TOP > レース > 今年最後の勝負!【第60回有馬記念】レース結果まとめ
レース

今年最後の勝負!【第60回有馬記念】レース結果まとめ

12月27日(日)中山競馬場で行われたGI【有馬記念】のレース結果やコメント等まとめてみた。
馬キュレ

有馬記念はゴールドアクターが優勝

inyofu 12月27日、中山競馬場で開催された第10R・有馬記念(GI、芝2500m)は、8番人気ゴールドアクター(牡4、美浦・中川)が、道中3番手でリズム良く進み直線に入ると、後続がドッと押し寄せた直線でも渋太く脚を伸ばして先頭でゴールイン。4連勝で自身初のGI制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分33秒0(良)。鞍上は吉田隼騎手で、同騎手もこれがGI初勝利となった。クビ差の2着は道中先行集団で進みゴール前で鋭く勝ち馬に迫った5番人気サウンズオブアース、2着に3/4馬身差の3着は道中主導権を握って進み、ゴール前まで粘り通した4番人気キタサンブラックが入った。 なお、1番人気だったゴールドシップは道中最後方から3角手前で早めに発進する、得意の捲り戦法に出たが直線で先行勢を捉え切れず、勝ち馬から0秒3差の8着でラストランを終えている。また、2番人気だったラブリーデイは先行集団を見る位置から手応え良く直線に入ったが、インを突いた直線で前が塞がる不利に泣き勝ち馬から0秒2差の5着だった。

▽配当
単勝7 1700円 馬連7-9 6840円 馬単7-9 1万3780円 3連複7-9-11 2万360円 3連単7-9-11 12万5870円 (7.ゴールドアクター、9.サウンズオブアース、11.キタサンブラック) ▽【ゴールドアクター】 父スクリーンヒーロー 母ヘイロンシン 母父キョウワアリシバ 通算13戦7勝(うち重賞2勝)
動画を見る

レース後コメント 吉田隼人騎手「イメージ通りの競馬ができました」

inyofu 「この馬に乗って中山で走るのは初めてでしたが、コース相性はいいと思っていましたし、いい枠も引けて、イメージ通りの競馬ができました。抜け出してからは早くゴールが来いと思いながら追いました。12月20日が誕生日で、クリスマスに加えていいプレゼントをもらいました」
伏兵ゴールドアクターが4連勝で8番人気から有馬記念を制した。

中川公成調教師「来年は春の天皇賞を目標に」

inyofu 「(GI初勝利に)まだ実感がわきませんね。レースに関してはゲートが開いてみないとわかりませんが、道中は思い通りにいい感じで運べていました。直線は力が入りましたね。来年は春の天皇賞を目標にやっていきたいと思います」

デムーロ重賞連勝ならず サウンズオブアース

inyofu 土曜に4週連続重賞Vを挙げた絶好調デムーロが死にものぐるいで追ったが、道中のペースが落ち着いた分、前が止まらなかった。引き揚げてきた鞍上は首を横に振り「ショック」。「位置も良かったし、すごく伸びた。馬体も良かったし、すごく頑張ったけど・・・。先生、かわいそう」。ぽつりぽつりとこぼした。藤岡師も「秋3戦で1番いいと思っていた。それだけに、勝ちたかった」とうなだれた。
昨年の菊花賞に続いて2度目のG1銀メダルだったサウンズオブアース。死に物狂いで追うもゴールドアクターには及ばず無念の2着であった。

3着死守 キタサンブラック

inyofu 早めに他馬が動く厳しい展開だったが、ゴール前は伸び返して3着を死守した。清水久師は「行くだろうと思った馬が行かず逃げたが、どんな競馬でもできる。力を出し切った上で、力があるところを見せてくれた」と納得の表情。横山典騎手も「最高の競馬ができた」と話した。
力を出し切った形で有馬記念で見事3着を死守したキタサンブラック。納得のレースで今後も楽しみである。

悔いなし、キャリアを積んで来年 マリアライト

inyofu 4着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「悔いはありません。思ったとおりに走ってくれました。仕方がありません。まだキャリアも少ないですし、来年が楽しみです。もうひと呼吸待てればよかったかもしれませんが......」
まだまだ経験の浅いマリアライトはそれでも4着と力を見せた。来年の活躍に期待したい。

その他着順&コメント

inyofu 5着 ラブリーデイ(川田将雅騎手)
「道中はスムーズなレースができました。2500mはさすがに長いと思いました。4コーナーで出ていけませんでした。それでも最後までがんばってくれました」

6着 トーセンレーヴ(H.ボウマン騎手)
「このローテーションを考えれば、7歳にしてもっともいい時期を迎えていると思います。心臓がよくなり、フィジカルが強化されてきました。直線で前が塞がりましたが、あれがなければ3着はありました」

8着 ゴールドシップ(内田博幸騎手)
「スーッと上がっていけたのですが、スローペースで厳しかったです。もっと前へ行くつもりでしたが、それでもよくがんばっています。最後の最後でしたし、何とかしたいと思いましたが、現実は厳しかったです。馬に『お疲れ様でした』と言いたいです」

最後のレースとなったゴールドシップは無念の8着となり、伏兵のゴールドアクターが4連勝で新たなGI覇者となって締めくくった今年の有馬記念。来年のさらなる活躍に否が応でも期待がかかる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line