TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイム【第54回京都金杯】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイム【第54回京都金杯】

2016年1月5日(火)に行われる京都競馬場のメーンレース【第54回スポーツニッポン賞京都金杯】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 8枠16番 トーセンスターダム

inyofu 栗東Cウッドで併せ馬を行った。昨年の獲得賞金全国首位の池江厩舎が、16年の開幕ダッシュを狙う。 追い切りは抜群だった。トーセンスターダムはダノンシーザー(古馬1600万)を1、2馬身追走。直線は激しく抵抗した僚馬に貫禄の違いで首差先着した。6ハロン87秒5-11秒8の鋭い切れに、岩崎助手は「もうひとつなのかと思ったら、このしまいの時計。相手が動いていたようですね。十分です」と合格点を与えた。

6枠12番 エキストラエンド

inyofu Cウッドで3頭併せを行った。 内に中山金杯の有力馬フルーキー、中にシャドウダンサー(古馬1600万)。ラストで軽く追われると4ハロン56秒0-12秒0をマークし、内に半馬身先着し、中と併入した。「3頭併せで、ゴールを切ってからもしまいは伸ばしました。これで気が乗ってくれたら」と騎乗した前川助手。

4枠7番 ウインプリメーラ

inyofu 牝馬のウインプリメーラは坂路で軽快な脚さばきを見せた。ラスト1F12秒2の切れ味で、併せたアサクサプライド(5歳500万)に首差ほど先着(全体4Fは53秒0)。大久保師は「真面目な馬で、いつもいい動きをする。きょうも良かったし状態は変わらずいいと思う」と感触を口にした。

5枠9番 オメガヴェンデッタ

inyofu オメガヴェンデッタの最終追いは坂路2本。1本目を4F58秒8で駆け上がると、その17分後には2本目。サトノバリアント(4歳1000万)を追走し、ラスト12秒8(4F52秒4)で手応え良く抜け出した。騎乗した安田翔助手は「反復トレーニングです。1本目である程度の負荷をかけて、下った時に心拍数を落ち着かせて2本目。この調教で心肺機能を高めていければ」と意図を説明した。

3枠6番 ミッキーラブソング

inyofu ミッキーラブソングは久々のマイル戦で重賞初制覇に挑む。31日の追い切りは坂路でクールオープニング(5歳1000万)と併せて併入(時計は4F54秒2)。橋口慎師は「後ろから突く形の方がハミを取って走る気を出す。最後もしっかり伸びていた。1回叩いて良くなっている」と評価した。

2枠4番 ケイティープライド

inyofu ケイティープライドは休養明けを叩いて上昇ムード。秋山を背にしまい重点ながら坂路で4F52秒1の好時計を叩き出した。最初の1Fは14秒1でゆっくり入り、ラスト2Fからエンジン点火。鞍上が軽く気合をつけると、鋭く反応して12秒3―12秒3と軽快な脚取りで真一文字に駆け上がった。稽古を見守った角田師は満足そうな表情

その他出走馬追って一言

inyofu ◆エイシンブルズアイ・野中師 「少しズブさが出てきたのでマイルに戻して試したい。軽い馬場も合うので、あとは折り合いだけ」

◆ケイティープライド・角田師 「ひと叩きして今回は得意のマイル。ハンデ53キロも魅力だし、内枠でも引ければ」

◆ダイワマッジョーレ・矢作師 「前走はポジションを下げすぎて不完全燃焼。それでも直線は脚を見せた。間隔が詰まっても問題はない」

◆タガノエスプレッソ・五十嵐師 「昨年はクラシックも使っていい勉強になった。体にも少し幅が出たし、今年はマイルから中距離で」
inyofu ◆テイエムタイホー・鈴木孝師 「前走は具合がよすぎて前半からハミを取りっぱなしになった。相変わらずデキはいいから折り合えば」

◆ドリームバスケット・中村師 「中央再入厩3走目で具合はいいんだが、年齢的に往年の力は…。52キロのハンデでどこまで頑張れるか」

◆ニンジャ・宮師 「変わりなく具合はいいよ。折り合いさえつけばマイルでも大丈夫」

◆バッドボーイ・河内師 「具合は変わりない。久々のマイルになるが、ハナでなくても自分のペースで競馬をさせてもらえればしぶとい」

最終追い切りタイム一覧

inyofu ウインプリメーラ 牝6 53 *川田将雅 31日栗坂良:53.0-38.4-12.2:一杯

エイシンブルズアイ 牡5 56 *和田竜二 30日栗C良:80.0-64.2-50.5-37.9-12.6:一杯

エキストラエンド 牡7 57 吉田隼人 30日栗C良:56.0-40.6-12.0:馬也

オメガヴェンデッタ セ5 55 岩田康誠 02日栗坂良:52.4-38.7-12.8:馬也

ケイティープライド 牡6 53 *秋山真一 02日栗坂良:52.1-38.0-12.3:馬也

シベリアンスパーブ 牡7 54 *藤岡康太 30日南w良:70.2-54.3-40.4-12.9:一杯

ダイワマッジョーレ 牡7 57.5 *松若風馬       連闘軽め  
             
タガノエスプレッソ 牡4 54 菱田裕二 31日栗C良:82.5-65.7-51.3-38.5-12.7:一杯

テイエムタイホー 牡7 57 *浜中俊          連闘軽め            
   
トーセンスターダム 牡5 57.5 *武豊 31日栗C良:87.5-70.4-54.7-39.4-11.8:強め

ドリームバスケット 牡9 52 *川須栄彦 31日栗ポ良:75.6-61.2-47.9-35.6-12.2:一杯

ニンジャ 牡7 53 熊沢重文 02日栗ポ良:71.7-54.0-38.6-11.4:馬也

バッドボーイ 牡6 53 *幸英明 31日栗C良:84.3-67.4-52.2-38.1-12.4:馬也

マーティンボロ 牡7 57 *フォーリ 31日栗C良:81.8-66.3-51.9-38.4-13.0:一杯

マジェスティハーツ 牡6 56 森一馬 30日栗C良:85.1-68.5-53.0-38.7-12.5:一杯

ミッキーラブソング 牡5 54 小牧太 31日栗坂良:54.2-39.6-13.1:馬也

メイショウマンボ 牝6 55 武幸四郎 30日栗C良:66.5-51.3-37.7-12.0:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎トーセンスターダム
○エイシンブルズアイ
 ウインプリメーラ
 ケイティープライド
 シベリアンスパーブ

特にトーセンスターダムは、全体時計は平凡だがラスト1ハロン11秒8と鋭い切れ味を披露した。終いの動きは抜群で京都巧者なら勝ち負けできる内容だ。
エイシンブルズアイも、ここにきて一番の追い切りタイムを叩き出しており、悲願の重賞制覇に向けて態勢は整ったと言えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line