TOP > コラム > 「私の競馬2015」~1号の馬券篇~
コラム

「私の競馬2015」~1号の馬券篇~

馬キュレ
あの寒い日の想い出は、今想い出すだけでも、とてつもなく熱いものである。

忘れもしない1984年12月23日、オレは、生れてはじめて有馬記念の真只中にいた。もみくちゃにされながら、怒号が飛び交う喧噪が不思議と心地よかった。

大学4年生だったオレは、何故か就職先も決まり、山谷に住み込んでの土方バイトで貯めた金も結構ふくれあがっていた。これを何倍にもしてやろうという意気込みで、中山競馬場のゲートをくぐったのだった。

1番人気は、三冠馬のミスターシービー、そして2番人気が、同じく三冠馬になりたてのシンボリルドルフ。
クラシック三冠馬が激突した有馬記念。

この日から、オレは競馬の虜となってしまったのだった。

オレには、この日、狙っていた馬がいた。それは、2頭の三冠馬でなく、カツラギエースだ。ジャパンカップを逃げ切ったこの馬、中山ならもう一丁あると思っていた。
当然相手は、三冠馬2頭。
この2点に、有り金をぶち込もうと思っていた。

当時、馬券の種類は、馬連も馬単もなく、当然ながら三連複も三連単もなかった。あるのは、単複、枠連のみ。

2枠2番がミスターシービー、4枠4番がシンボリルドルフ、そして、7枠9番がカツラギエースだった。
オレは、2-7と4-7の枠連2点の馬券に持ってる金を全部、均等につぎ込んだ。
金額は、想像に任せるが、とんでもない額だった。

結果は、カツラギエースが2着に粘り、シンボリルドルフが勝った!

枠連4-7が的中!

2点で買った馬券が配当550円、つまり、5,5倍。持ってきた金は、2,75倍になったのだった。
その日は、興奮で眠れなかった。
思えば、あの頃の馬券は、点数を絞りに絞って、ドカンと張り付ける。
これが、何より、快感だった。

時は流れ流れて、あの日から、31年もの時が経った。

この間の有馬記念、オレが買った馬券は、6頭の馬連BOXと、三連複BOXだった。
その6頭は、
サウンズオブアース
アルバート
ゴールドアクター
ラストインパクト
ヒットザターゲット
アドマイヤデウス

きっと荒れるだろう、と、5番人気まで全部切って買ったのだが、一応的中した。
が、全然嬉しくなかった。
当てた快感が全くなかったからだ。

いつのまにか、オレの馬券術は、絞る快感を忘れていた。
そして、有り金全部いく快感も忘れてしまったのだった。
歳かな・・。

オレにとっては31回目になる有馬記念の日、何だかモヤッとしてる中で、オレは、カツラギエースとシンボリルドルフの枠連にぶち込んだあの日の快感を思いだしていた。

馬券は、博奕である。
馬券を買うのは鉄火場である。
馬券は、絞って買ってこそ大勝ちがある。

絞らなくなってしまった自分が、情けないな・・。
それが、私の競馬2015!

このうまキュレを読んでくれている競馬ファン、いや、馬券ファンの皆さん、来年は、「絞る」1号になりますので、引き続き応援宜しくお願いします!


そのほかの覆面馬主【私の競馬2015】はこちら↓
私の競馬2015 「妄想一回3万円 by覆面2号」
こりゃ深すぎるww覆面馬主【カウボーイの4号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【牝馬限定の5号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】私の競馬2015
私の競馬2015「俺の年度代表馬 by覆面7号」
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【未勝利戦の9号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【テレ丸の10号】私の競馬2015
こりゃ深すぎるww覆面馬主【インパチの11号】私の競馬2015



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line