TOP > 初めての競馬 > 競馬初心者必見!パドックのチェックポイントとは?
初めての競馬

競馬初心者必見!パドックのチェックポイントとは?

レース前に行われるパドック。「いったい何をみればいいの?」という方のために、注目すべきポイントを紹介する。
パドック

パドックとは・・・

inyofu 次のレースに出走する馬が、馬体の仕上がり具合を見せるために周回する円形のサークル。「下見所」とも言う。
inyofu 競馬場で馬券を買う際には、レース直前の馬の体調見る上で欠かすことができないのがパドックです。いくら強い馬でも体調が悪ければ良いレースをすることができません。パドックは出走馬の体調を知る唯一の場といっても過言ではありません。
inyofu パドックは競馬予想をする上でのひとつのファクターになりうるが、決定的なものではない。パドックだけを見ても勝ち馬を当てることは難しい。
inyofu だからと言って、私はパドックを見ることそのものを否定したりはしない。どちらかというとその逆で、馬を見る確かな眼さえあれば、勝ち馬を当てることは難しくとも、パドックで走る馬と走らない馬を見極めることはできると思っている。
このようにパドックとは、レースに出走する馬の体調や仕上がりを確認できる場として重要であることがわかる。
体調の良し悪しがそのままレースの結果になるとは言い切れないが、予想をする上でのたくさんのヒントを得ることが出来る。

適正距離による馬体のタイプ分け

inyofu 競走馬の体型を大雑把に分類すると、スプリンター(適性距離1,000~1,200m)、マイラー(1,400~1,600m)、中距離タイプ(1,800~2,400m)、ステイヤー(2,400~3,000m以上)に分けられる。

胴の特徴

inyofu 一般的に胴が短く全体的に筋肉が発達していて(特にトモ=後肢)、丸みがある馬体はスピードタイプでスプリンター~マイラー型。
inyofu 逆に、胴が長く全体的にすっきりとした体型は中距離、ステイヤータイプで、芝のレースに適正がある。

トモ(後肢)の特徴

inyofu 大雑把に分類すると、トモに丸く厚みがあり筋肉が発達していると、逃げ・先行型のスプリンター~マイラー。
inyofu 逆に薄くてスマートにならば差し・追い込み型で中距離型・ステイヤーの芝コース向きといえる。

脚の長さの特徴

inyofu 全体的にスプリンター・マイラーは脚が短く「跳び」(歩幅の大きさ)が小さい。
inyofu 逆に中距離型・ステイヤーは脚が長く「跳び」が大きい。そして、脚長の馬はバランスを崩しやすい重馬場を苦手としていて、ゆったりとコーナーを周れる東京や(外回りの)京都コースを得意とする傾向が高い。

首さしの特徴

inyofu スプリンター・マイラーは首が高く、軽快な先行力を持つが、馬体を併せた追い比べの形になると脆い。このタイプは自分のペース(もしくは得意の展開)に持ち込むと圧勝もするが、それを崩されると思わぬ大敗を喫することがあり、競争成績が安定していないタイプが多い。
inyofu 一方、中距離型・ステイヤーは首が低く、短距離馬に比べ軽快なスピードは劣るが、追い比べの形になると強さを発揮。“追って味がある”馬はゴールが近付くにつれ首を伸ばすようにして使い、強い推進力に代えながら先行馬を捕らえにいく。
馬体の特徴からその馬の適正距離を知ることで、いまから出走するレースが得意な距離なのかを予想することが出来る。

馬の状態のチェックポイント

・毛ヅヤと馬体の張り
inyofu 犬や猫と同様に馬にも季節によって毛の抜け替わりがある。新陳代謝の悪い馬はそれが円滑に行われず、要する期間も長い。つまり、安定して毛ヅヤが良い馬は新陳代謝が活発で内臓が健康・丈夫といえる。内臓が健康ということは、飼葉からの栄養素を効率よく吸収し、それだけ厳しい調教やレースにも耐えられるわけだ。
inyofu 初心者に皮膚の厚さを見分けるのは少々難しいかもしれないが、サンデーサイレンス産駒で重賞を勝つレベルの馬はすべからず薄く張りがある(菊花賞、有馬記念・天皇賞・春を勝ったマンハッタンカフェは特に素晴らしかった)。
inyofu ちなみに黒鹿毛や青鹿毛は、その色彩効果によって引き締まった馬体に映るので、見栄えのする馬が多い。
inyofu 逆に芦毛の毛ヅヤの判別は難しく、見栄えのしない馬が多い。
・気合乗り
inyofu 「気合」とはレースに対する馬のやる気。一般的にスプリンター・マイラーは気性が激しく、中距離型・ステイヤーは穏やかといえる。
・歩様
inyofu 好調馬の歩様はリズミカルで力強く、脚の捌きが非常にスムーズ。これを判別する最もシンプルなヒントとして、関係者が「状態は最高」「ピークの出来」などと強気のコメントしている馬は、パドックでこのような状態で歩いていることが多い。逆に体調の悪い馬は歩様に勢いがなく、脚捌きも硬い。
inyofu 「踏み込みが力強い」状態とは、後ろ脚が地面に着地後、トモの筋肉が自動車のサスペンションのよう“ぐいっと”沈み込む状態をいう。また、ほかの馬よりもパドックの外側をぐいぐいと歩いている馬は好調で、さらに尻尾が臀部から離れているとより素晴らしい状態といえる。一方、パドック周回中に盛んに尻尾を振っている馬は、集中力に欠いた状態といえる。
馬がレース前にどのように歩いているかを実際に観察することで、馬の調子を予想することが出来る。
それが確認できる唯一のチャンスがパドックなのである。

馬体重

inyofu この当日の馬体重は、レースの出走予定時刻の1時間前に発表されます。
inyofu 例えば「-12kg」。一見するとかなり大きな減点材料となりそうだが、新聞の馬柱を注意して見ると、「前々走に大幅な馬体増があり、実はそれが適正な数字に戻っただけ」なんてパターンがよくある。
inyofu ちなみに、競走馬として理想的な馬体重は、牝馬なら440~470kg、牡馬ならば460~490kgあたりだろうか。もちろん、この範疇でなければいけないわけではないが、あまり小柄だと内枠に入った時などの揉まれる展開に弱くなるし、大柄すぎれば器用さに欠け、中山や阪神、ローカル等の小回りコースを苦手にする傾向がある。

理想的な馬体

inyofu 女性が初めて競走馬を見た場合、感想として「きれい」と表現することが多い。単純なようだが、実はこの感想はかなり正しい。やはり「良い馬」は美しいのだ。
inyofu パドックの中で最も「きれいな馬」を発見すれば、自ずと調子も良く大物感もあるはずだ。

パドックでの馬の仕上がりのチェックや体調の予想は競馬初心者には難しい部分が多くあるかもしれない。たくさんの馬を見てきた経験からわかってくることがたくさんあるからだ。 だからといって諦めず、まずはたくさんの馬を見ることからはじめていただきたい。 実際に近い場所で見た馬から何か感じ取れるものがあるかもしれないし、今回紹介したポイントなどに注目して見続ければ、その経験が積み重なって次第に得られる情報は必ず増えてくるはずだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line