TOP > コラム > 私の競馬2015 「妄想一回3万円 by覆面2号」
コラム

私の競馬2015 「妄想一回3万円 by覆面2号」

馬キュレ
「えっと・・・、ゴールドアリュールです・・・」
「お!マジ?いっちゃう?」

2014年1月。
六本木の和食屋で馬主仲間3人で新年会をしていた。
一人は名前を言えば「あ!あの人ね!」と思い出せる有名人A社長。
もう一人は2年前に新規の馬主になった実業家X会長。

競馬の話は終わりが無い。
18時頃から飲み始めていたが、時計の針は既に22時を差していた。

ワタクシが所有している繁殖牝馬は10年以上前にA社長と初めて買った馬だ。
ともに初めて馬を持つ新米馬主で、その馬には多くの思い入れがあった。
中央ではデビューできずに大井で走らせたその馬は、デビュー戦で2着に好走し、いつでも勝てる!と言う感触を得た。購入経緯は今思えば騙された・・・といえるようなモノだったが、本人は妄想が暴走している。この馬で桜花賞を!と意気込んでいた。しかし、その馬は大井で3勝、2着が10回と、堅実に走りはするが、大成するとはいえない成績で引退を迎えた。購入金額はリクープしていたので、私はA社長に申し出た。「繁殖に上げて、リアルダビスタしませんか?」と。

今思えば、よくこの馬を繁殖に上げたと思える。
血統は超地味にして、脚は短く、胸前は異常に開き、ひざに負担が掛かる体型。
気性は決して良くは無く、前髪を綺麗にカットしようとすると、噛み付きに来て誰も切れない。
その姿はまるで、試合が終わった後のレスリングの女王「吉田沙保里」だ。
筋骨隆々で髪の毛はザンバラ、脚は短く、闘争心にあふれている。
吉田沙保里の亡き父は、自分の娘が可愛かっただろう。
今尚独身である彼女を見ても、世界で一番可愛いと思ったに違いない。

私もこの馬の事が可愛くて仕方が無かった。
その後順調に仔を産んでくれた。
その仔たちは、私にとってみればいわば孫のようなもの。
色々な事情があり、5頭の仔を産んだ後に、繁殖を2年ほど休ませていた。

そんな、2014年の1月・・・

X氏「それはそうと、もう繁殖はやらないの?」
2号「やりたいのは山々なんですが、先立つものが厳しいですし、他にも馬が増えてしまったので、ワタクシとA社長だけでは厳しいかと・・・」
A氏「そうですね・・・今は大井も賞金落ちてきてますし、バリバリの地方血統の肌ですから、今種付けしても厳しいかと・・・」
X氏「でも、いままで生まれた仔で未勝利のまま終わった仔いないじゃん」
2号「確かに、どの馬も頑張って勝ってくれてるので、続けて来れましたが、最近は社台系列が地方競馬にまで良血を送り込んできたり、中央下がりも結構多くて、C1あたりでも結構強いんですよね・・・」
A氏「その上、賞金が下がってきてるのに、大井の預託料は上がってますからね・・・」
X氏「そうなんだ・・・でもさ、今までの父親見てると、安いダート短距離系しか付けて無いじゃん。俺も乗るから、良い種付けてみない?お金があれば本当はこんな種を付けたかった!とかないの?」
2号「え?本気ですか?ぶっちゃけ、います。ただ、基本的にこの種馬の子供ですが、ほぼ男馬じゃないと走りませんよ」
X氏「なになに?どの種馬よ?」
2号「マジで言ってますか?女馬産まれたらジエンドの可能性有りますよ!」
X氏「2分の1か・・・、良いじゃん!面白い!その種馬なに?」
2号「マジですか???しかも、僕等の繁殖、いままで5頭産まれて、男馬1頭しか出てない繁殖ですよ?」
X氏「しつこい!行くって決めたんだから早く教えろ!」
2号「えっと・・・、ゴールドアリュールです・・・」
A氏「え?マジっすか?あの仔にゴールドアリュール?」
2号「うん。実はずっと合うと思ってたんだよね、サンデー系は付けた事なかったし、男馬産まれればエスポワールシチーみたいのが出てくるんじゃないかな・・・ってね」
X氏「A君はどう思う?」
A氏「いや、ゴールドアリュール行けたら最高ですよ」
X氏「お!マジ?いっちゃう?それなら膳は急げだ!今牧場に電話しよ!」

