TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第65回中山金杯】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第65回中山金杯】

2016年1月5日(火)に行われる中山競馬場の今年最初のメーンレース【第65回日刊スポーツ賞中山金杯】今回も有力馬中心に最終追い切り情報やタイム等をまとめてみた。(今月2日に追い切りを行っているが、調整程度なので年末の追い切りを参考)
馬キュレ

最終追い切り情報 6枠10番 フルーキー

inyofu フルーキーは角居流3頭併せで半馬身ほど遅れたが、終始楽な手応え。時計は4F55秒3~1F12秒1。コンスタントに使ってきており、調子を維持するだけで十分。岸本助手も「時計全体は遅かったが、そんなに速い時計はいらない。ゴールしてからもやっているし十分」と満足げ。

4枠5番 ヤマカツエース

inyofu 福島記念に続く重賞連勝を狙うヤマカツエース(牡4、池添兼)は12月31日、Cウッドで6ハロン82秒3-12秒3。力強く動いた。 土屋助手は「状態は変わりないよ。前走は強い内容だった。それまでも、ずっと接戦のレースはしていたし、力もつけているんだろう」と好調キープに太鼓判を押す。

4枠6番 ブライトエンブレム

inyofu ブライトエンブレムがWコースに姿を現すと、ピリっと空気が引き締まる。デピュティプライム(2歳500万)、ボーンレガシー(2歳未勝利)を最後方追走からスタート。直線で最内に進路を取り、師が手綱をプッシュすると少しずつ加速して、先に抜け出した真ん中デピュティに迫る。フィニッシュでは半馬身届かなかったが、ゴール板を過ぎてからも向正面までスピード感満点に駆け抜けて、4F57秒3~1F13秒3。しっかりと負荷を掛けられた。小島茂師は「先週は重さが残っていたが、だいぶ良くなってきた」と上昇ぶりをアピール。

5枠7番 マイネルフロスト

inyofu マイネルフロストが、中ヒューガライゼン(古馬500万)、外ビルトアゲン(3歳未勝利)の内に潜る。直線で気合をつけられると一気に加速。外を5馬身、中を大差突き放してフィニッシュした。時計も5ハロン66秒3-12秒2と文句なしだ。松岡は「いいね。前回も良かったが、今回の方が反応がいい。完調に近い」と太鼓判。高木師も「具合がいいと攻め馬に表れる。分かりやすい馬だね」と目を細めた。

3枠3番 ステラウインド

inyofu ステラウインドが絶好の動き。Wコースでドルメロ(3歳500万)をゆったり追走して4角で大きく外を回し、ゴール前軽く仕掛けられただけで3馬身先着。時計は5F67秒1~1F12秒6。 尾関師は「先週、今週と気持ち良さそうに走っている。順調にきていますよ」と笑顔。

3枠3番 ネオリアリズム

inyofu ネオリアリズムはWコースでブライトバローズ(500万下)の内に併せ、5ハロン69秒8、1ハロン12秒7を馬なりでマーク。依然として動きは軽快だ。 「(前走と)同じぐらいの状態で出走できると思います。重賞で相手は強くなりますが、いい競馬をしてくれるんじゃないかと思います」と橋本助手。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆スピリッツミノル・本田師 「年末にやっているし、中間も順調。前走は差す競馬ができた。1ハロン延びて、もう少し流れに乗れれば」

◆バロンドゥフォール・久保田師 「しまい1ハロンだけ伸ばした。福島記念(7着)は道悪で位置取りも悪くなった。良馬場で改めて」

◆フラアンジェリコ・斎藤誠師 「テンションが上がり過ぎたり、筋肉が硬くなることもなくいい状態。流れや展開など、うまく条件がかみ合えば楽しみはある」

◆マイネルディーン・鹿戸師 「体は460キロ台まで戻っているし、調教もしっかりと積めた。展開がはまれば…」

◆メイショウカンパク・佐藤助手 「予定通り。9歳だけど体は柔らかい。使ってよくなるタイプなので、そのぶんどうかな」

◆ライズトゥフェイム・加藤征師 「31日に実質的な追い切りを消化。中間はここを目標にして馬の雰囲気もいい」

◆ロンギングダンサー・大塚助手 「前走は距離が長かったので2000メートルはいい。休み明けでも力は出せそう」

最終追い切りタイム一覧

inyofu ステラウインド 牡7 56 *蛯名正義 30日南w良:67.1-51.8-38.2-12.6:馬也

スピリッツミノル 牡4 53 酒井学 30日栗C良:84.3-67.8-52.7-39.5-12.5:一杯

ネオリアリズム 牡5 55 *戸崎圭太 31日南w良:69.8-55.3-40.1-12.7:馬也

バロンドゥフォール 牡6 54 *横山典弘 30日南w良:69.8-53.6-39.5-12.7:強め

フラアンジェリコ 牡8 55 *柴山雄一 30日南w良:41.9-13.2:馬也

ブライトエンブレム 牡4 56 *ルメール 30日南w良:57.3-41.8-13.3:強め

フルーキー 牡6 57.5 M.デム 30日栗C良:55.3-40.1-12.1:馬也

ベルーフ 牡4 56 *ベリー 31日栗C良:86.8-69.0-53.1-39.0-12.4:一杯

マイネルディーン 牡7 54 柴田大知 31日南w良:68.5-52.4-38.8-13.0:馬也

マイネルフロスト 牡5 57 松岡正海 31日南w良:66.3-52.3-38.2-12.2:一杯

メイショウカンパク 牡9 53 *大野拓弥 31日栗坂良:54.5-39.4-12.8:強め

ヤマカツエース 牡4 56 *池添謙一 31日栗C良:82.3-66.8-52.2-38.6-12.3:一杯

ライズトゥフェイム 牡6 56 石川裕紀 31日南w良:69.4-54.4-39.6-13.0:馬也

ロンギングダンサー 牡7 53 吉田豊 30日美ポ良:64.3-49.6-36.4-12.0:強め

前回の有馬記念でおススメ馬◎○がワンツーフィニッシュ!
そんなうまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎マイネルフロスト
○ヤマカツエース
 ステラウインド
 ネオリアリズム

特にマイネルフロストは、2週続けて一杯に追われての好時計。併走馬を5馬身千切るなど使いつつ良化するタイプで、気配は前走以上と言っていいだろう。
ヤマカツエースは、単走もフットワークが伸びやかで軽快、好調をキープ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line