。

7枠13番 ルージュバック

inyofu ルージュバックが、急上昇を告げる強烈な加 速を披露した。Wコースで前半はガッチリ手綱を押さえて我慢させ、しまいの反応を見る稽古。直線で鞍上が軽く合図を送ると鋭く反応し、大きく先行していたヤマトダイアンサス(5歳1000万)を内から並ぶ間もなく抜き去って3馬身先着した。 大竹師は「期待通り。走りたい気持ちがちゃんと伝わる動き。前走(エリザベス女王杯4着)より良くなっている」と上積みを強調した。

7枠14番 ダービーフィズ

inyofu 追い切りは坂路で僚馬フォワードカフェ(1000万下)を相手に、先行して末脚を伸ばして併入。時計を要したこの日の坂路で4ハロン53秒3なら上々だ。 活気のある動きに手綱を取った小島良助手は、「最後は気合を付けたがしっかり反応して良い感じだった。状態は高いレベルで維持している」と満足そう。

8枠15番 ゴールドシップ

inyofu ゴールドシップ(牡6歳、栗東・須貝尚介厩舎)が坂路で最終追い切りをかけた。鞍上には2週連続で追い切りをつける内田博幸騎手。先導役のレッドヴェルサス(2歳未勝利)を楽々かわして半馬身先着。4ハロン53秒2-38秒1-12秒5を馬なりでマークした。動きを見守っていた須貝調教師は「先週しっかりやっており、けさは息を整える程度。うまくいった。気持が乗ってきているし、自信を持って臨める」と悔いのない仕上げを強調。

8枠16番 マリアライト

inyofu マリアライトはWコースで単走。6F83秒8~1F13秒5で軽快に流した。久保田師は「秋3戦目で体も仕上がっているので、ストレスを与えず単走。この秋はカイバもよく食べ、体も心も想像以上に成長した」と目を細める。

最終追い切りタイム一覧

inyofu オーシャンブルー 牡7 57 *石川裕紀 23日栗C不:55.4-40.3-12.5:強め

ヒットザターゲット 牡7 57 小牧太 23日栗坂重:53.0-38.5-12.7:一杯

ラストインパクト 牡5 57 *菱田裕二 23日栗C不:86.3-69.8-53.2-38.1-11.6:一杯

ラブリーデイ 牡5 57 川田将雅 23日栗C不:54.3-39.4-12.6:強め

アドマイヤデウス 牡4 57 岩田康誠 23日栗坂重:55.5-39.5-12.2:強め

アルバート 牡4 57 *アッゼニ 24日南w重:54.0-38.9-12.8:馬也

ゴールドアクター 牡4 57 吉田隼人 23日南w良:69.1-53.8-39.2-12.9:強め

ワンアンドオンリー 牡4 57 *浜中俊 23日栗坂重:55.2-40.2-12.9:馬也

サウンズオブアース 牡4 57 M.デム 23日栗C不:66.9-51.3-37.0-11.8:一杯

トーセンレーヴ 牡7 57 ボウマン       軽め               
    
キタサンブラック 牡3 55 *横山典弘 23日栗C不:83.6-67.5-53.8-39.4-12.5:一杯

リアファル 牡3 55 ルメール 23日栗坂重:51.6-37.9-12.7:一杯

ルージュバック 牝3 53 戸崎圭太 23日南w良:53.7-38.0-12.4:一杯

ダービーフィズ 牡5 57 田辺裕信 23日美坂良:53.3-39.3-13.7:一杯

ゴールドシップ 牡6 57 *内田博幸 23日栗坂重:53.2-38.1-12.5:馬也

マリアライト 牝4 55 蛯名正義 23日南w良:83.8-68.4-53.6-40.1-13.5:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎ゴールドアクター
○サウンズオブアース
○リアファル
ラストインパクト
キタサンブラック

特にゴールドアクターは、一週前に南Wで79秒台と破格の時計を叩き出して最終は軽めに流して万全の仕上がりと言えるだろう。続いてサウンズオブアースとリアファルが前走以上の調教で好調をアピール。ラストランのゴールドシップはいつも通り力は出せる状態、後はレース当日の気配のみ。果たして有終の美を飾れるか。



有馬記念出走馬のまとめはこちら↓
第60回有馬記念枠順確定!


→うまキュレ メールマガジン登録受付中!
うまヨミの登録ページ
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line