TOP > エンタメ・雑学 > 2015年12月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年12月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年12月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
有馬記念ではゴールドシップではなく、ゴールドアクターが4連勝でV!その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【有馬記念】ゴールドアクターがGI初制覇!

inyofu 12月27日、中山競馬場で開催された第10R・有馬記念(GI、芝2500m)は、8番人気ゴールドアクター(牡4、美浦・中川)が、道中3番手でリズム良く進み直線に入ると、後続がドッと押し寄せた直線でも渋太く脚を伸ばして先頭でゴールイン。4連勝で自身初のGI制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分33秒0(良)。
inyofu 鞍上は吉田隼騎手で、同騎手もこれがGI初勝利となった。クビ差の2着は道中先行集団で進みゴール前で鋭く勝ち馬に迫った5番人気サウンズオブアース、2着に3/4馬身差の3着は道中主導権を握って進み、ゴール前まで粘り通した4番人気キタサンブラックが入った。
動画を見る
ゴールドシップは有終の美を飾れず8着、ゴールドアクターが初の戴冠となった。2番人気のラブリーデイは前が塞がる不利で5着と泣いたが、勝ち馬からは0.2秒差と大差は付けられていない。

そして、ゴールドシップが引退

inyofu 中山競馬全レース終了後に、GI通算6勝を挙げるなど輝かしい実績を残したゴールドシップ(牡6、栗東・須貝)の引退式が行われた。この引退式には、馬主である合同会社小林英一ホールディングス・小林正和氏をはじめ、同馬に騎乗経験のある内田騎手や横山典騎手、岩田騎手、そして管理する須貝師らが出席した。各関係者がJRAを通じて、残したコメントは以下の通り。
inyofu 【馬主 合同会社小林英一ホールディングス 小林正和氏のコメント】
「今日の有馬記念をもちまして競走馬としての航海を終えることとなりました。日高の出口牧場で生まれたゴールドシップは、私達に大変大きな夢を与え続け、GI6勝という素晴らしい記録を残してくれました。順風満帆とはいきませんでしたが、苦しい時も多くの方々に助けられ、そして多くのファンの方々に愛されて、幸せな航海だったと思います。怪我をすることなく元気に走り切ることが出来たのは、須貝調教師をはじめ今浪厩務員、厩舎の皆様、そしてゴールドシップを支えていただいた全ての関係者の賜物です。ゴールドシップは新しい血を残すための新たな航海に出ることとなりますが、ゴールドシップによく似た子供たちをターフに送り出し、私達にまた大きな夢を与えて欲しいと思います」
inyofu 【須貝尚介調教師のコメント】
「一言で語れないです。ここにいるファンの皆様、お茶の間のファンの皆様、ゴールドシップとともに喜び、くやしがっていただき、そして、愛してくれてありがとうございました」
inyofu 【内田博幸騎手のコメント】
「最後のレースに乗せていただきありがとうございました。結果には繋がらなかったですが、彼らしい良い伸びで、自分では悔いのないレースができました」
優勝候補筆頭に挙げられながらも惨敗、不利な局面で勝利など、競馬ファンも騎手も振り回し続けたエンターテイナー、ゴールドシップが引退した。ラストランは8着と振るわなかったが、レース中盤での果敢な追い上げなど、最後まで競馬ファンを沸かせた。

【新馬戦】ナムラビクターの弟ナムラアラシが圧勝! 

inyofu 12月26日、阪神競馬場で開催された第6R・メイクデビュー阪神(新馬、ダ1800m)は、4番人気ナムラアラシ(牡2、栗東・目野)が、ゆったりとした流れの好位3番手を追走すると、直線早々に逃げ馬を捕らえ、あとは差が広がる一方。最後は流すほどの余裕綽々ぶりで楽々と1着でフィニッシュした。勝ちタイムは1分54秒5(重)で、鞍上は小林騎手。
動画を見る
アンタレスSを勝ち、チャンピオンズCでは2着と好走したナムラビクターの半弟ナムラアラシが、後続に3馬身半差を付け圧勝した。父エンパイアメーカー×母ナムラシゲコの産駒で4番人気だったが、前評判を覆しての勝利となった。

重賞2勝ケイアイエレガントが引退・繁殖入り

inyofu 2015年の京都牝馬S(GIII、芝1600m)を制したケイアイエレガント(牝6、美浦・尾形充)が、本日12月26日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となることがJRAより発表された。今後は同馬が生産された北海道日高郡新ひだか町の松田牧場で繁殖馬になる予定とのこと。
果敢な逃げで2014年の福島牝馬Sと2015年の京都牝馬Sを制したケイアイエレガントが引退・種牡馬入りする。父キングカメハメハ×母Post Paradeという血統は、日本競馬界で主流となっているサンデーサイレンス系の流れを含まない為、様々な種牡馬と交配できる。今後産まれてくる産駒に期待したい。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!12月27日の結果発表!

inyofu 中山11R
◎⑫アドマイヤゴッド
○⑪アルティマブラッド
▲⑥タケデンタイガー
△⑧アスペンサミット
△④ジーニマジック
△⑭ラインロバート
△⑮アースプレイ

距離短縮歓迎。1000万でも差がなく、ここでも!
inyofu 阪神12R
◎⑪オールブラックス
○⑥ポメグラネイト
▲⑧グレイスフルリープ
△⑨サクラエール
△⑤タールタン
△⑯エイシンビートロン
△④ヒラボクプリンス

前走は休み明けで明らかに重かった。叩いて上向き!
12月27日の結果は

中山11R
◎⑫アドマイヤゴッド 1着
○⑪アルティマブラッド 2着
▲⑥タケデンタイガー 3着
でハッピーエンドカップをパーフェクト的中!

一年の締めくくりをまさしくハッピーエンドで締めた!

2015年12月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
4つの重賞が行われた先週のJRAだが
有馬記念では、8番人気ゴールドアクター
ホープフルSでは、3番人気ハートレー
阪神Cでは、3番人気ロサギガンティア
中山大障害では、2番人気アップトゥデイト
がそれぞれ制した。
有馬記念ではゴールドシップが勝ったと思いきやゴールドアクターが勝利。ゴールドを冠する馬の世代交代が行われたと言っても過言では無い。このゴールドアクターはスクリーンヒーロー産駒の4歳馬、今年に入って本格化して4連勝で重賞2勝目を飾った。
スクリーンヒーロー産駒の4歳馬といえば思い当たるのはもう一頭いる、モーリスだ。モーリスも今年に入って本格化し、2015年は6戦6勝、しかも安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイルとGIも3連勝している。
2015年に引き続き、2016年もスクリーンヒーロー産駒に要注目だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line