TOP > レース > 北国の名物レース 【門別競馬場編】
レース

北国の名物レース 【門別競馬場編】

長い直線の広々としたコースと、コンパクトな施設が特徴の門別競馬場(ホッカイドウ競馬)。
そこで行われている様々なレースを紹介。
競走馬

北海道2歳優駿

inyofu 1974年にサラブレッド系3歳(現2歳)馬の重賞・北海道3歳優駿として創設されたのが始まり。1989年から1996年は開催日程に左右され開催地・距離ともたびたび変更された。 1997年より門別競馬場ダート1800mで施行され、併せて全国交流のダートグレード競走としてGIIIに格付けされた。2001年から、馬齢表記変更に際し現在の名称に変更された。 地元ホッカイドウ所属馬にとっては、初めての中距離ダートグレード競走となる。
1997年から全日本2歳優駿の前哨戦として位置づけされていて、この北海道2歳優駿を制した馬は全日本2歳優駿も優勝する確率が極めて高い。

ハッピースプリント
2013年に初重賞となる北海道2歳優駿、続く全日本2歳優駿を優勝したハッピースプリントは、現在までに出走した全てのダート戦(6戦)で未だ無敗である。

北海道スプリントカップ

inyofu 北海道スプリントカップ(ほっかいどうスプリントカップ)は、ホッカイドウ競馬が施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
inyofu 前身は1959年から1996年まで施行されていたホッカイドウ競馬の古馬による短距離重賞競走「金杯」。交流重賞に格上げし、発展解消の形で1997年に創設された。
毎年全国から一線級の短距離を得意とする馬が集まり、初夏のダート短距離チャンピオン決定戦として定着している。

ブリーダーズゴールドカップ

inyofu ブリーダーズゴールドカップは、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬の重賞(統一JpnIII)競走である。
inyofu 1989年に、当時はまだ数少ない中央競馬と地方競馬のサラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による1着賞金3000万円の全国交流競走として創設。1994年までは札幌競馬場のダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年より旭川競馬場のダート2300mに変更。施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していたが、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更された。2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更予定。
旭川開催が長かった為、まだ定着まではしていないが、
門別競馬場では最も賞金が高く、メインの重賞に位置づけられている。

スマートファルコン
2009年最初に優勝したスマートファルコンは後に数々のGIを勝利。
動画を見る

コスモバルク記念

inyofu コスモバルク記念(コスモバルクきねん)は、ホッカイドウ競馬が門別競馬場で施行する地方競馬の重賞競走。
inyofu 地方競馬所属馬として初めて国際GI(シンガポール航空インターナショナルカップ)を制し、中央競馬への遠征でも重賞3勝、皐月賞とジャパンカップで2着となるなど、ホッカイドウ競馬を代表する競走馬として活躍したコスモバルクを讃え、2011年に新設。ホッカイドウ競馬のグレードでは、H2に格付けされた。

コスモバルク
ホッカイドウ競馬では特定の競走馬名を冠した重賞競走が長い間なかった。北海道の星としてこのコスモバルクを称えている。

日高の玄関口に位置する門別競馬場は、馬産地競馬の象徴として、春の開幕を告げる。
近隣には名馬のけい養牧場や、馬とふれあう観光施設が広がっているのでレース後立ち寄ってみてはどうだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line