2号「あ、夜分スミマセン、Aです。ウチの繁殖いま休ませてますが、今年は種付けしようと思ってるんですよ」
牧場「あ!そうですか!なにつけます?」
2号「一応、今、A君と、新たに一緒に持ってくれることになったXさんと話が盛り上がって、ゴールドアリュール行こうと思ってるんですよね」
牧場「あ、ゴールドヘイローですね。ダートでは走るし、種付け料もそんなにしないし、いいですね!」
2号「いや、ゴールドヘイローじゃなくて、ゴールドアリュールなんですけど・・・」
牧場「え????」
2号「ゴールド・・・アリュールの方ね!」
牧場「ええええ?ゴールドアリュール?あの仔にゴールドアリュール行くんですか?」
2号「はい・・・、やっぱりびっくりしますよね?」
牧場「ええ・・・、なにせ今まで50万くらいの種馬しか付けてなかったからびっくりしましたよ。本当に行っちゃっていいんですね?」
2号「はい、絶対に男馬が産まれるように種を付けてくださいね」
牧場「・・・」
2号「もしもーし?」
牧場「あ、すいません、男馬じゃないと駄目ですよね・・・」
2号「はい!男馬じゃなかったら、お宅の牧場からもう馬買いませんよ(笑)」
牧場「分かりました、気合入れて、男馬の種だけが受精するように念じますね」

2015年3月。
朝、5時・・・。

牧場「もしもーし!産まれましたよ!」
2号「え?何が?」
牧場「ゴールドアリュールですよ!」
2号「え?マジ?どっち?男?女?」
牧場「・・・」
2号「え?もしかして女?」
牧場「いえ、男産まれました!おめでとうございます!」
2号「よっしゃーーーーーー!」

ちょっと・・・何時だと思ってるのよ・・・
大きな声出さないでよ・・・

嫁の小言などどうでもよかった。
小言を言う嫁を叩き起こし、今すぐ赤飯炊け!祝いじゃ!祝いじゃ!

え?なに?私いままで赤飯なんて炊いたこと無いわよ・・・


いいから、炊け~!

2015年3月。

数年後にはダートGIを席捲するゴールドアリュール産駒を手に入れた。東京のダート1600mの新馬戦でデビューを6馬身差の勝利で飾り、2戦目はプラタナス賞に向かいここでも僅差ながらバローズさんが仕入れたマル外の良血を頭差退けて連勝。全日本2歳優駿にダントツの1人気で出走し3連勝を飾りドバイからの招待状が届く。ドバイは断り国内に専念。中山の伏竜Sで復帰し、青竜S、ユニコーンSと連勝を飾り、ジャパンダートダービーへ無敗で向かう。

騎手はだれだれで、厩舎はここ!
ユニコーンSでは初めて出遅れるが、脅威のまくりで逆に新味が出る・・・。

2015年3月以降、この妄想話を肴に30回は飲んでいる。
デビューまであと1年半以上ある。
後50回はこの妄想で酒が飲める。

妄想合計80回。
一回当り3万円とすれば、ゴールドアリュールの種付け料(2014年当事)の元はほぼ取れる。

妄想一回3万円。
3万円の価値は人それぞれかもしれないが、十二分に堪能できる最高の妄想だ。

さーて、次は、ジャパンダートダービー後の妄想でもするかな!

馬主は妄想で元を取る。

読者の皆様、よいお年を!



そのほかの覆面馬主【私の競馬2015】はこちら↓
「私の競馬2015」~1号の馬券篇~
こりゃ深すぎるww覆面馬主【カウボーイの4号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【牝馬限定の5号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】私の競馬2015
私の競馬2015「俺の年度代表馬 by覆面7号」
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【未勝利戦の9号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【テレ丸の10号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【インパチの11号】私の競馬2015


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line