TOP > レース > 若い層の観客も多い!盛岡競馬場の名物レース
レース

若い層の観客も多い!盛岡競馬場の名物レース

盛岡競馬場の愛称はオーロパーク。みちのくに縁深い黄金を意味する、ラテン語の"ORO"からとった名前である。
この黄金と呼ばれる土地で行われるレースを紹介。
競走馬

ジュニアグランプリ

inyofu ジュニアグランプリは岩手県競馬組合が盛岡競馬場で施行する競馬の重賞競走(平地競走)である。正式名称は「テシオ杯 ジュニアグランプリ」、岩手競馬サポーターズネット「テシオ」が優勝杯を受けている。
inyofu 芝コースを有する盛岡競馬場での唯一の芝コースでのサラブレッド系2歳馬による重賞である。1999年の創設時は東北ジュニアグランプリで、出走条件も東北地区交流であったが、2003年に地方競馬全国交流競走となり現在の名称に変更されている。距離は芝1600mで行われている。
優勝した馬は、中央競馬のデイリー杯2歳ステークス・京王杯2歳ステークス・東京スポーツ杯2歳ステークスのいずれかに出走できる(1つだけ)。

2013年に優勝したプレイアンドリアルは、後に東スポ杯2着から、
京成杯優勝とクラシック戦線の1頭として注目されている。
動画を見る

クラスターカップ

inyofu クラスターカップは岩手県競馬組合が施行する地方競馬の重賞(統一JpnIII)競走である。
inyofu 名前は英語で「星団、集団、ぶどうの房」を表す「Cluster」から。
inyofu 盛岡競馬場(通称・OROパーク)が1996年に移転新設されたのを受け、本格的な中央競馬・地方競馬の交流・連携を目指すため、中央・地方全国指定交流競走としてクラスターカップを創設。第1回は盛岡競馬場のダート1200mで施行された。翌1997年からはダート競走格付け委員会によってGIIIに格付けされたが、2007年からはJpnIIIに表記変更されている。
クラスターカップは岩手競馬の夏の定番となっている。2010年にこの競走を快勝したサマーウインドは、続く東京盃、JBCスプリントも勝利し、短距離路線の頂点に立った。

マーキュリーカップ

inyofu マーキュリーカップは盛岡競馬場のダート2000メートルで行われる地方競馬の重賞(統一JpnIII)競走である。
inyofu 競走名は太陽系第1惑星である水星を意味するマーキュリー(Mercury)から。
岩手競馬で年度の最初に行われる交流重賞競走である。

マイルチャンピオンシップ南部杯

inyofu マイルチャンピオンシップ南部杯(マイルチャンピオンシップなんぶはい)とは岩手県競馬組合が盛岡競馬場のダート1600メートルで施行する地方競馬の重賞(統一JpnI)競走である。
inyofu 1988年に北日本マイルチャンピオンシップ南部杯として創設され、第1回は水沢競馬場のダート1600mで施行された。創設当初は北日本地区交流競走として、地方競馬の北日本地区のマイル最強馬決定戦の位置付けとされた。
inyofu 1995年に中央・地方全国指定交流競走に指定されたと同時に現在のマイルチャンピオンシップ南部杯に改名、北日本地区以外の地方所属馬及び中央競馬所属馬も出走可能になった。1996年には開催場を現在の盛岡競馬場に変更、1997年には前年から施行されたダートグレード競走のGI(統一GI)に格付け、日本の秋のダートのマイル最強馬決定戦として定着していった。
岩手競馬最高峰のメインレースで競馬ファンが楽しみにしている1戦である。

ミスター南部杯と言われてるエスポワールシチーは連覇も含め3度優勝。まさに敵なしだった。
動画を見る

盛岡競馬場には意外に若い観客が多い。もちろん高齢者も多いのだが、ほかの地方競馬場のように高齢者ばかりというわけでもなく、中央競馬が取り込めているような30~40代くらいの中年層もしっかりと足を運んでいる印象だ。盛岡競馬場では名物レースと共に若い世代からますますの盛り上がりが期待できそうである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line