TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】阪神カップ予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】阪神カップ予想

馬キュレ
どうも!覆面馬主1号です!

いやはや、疲れた!今週は、本当に疲れ果てた。って有馬記念の前にこんなに疲れてちゃいかんいかん。
ま、どうして疲れたかと言うと、仕事が忙しい上、毎日忘年会みたいなのがあったからだ。
「覆面馬主の真実」【第32話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~
「覆面馬主の真実」【第33話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~

で、1番疲れたのが、7号とのサシ飲みじゃなくて、うまキュレの松本社長からの相談飲みだ。
松本「あのお、1号さん、1号さんって、社長としても先輩ですし、男としても先輩ですし、馬好きとしても先輩ですし、あ、それに、北海道好きとしても先輩ですよね。」
1号「ん?ん?ちょっと待ってね、松本くん、途中までは合ってた気がするけど、北海道好きが先輩って、君さ、北海道出身でしょ、だったら、君の方がそこは先輩なんじゃないかな?って、何、この会話?」
松本「いや、ですから、とにかく、先輩!うまキュレの無料メルマガってどう思いますか?」
1号「どう?ってどういうこと?」
松本「ですから、社長として正しい判断だと思いますか?」
1号「ああ、無料でやったことが?」
松本「ええ。もう、何もかもが無料ですから、ボランティアみたいじゃないすか。こんなんでいいのかな?って思って。」
1号「なに言ってんの、今頃。君がさ、無料のサービスで、お金もないから、ギャラ払えません、でもなんとか助けて下さい!っていうから、オレも7号も2号も、みんなノーギャラでやってんじゃん。」
松本「そうなんすけど、もう何が何だか分からなくなってきちゃって。」
1号「そうかな?PVも凄く伸びてきてるし、この調子でいけば、広告だって取れるだろうし、メディアとして存続出来るんじゃないの?」
松本「そうですか?ほんとに?でも僕、自信ないんですよ、だったら、1号さん、社長替ってもらえませんか?」
1号「は?アホか?」
松本「だったら、会長はどうですか?」
1号「なんでオレの方が偉くなっちゃうんだよ。」
松本「もう心配で心配で、鮭がのどを通らないんですよ。あ、鮭じゃないか、餅でしたっけ?」
1号「それ言うなら、ご飯が喉を通らないでしょ。ま、どうでもいいけど、オレは経営には絡まないから、ね。」
松本「見捨てないで下さいよ、先輩!」

とまあ、こんな感じの、とんちんかんな会話が何時間も続き、すっかり酔っ払ったところで、急に自信が出てきた松本社長、最後帰る時には、こんな名言を残していったのである。

「来年あたり、オレが覆面の皆さんに、馬一頭プレゼントしますよ!」

な、な、なんだ、この男、大丈夫かな・・。
ま、性格がいいのが取り柄だから、変なことにはならないだろうけど、こっちの方が心配で、正月の鮭がのどを通らないかもしれんな。

というわけで、明日の競馬なんだが・・・


阪神カップ!

たいていの重賞は、若い方が有利なんだが、このレースは、何故か6歳が活躍してるんだよな。どうしてかな?メンバーの問題かな。
6歳が活躍してるからと言って、先輩!先輩!って言う奴みたいに、若い馬を切ったりすると、絶対はずすだろうな。

結論!

◎1 ビッグアーサー

モノが違う印象があって、来年スプリント界の主役はこの馬だと思う。まず、負けないだろう。

◎1 ビッグアーサー
〇2 ダイワマッジョーレ
▲7 アクティブミノル
☆6 サンライズメジャー
△5 ウリウリ
△15ダンスディレクター
△13ロサギガンティア
△4 テイエムタイホー

ま、馬券は、ビッグアーサーからだと、つかないだろうな。なので、単勝と、馬単を強弱つけて買いたい。

ま、そんな訳で、松本社長が、心配で心配で鮭が喉を通らないという、メルマガ「うまヨミ」
みなさん、是非登録して下さいね。
これで、あんまり登録数がいかないなんて事になると、松本の喉が本当に心配。

是非是非よろしくお願いします!


「うまヨミ」の無料登録はこちらから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line